映画:いつかギラギラする日

「いつかギラギラする日」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

いつかギラギラする日の紹介:1992年公開の日本映画。現金強奪後、仲間割れを起こした男女の姿を追うアクション映画で、話が二転三転する作品。80年代に主に女性映画や文芸映画を撮っていた深作欣二が久しぶりにアクションに挑んだ映画である。

あらすじ動画

いつかギラギラする日の主な出演者

神崎(萩原健一)、角町(木村一八)、麻衣(荻野目慶子)、美里(多岐川裕美)、柴(千葉真一)、井村(石橋蓮司)、野地(原田芳雄)

いつかギラギラする日のネタバレあらすじ

【起】– いつかギラギラする日のあらすじ1

神崎と柴、井村は、3人で組んで銀行強盗をする仲間でした。今は「活動」を休止しています。

神崎は恋人・美里と10年以上暮らしていましたが、その美里が最近、妊娠中絶をします。それをきっかけに神崎は、仕事を再開することにしました。

井村は現在はうつ病で精神科の病院に入院しています。井村には妻子と6000万の借金がありました。

柴は30歳年下の恋人・麻衣と同棲し、派手な暮らしをしています。

柴の住む北海道・札幌に集結した神崎と井村は、柴の知り合いのディスコのマネージャー・角町に引き合わされました。今回の仕事の仕掛け人として角町を仲間に入れたいと柴は言います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「いつかギラギラする日」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×