映画:アウトブレイク2014

「アウトブレイク2014」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【承】– アウトブレイク2014のあらすじ2

アウトブレイク2014のシーン2

画像引用元:YouTube / アウトブレイク2014トレーラー映像

テッドは何年も前に閉鎖されたはずの地下6階にて、新薬の人体実験を始めます。その矢先、モルモットの1人が恐怖で暴れだし、テッドに注射器が刺さってしまいました。

ベスは研究を進めるためにライアンと共に会社を移ると決めます。仲直りした彼らは将来結婚しようと誓いました。

と、その時、研究室にテッドが入ってきます。ウイルスに感染したテッドはライアンに指示し、ユーザー名ライオネル・スタントン、パスワードアスクレピオスでパソコンにログインさせました。そこにあったファイルに乗っていたのは、がんを治療できる分子構造だったのです。

開発者はライオネルでしたが、もし世の中に公表されれば既存の薬は不要になり、スコパメッドは潰れてしまいます。そのためライオネルは11年前に開発していながら公表を避けていました。

テッドが知ったのは去年のことです。話を聞いたベスは苦しんでいる人々を救うため、ファイルをコピーして公表すると決めました。

ところがライアンは先に検証すべきだとし、ベスと共にテッドを救うために薬の調合を進めていきます。

ファイルにアクセスされたことを知ったライオネルはウイルス警報を発令し、建物を封鎖します。そのうえがん治療薬の公表を阻止するため、暗殺者を差し向けました。

閉じ込められたベス、ライアン、テッドの3人は危険物処理班に出会います。ベスたちは安堵しますが、テッドだけは偽物と気づきました。

突然のID無効と警報にはライオネルが絡んでいると気づいたテッドは、偽物の危険物処理班に消されるかもしれないと悟ります。彼はベスに注意を引けと頼み、もう一つの出口から外に出ることを決めました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アウトブレイク2014」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×