映画:DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧

「DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ドキュメンタリー映画

DENKI GROOVE THE MOVIE?-石野卓球とピエール瀧-の紹介:2015年公開。2014年に結成25周年を迎えた人気テクノバンドである電気グルーヴのドキュメンタリー映画で、前身バンドである「人生」時代から撮影されていた数々の映像のテープがメンバーである石野卓球の自宅から発見されたことをきっかけに制作された作品。監督を務めたのは「モテキ」「バクマン。」などで知られる大根仁監督。

あらすじ動画

DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧の主な出演者

石野卓球、ピエール瀧、砂原良徳、山口一郎、CMJK

DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧のネタバレあらすじ

【起】– DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧のあらすじ1

DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧のシーン1

画像引用元:YouTube / DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧トレーラー映像

 数々のロックフェスの中でも有名なフジロックフェスティバルの出番を終えた電気グルーヴは、汗だくで楽屋へ戻ってきました。

主催者が「最高だったよ」と言ってメンバーである石野卓球とピエール瀧と握手します。

数万人のオーディエンスを沸かせた二人は楽しそうに笑っていました  電気グルーヴ。

石野卓球とピエール瀧の二人からなるテクノバンドです。

今や日本だけではなくヨーロッパを中心とした海外でもかなり知名度が高いアーティストとなっています そんな電気グルーヴの歴史を、石野の自宅から発見された数々の映像から紐解いていきます。

 高校生だった石野卓球は、数名の友人と共にバンド「人生」を結成します。

その中に瀧もいました当時アマチュアバンドの有名レーベルだったナゴムレコードから自主製作盤を発売したりしましたが、結局数年で人生は解散してしまいました。

その後やることが見つからずに暮らしていた石野は、自分の心情を綴った「無能の人」という曲を書きました。

石野はやはりバンドをやりたいと考え、瀧と他2人のメンバーと共に「電気グルーヴ」を結成しました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×