「アイアンガール3 FINAL WARS」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【結】– アイアンガール3 FINAL WARSのあらすじ4

アイアンガール3 FINAL WARSのシーン4

画像引用元:YouTube / アイアンガール3 FINAL WARSトレーラー映像

ダイアナが襲ってきたことを受け、誰かが情報を洩らしているとレジスタンスの一行は思います。イザムはスナッチがスパイではないかと疑いますが、クリスが助けに入ってかばいました。

そこへジョーが本当のスパイを連れてきました。いままで情報をアルカロイドに送っていたのは、コウタでした。正体が露見したコウタは腹に巻いた爆弾を見せて自爆しようとしますが、不発でした。イザムに殴られて自爆も止められます。

アルカロイドに拉致されたサラは、椅子に縛られて装置に繋がれ覚醒の準備が行なわれます。

スナッチがクリスに「サラの腕輪(ブレスレット)に発信器をつけた」と話します。サラの居場所が判ったのでクリスとスナッチが向かおうとすると、ジョーも行くと言いました。3人で向かいます。

サラのところへ野盗が来るといたぶろうとします。サラが嫌がるとそれがエネルギーとなり、衝撃波が相手に伝わりました。野盗の頭が吹き飛びます。

それをカメラで見ていたシドは、サラが順調に覚醒していると喜びました。地面が揺れます。拘束された博士は地震を受けて、サラが少し覚醒しただけで地球のマグマが活性化しているから危険だと言いますが、シドは意に介しませんでした。さらなる覚醒を望みます。

ジョーとクリス、スナッチはアルカロイドの本拠地に乗り込みます。建物に入った3人は別れて戦います。

クリスはかつての敵・ポイズンと再会しました(映画『アイアンガールULTIMATE WEAPON』参照)。ポイズンは「なんの因果か生き返っちゃった」と言ってクリスに攻撃します。クリスは地下室でポイズンを感電させて倒しました。

移動したクリスは、ふとなにかを感じて別の部屋に入ります。そこには自分と瓜二つの身体がありました。驚くクリスに道明寺博士が近づくと、真相を教えます。

道明寺博士はこの研究所で長年、早乙女博士の助手を務めていたと言いました。早乙女博士とはクローンの研究者で、クリスの夫でもありました。

…(過去の回想)それは1世紀以上も前の話、サイバー戦争が起きたころ早乙女博士は野戦病院の救急救命士、クリスは看護師として夫婦で働いていました。あるときクリスが空爆で死に、それを悲しんだ早乙女博士はクリスの遺体を冷凍保存しました。そしてクリスを生き返らせるためにクローン研究に取り組み始めたのです。

研究には莫大な費用が必要でした。その後ろ盾になったのが4thダイアモンドでした。研究費の見返りに早乙女博士はDNAを培養し、サイボーグ兵器も開発しました。

クリスはクローンで、人間ではなく兵器でした…。

もとのクリスには娘がいました。それがサラでした。サラも18のときに事故で亡くなったそうですが、クローンとしてよみがえっているようです。

ジョーは地下室でサラを見つけました。そこへダイアナがやってきて戦います。

ジョーはダイアナに発砲できず、ダイアナはジョーを刀で刺しました。ジョーは重傷を負います。

クリスがサラのもとへ駆けつけると助けて、スナッチにサラを託しました。スナッチとサラを先に逃がして、クリスはダイアナと戦います。

クリスは「守るものが見つかった(娘であるサラ)」と言うと、ダイアナに果敢に立ち向かいます。瀕死のジョーがクリスを庇って死にました。クリスはシドを殺します。

その際に、サファイアのペンダントが欠けました。母の形見のペンダントが壊れたと知り、サラが怒って暴走します。サラが衝撃波を放ち周囲のみんなは苦しみますが、クリスが見つめ続けるとサラは叫ぶのをやめました。サラは、クリスが自分の母親だと気づきます。

クリスはサラを抱きしめると、そのまま上空に飛び立ちました。大気圏のはるか上まで飛んだクリスは、やっと自分がなにを探していたか判ったと感じます。

早乙女博士とクリス、幼い少女のサラの映像が映ります。

…後日。

最終戦争は回避され、戦いが終わりました。まだまだ回復途上の世の街角で、スナッチが講談をしています。雑踏のなかにクリスを見つけた気がしたスナッチは、話をやめて急いで追いかけました。クリスは一瞬振り返りますが、そのまま立ち去ります。

(エンド後)

スナッチは追いかけたものの、クリスがいるわけがないと思いました。「そんなはずないよな」と独り言をつぶやいたスナッチの肩を叩くと、「お前、どっかであったことあるよな」とクリスが話しかけてきます…。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アイアンガール3 FINAL WARS」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×