「るろうに剣心 伝説の最期編」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

100文字~150文字程度で、映画の紹介をしてください。 (記入例。削除して進めてください)2016年製作のフランス映画。監獄と化した高級アパートで命懸けのゲームに挑むサスペンス。モデルのキャンディスは、ある夜自分の部屋に侵入者の気配を感じる。既に外部との連絡も取れず、部屋に閉じ込められていた彼女の前に、監禁された親友の姿が映し出され…。

あらすじ動画

るろうに剣心 伝説の最期編の主な出演者

緋村剣心(佐藤健)、神谷薫(武井咲)、相良左之助(青木崇高)、高荷恵(蒼井優)、明神弥彦(大八木凱斗)、斎藤一(江口洋介)、四乃森蒼紫(伊勢谷友介)、巻町操(土屋太鳳)、翁/柏崎念至(田中泯)、大久保利通(宮沢和史)、伊藤博文(小澤征悦)、志々雄真実(藤原竜也)、瀬田宗次郎(神木隆之介)、佐渡島方治(滝藤賢一)、沢下条張( 三浦涼介)、悠久山安慈(丸山智己)、駒形由美(高橋メアリージュン)、比古清十郎(福山雅治)

るろうに剣心 伝説の最期編のネタバレあらすじ

【起】– るろうに剣心 伝説の最期編のあらすじ1

るろうに剣心 伝説の最期編のシーン1

画像引用元:YouTube / るろうに剣心 伝説の最期編トレーラー映像

志々雄の船から落とされた薫を追い、海に飛び込んだ剣心は気を失ってしまい浜辺に打ち上げられたところを謎の男に救われる。

剣心は気絶している時、過去の記憶が蘇るのであった。

幼い頃の剣心「別名心太」は広場で散らばっている死体のためにお墓を作っていたそんな時、一人の男が心太の前に現れる。

男は比古清十郎という名であった。

心太が埋めていた死体を切ったのはなんと彼だったのだ そんな心太に比古はお前は優しすぎるので剣客にはなれんと断言し、その上で、心太の名を「剣心」と改名し、自らの剣術を剣心に教えるのであった。

そんな昔の夢を見ていた剣心が目を覚ます。

なんと、剣心を助けた男は比古本人であった驚きの再会であったが、すぐに薫のことを思い出し、比古に問いかける剣心。

しかし、比古は剣心しかいなかったこと。

そして、剣心は丸3日眠っていたことを話し、薫が生きている保証はないと語るそれを聞いた剣心はショックを受ける。

そんな剣心をみて呆れる比古。

だが、剣心は日本を支配しようとする志々雄を倒すための奥義を教えて欲しいと比古に頼むその頃、志々雄がいる巨大船が遂に東京湾に着いてしまう。

更には、志々雄は日本に対し、国盗りを宣言する。

その一報はすぐ警察にも届き慌ただしくなる中、志々雄は暗殺された大久保利通の後を継いだ伊藤博文を呼び出す呼び出された伊藤や、政府重役達は巨大船の目の前の海岸で会合が行うことに。

会合には、豪華な食事が振舞われたりしており、会合も円滑に進んでいたように思えた。

しかし、志々雄の無礼な問答に怒る重役達すると怒れる重役たちは、志々雄の部下によってが殺されてしまう。

あわてる重役達に対し、志々雄は「黙れ!」と一喝する。

そこで伊藤は、世間の方に別な理由で死んだことにするよう、指示を出すこの一件を闇に隠す伊藤の姿勢を見た志々雄は「俺を焼いたのも政治のためか?」と呆れる。

志々雄は焼かれたせいで汗をかくことができず、生きているのが不思議な状態であったのだ。

そして、席を立とうとする伊藤に対し、志々雄の部下は他の重役を殺戮していく志々雄は伊藤に対し、「命が欲しければ剣心を探し、民衆の前でさらし首にしろ!」と脅すのであった。

そんな志々雄に恐れた政府は、なんと剣心を指名手配してしまい、その指名手配を受けた斎藤一は志々雄を暗殺するだけでなく今度は剣心までも切り捨てようとする政府に対し呆れて去っていったしまった。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「るろうに剣心 伝説の最期編」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×