「アクシデンタル・スパイ」のネタバレあらすじと結末の感想

アクション映画

アクシデンタル・スパイの紹介:2001年公開の香港映画。『ラッシュアワー』シリーズでハリウッド進出を果たしたジャッキー・チェンが、香港に戻って主役を演じたアクション映画。英雄となった男が国家的陰謀に巻き込まれる。

アクシデンタル・スパイの主な出演者

バック(ジャッキー・チェン)、ヨン(ビビアン・スー)、カルメン(キム・ミン)、ゼン(ウー・シングォ)、マニー(エリック・ツァン)

アクシデンタル・スパイのネタバレあらすじ

【起】- アクシデンタル・スパイのあらすじ1

バックは香港の健康器具販売会社で、セールスマンをする平凡な男です。
ある時バックは、予知能力で銀行強盗事件が発生することを予知し、得意のカンフーで強盗事件を解決し、一躍ヒーローになりました。
その英雄であるバックのところへ、ある日、リウと名乗る私立探偵が現れます。リウはバックが孤児院の出身であることを知っていました。
リウはバックに、ある韓国の資産家に会ってほしいと告げて去ります。
気になったバックは香港から韓国へ飛び、その資産家に会いに行きました。

【承】- アクシデンタル・スパイのあらすじ2

資産家は病院の病室で瀕死の状態の老人で、バックの父親らしいことをにおわせます。
その資産家はバックに「隠れんぼをしよう(ハイド・アンド・シーク)」と言った後、亡くなりました。
資産家から受け取った遺品を引き取ったバックは、CIA捜査官のカルメンの協力を得て、墓に残された文字から謎を解きます。そしてイスタンブール銀行にある貸金庫にあった、多額の現金を手に入れました。
しかし、その直後からバックは謎のグループに襲われるようになります。
実は資産家と名乗った老人の正体は、細菌兵器を手に入れたスパイでした。

【転】- アクシデンタル・スパイのあらすじ3

そしてその細菌兵器を狙い、闇の組織がバックを狙っていたのです。
闇の組織の首領・ゼンは、美しい女性・ヨンを麻薬中毒にして、バックに接近させました。ヨンを救うために、バックは手に入れた細菌兵器をゼンに渡しますが、ヨンは手遅れでイスタンブールで亡くなります。
ゼンがイスタンブールの空港にいるという知らせをCIA捜査官・カルメンから聞いたバックは、ゼンの乗った小型飛行機にバイクで体当たりして離陸を防ぎました。
ゼンは車で逃げ、バックはスクーターで追跡します。

【結】- アクシデンタル・スパイのあらすじ4

ゼンの車はトレーラーに追突し、ゼンはその衝撃で車外に吹き飛びました。そのままゼンは逮捕されます。
トレーラーには燃料が積載されており、停車させると引火して大爆発が起きる可能性がありました。
トレーラーの運転手と同乗する家族を救い出したバックは、陸橋からトレーラーを落とす瞬間に運転席から逃げます。
なんとか脱出に成功したバックのところへリウが来て、細菌兵器を奪取して去りました。リウは細菌兵器を奪うために、バックを利用したCIAのスパイでした。
…その後。バックもスパイとして活躍することになりました。

みんなの感想

  • バートさんの感想

    この映画はよくわからない。パクはバックに何をさせたかったのか?タンソ2をどうしたかったのか。どこまでがグルなのか?CIAが関与しているのに一般人を危険に巻き込みすぎている。リウは何者なのか?ここは明らかにされていない(CIAではないと否定している)。そのせいで色々とややこしくなる。リウはタンソ2をどうしたのか?バックもタンソ2をリウに奪われたまま放置している。それがこの映画の大事なところではなかったのか。(ゼンが逮捕されタンソ2をCIAが回収する終わり方なら納得ができた)バックがCIAに手がかりを聞かれたときに意図的に隠すが初めからCIAに全て教えて任せた方が良かったのではないか。
    悪に支配されるヒロイン的ポジションのヨンは死に、物語の鍵であるタンソ2は行方わからず。せめて悪役のゼンの終わりは見たいが炎に包まれ走る車から落ちたあとは出てこず。急にラストに「スピード」の真似事みたいなものをくっつけるから終わり方がめちゃくちゃになっている。
    それに最後バックが憧れていたスパイになれたというオチだがこんな国際的に顔が知れ渡ってしまった(であろう)バックはスパイには全くの不向きだと思う。

映画の感想を投稿する

映画「アクシデンタル・スパイ」の商品はこちら