映画:さすらいの一匹狼

「さすらいの一匹狼」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

さすらいの一匹狼の紹介:マカロニ・ウェスタンの名匠トニーノ・ヴァレリの監督デビュー作で、復讐に燃えるガンマンの戦いを軽快に描いていく。1966年スペイン・イタリア合作。

あらすじ動画

さすらいの一匹狼の主な出演者

ランキー・フェロー(クレイグ・ヒル)、ガス・ケネベック(ジョージ・マーティン)、イザベル(ダイアナ・マーティン)、コリンズ(フランク・レセル)

さすらいの一匹狼のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- さすらいの一匹狼のあらすじ1

舞台は西部開拓時代のとある町。さすらいのガンマン、ランキー・フェローが強盗団から10万ドルを奪うことから、物語は始まります。この金はオマハという町の銀行の資産であり、フェローは銀行に金を送り届け、報酬として1万ドルを受け取りました。

その場に居合わせた実業家コリンズはフェローの腕を見込み、別の仕事を依頼しました。それは、テキサス州に売り渡すまでの間、金塊を護衛する、というものでした。その仕事をするにあたり、金塊の保険料1万ドルを負担する必要がありましたが、もし金塊を守りきることができたら、保険料の返還と報酬でフェローは2万ドル受け取ることになっていました。フェローは先ほどもらったばかりの1万ドルを銀行に預け、新たな仕事にあたることを決めました。フェローがこの仕事を受けたのは、金塊を狙うと思われる強盗団のボスがかつてフェローの弟を殺した男だったからです。男の名前はケネベック、弟の死以来、フェローはずっと復讐しようと探し求めていました。

【承】- さすらいの一匹狼のあらすじ2

その後、宿に行ったフェローは一人のガンマンに勝負を申し込まれました。男の名前はペトリック、5年前にフェローが捕まえた賞金首でした。ペトリックは保安官に引き渡される直前に脱走しており、再会したフェローに復讐を果たそうとしました。しかし、フェローはより早く銃を抜き、ペトリックを撃ち殺しました。こうしてフェローは8千ドルの賞金を手にしました。

その後、フェローは鉱山から銀行に運び込まれる金塊の荷馬車を護衛しました。その途上、フェローは岩山から自分たちを見下ろす一団がいることに気づきました。その一団は、ケネベック率いる強盗団でした。フェローはすぐに物陰に隠れた狙撃手たちを射殺。ケネベックは凄腕のガンマンのフェローが護衛していることを知り、一時退却を指示しました。手下たちはいずれ起こるであろうケネベックとフェローとの対決を楽しみにするのでした。

金塊を無事銀行に送り届けると、フェローは金塊を収めた金庫の前で夜を明かしました。コリンズはそんなフェローの働きに満足しますが、翌朝になると金庫から金塊は消えていました。フェローが金塊を守り切るために秘密の場所に隠したのです。慌てふためくコリンズに、フェローは金塊を守り切ることを約束するのでした。

【転】- さすらいの一匹狼のあらすじ3

その後、フェローは町をうろついていた怪しい男を捕まえ、尋問しました。男の名前はマチェーテといい、ケネベックの右腕でした。少し痛めつけると、マチェーテはすべてを白状しました。この町にはイザベルというケネベックの恋人が息子と住んでおり、安全のため町からすぐに逃げるようにというケネベックからの言葉を伝えるためマチェーテはオマハに先入りしていました。また、このときコリンズの手下のジョンの娘ペギーがケネベック一味の人質になっていましたが、マチェーテは隠れ家の場所もフェローに白状するのでした。

ジョンがすぐにイザベルの家に行くと、家にはケネベックの幼い息子しかいませんでした。このとき、イザベルはケネベックに危険を伝えようと家を留守にしていましたが、すでにケネベックは隠れ家を出た後で、マチェーテが捕らえられたことを伝えることはできませんでした。ジョンは人質として幼い息子を誘拐するのでした。

その夜、フェローはコリンズの手下とともに徹夜で銀行の護衛にあたりましたが、ケネベック一味が現れることはありませんでした。ケネベックは先に現地入りしていたマチェーテが姿をくらましたことを不審に思ったのです。

朝になると、イザベルが家に戻ってきました。待ち伏せしていたフェローはイザベルを縛り付け、口にはきつくスカーフを巻きつけました。そのすぐ後、フェローは近くで爆発音がしたことに気づきました。ケネベックが牢屋を爆破し、マチェーテを解放したのです。その後、ケネベックはイザベルの家に行き、幼い息子がフェローにさらわれたことに衝撃を受けました。

その後、ケネベックの手下たちがオマハの町に突撃し、銀行を襲撃しました。しかし、フェローは銀行の金庫の中に爆薬をあらかじめ仕掛けていました。意気揚々と金庫を開けた手下たちは、フェローの策略にはまり、大爆発の直撃を受けるのでした。

【結】- さすらいの一匹狼のあらすじ4

その後、フェローはケネベック本人と対峙しました。ケネベックは金庫爆発で手下のほとんどを失ったうえ、人質のペギーの脱走も許してしまい、手札を失っていました。ケネベックはフェローの銃に照準器がついていることに気づき、フェローの銃の腕前が照準器頼りとバカにしてきました。そこで、フェローは互いの銃を交換して決闘することを提案しました。

二人は銃を交換し、決闘に臨もうとしますが、そのときマチェーテがその場に乱入しようとしました。フェローの仲間がすぐにマチェーテを撃ったものの、フェローは一瞬隙を見せてしまいます。すかさずフェローを撃とうとするケネベックでしたが、フェローの反応は迅速で、ケネベックが撃つよりも早く銃を抜きました。フェローが放った銃弾は照準器を貫通してケネベックの右目を貫きました。フェローは死んだケネベックから自分の銃を取り、その場を後にしました。

それからすぐ、テキサスから金塊の護衛隊が到着し、フェローはここでようやく金塊の隠し場所を明かしました。金塊は銀行の前に階段状に積み上げられ、灰色に塗りたくられていたのです。ちょうど銀行前の木製の階段が壊れたことにフェローは目をつけ、そこに金塊を並べて会談としてカモフラージュしていました。

その後、ペトリックとケネベックの賞金とコリンズからの報酬を受け取ったフェローはオマハの町を去りました。その後、フェローは小高い山から金塊の護衛隊の進行を眺めていると、そのすぐ近くに強盗団が潜んでいることに気づきました。やがて護衛隊と強盗団との銃撃戦が始まりましたが、フェローはその様子を見て笑うと、馬を走らせ荒野の向こうに消えていきました。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

主人公を演じたクレイグ・ヒルはクールにふるまい、スタイリッシュなアクションを見せ、邦題の通りかっこいいガンマンでした。全体的にコンパクトな作品で、登場人物の掘り下げは少ないですが、その分アクションが楽しめる作品だったと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「さすらいの一匹狼」の商品はこちら