映画:アウトレイジビヨンド

「アウトレイジビヨンド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アウトレイジ ビヨンドの紹介:2012年公開の日本映画。北野武の監督作品「アウトレイジ」の続編かつ完結編にあたる。金と権力の為にはどんな手段もいとわない悪人たちを描いたバイオレンス作。キャッチコピーは「全員悪人 完結。」、「一番悪い奴は誰だ?」。R15+指定。

あらすじ動画

アウトレイジビヨンドの主な出演者

大友(ビートたけし)、木村(中野英雄)、西野(西田敏行)、片岡刑事(小日向文世)、石原(加瀬亮)、嶋(桐谷健太)、小野(新井浩文)、繁田(松重豊)、舟木(田中哲司)、白山(名高達男)、五味(光石研)、富田(中尾彬)、中田(塩見三省)、布施(神山繁)、加藤(三浦友和)

アウトレイジビヨンドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①山王会内部の抗争から5年後。加藤会長と石原は勢力を拡大し、政界にまで手を伸ばしていた。これを快く思わない警察上層部は介入を試み、片岡が奔走する。片岡は古参の富田に関西の花菱会への接近を試みさせるが、花菱会と山王会は通じており失敗、富田は殺される。 ②片岡は次に、木村と大友に手を組ませて加藤や石原と対立させるよう考える。消極的な大友は計算外だったが、木村の子分の嶋&小野が殺されたことで大友も立ち上がり、非公式に花菱会の援助を受け大友と木村は山王会を追いつめる。 ③石原は殺害され、加藤は引退(その後殺される)、山王会は力を落とした。片岡はさらに山王会と花菱会を対立させるため木村を殺害するが、大友が見抜いて片岡に銃弾を撃ち込んだ。

【起】– アウトレイジビヨンドのあらすじ1

山王会は関東一円を牛耳る巨大暴力団組織のトップです。以前は関内が会長を務めていましたが代替わりがあり、当時若頭(2番目)だった加藤が山王会を継いでいました。

そのもめ事(『アウトレイジ』参照)から5年後…。

(先に簡単に説明)

☆山王会…関東一円を率いる暴力団のトップの組織。会長は加藤、若頭は石原。石原は元大友組で、裏切って山王会入りした過去あり。舟木という幹部は先代・関内の時代からの古参(古株)。

☆花菱会…関西一円を率いる暴力団のトップの組織。会長は布施、若頭は西野。実は水面下では山王会と通じており、共和路線を築いている。

☆木村一派…出所した木村が率いているが、組ではない。木村が、元村瀬組の息子たち・嶋と小野を子分にしている。後に大友がちらっと加勢。

・警察関係…片岡刑事は出世したが健在。後釜の山本が殺されたことで再び山王会に出入りする。

出世した片岡刑事の後釜として、山王会担当となった山本刑事の遺体があがりました。山本は国交省の小清水大臣の愛人のホステスと一緒に、車で沈められていました。

山王会は加藤が会長になってから、ますます勢力を強めています。その力は強大なものとなり、現在では政界にまで手を伸ばしていました。

山本刑事は山王会から金をせびってばかりで、山王会に殺されたのです。山本の行動は目に余るものがあり、最近では公安が内偵していたほどでした。

山王会があまりにも力を蓄え過ぎたことで、警察の上層部が動き始めます。出世した片岡刑事が担当し、力を削ぐことにしました。片岡刑事には相棒の繁田がつきます。

片岡刑事は山王会に接近すると、山本刑事が死んだのは「マル暴(組織犯罪対策部)の刑事がヤクザの女を寝盗って殺されたという筋書きにする」と図り、加藤に誰か下っ端の者を出頭させろと言いました。それで恩をひとつ売ります。

加藤を訪れた片岡刑事は、かつては大友の手下だった石原が若頭までのぼりつめているのを確認しました。

先代の会長・関内のボディガードだった舟木が、幹部に出世しているのもチェックし、裏があると嗅ぎつけます。関内の死亡時に傍にいなかったとはいえ、ボディガードがなぜ関内の死後に出世するのか…それを考えると、加藤が会長になった筋書きが奇妙だと考えたのでした。

出頭してきた男に殺害方法を教えて口裏合わせをする片岡を、相棒の繁田は苦々しげな顔で見ます。しかし、山王会とある程度対等に渡り合って行くには、便宜を図る必要がありました。

加藤と若頭・石原は、たとえば売春でも外務省と組んで国際的、合法的に稼いでいこうと考えています。古参の幹部連中は、そんな気風が気に食わずにいました。同時に、舟木の出世を怪しんでもいます。

片岡刑事は古参の幹部・富田に接近し、関西最大の勢力である・花菱会と手を組んで、加藤を滅ぼせとそそのかします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アウトレイジビヨンド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×