映画:アパッチ

「アパッチ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

アパッチの紹介:名匠ロバート・アルドリッチによる初のカラー作品で、アメリカ先住民アパッチ族の戦士を主人公とした西部劇。原作はポール・ウェルマンの小説で、誇り高く生きようとする戦士の戦いと葛藤を描いていく。主演はバート・ランカスターが務めた。1954年アメリカ製作。

アパッチの主な出演者

マサイ(バート・ランカスター)、ナリンリ(ジーン・ピータース)、シーバー(ジョン・マッキンタイア)、ジェロニモ(モンテ・ブルー)

アパッチのネタバレあらすじ

【起】– アパッチのあらすじ1

物語の舞台は19世紀末のアメリカ。このとき、西部の地では先住民アパッチ族がアメリカ騎兵隊と激しい戦いを続けていました。しかし、長い戦いの末にアパッチ族は全面降伏し、住み慣れた故郷を離れ居留地への移動を決断します。そんな中、若き戦士マサイは一人反抗を続けていました。マサイは最後まで戦い続け、名誉ある死を望んでいました。しかし、圧倒的な兵力差を前にマサイは捕らえられてしまい、族長ジェロニモとともにフロリダに移送されることとなりました。

列車の中で、白人たちはアパッチ族を見世物にしようと手錠に繋がれたジェロニモやマサイを撮影し、笑い声をあげていました。マサイは長い間大人しくしていましたが、白人たちが油断したわずかな時間を見逃さず、列車から脱走を図りました。

マサイは一人逃げのび、長い道のりを越えてある町にたどり着きました。その町は大勢の白人で賑わっており、新聞社、レストランなど様々な店が軒を連ねていました。白人が築き上げた科学技術にマサイが驚いていると、白人の男たちに先住民であることがバレてしまいます。マサイは急いで町から逃げ出し、再び厳しい道のりを行くのでした。

雪が降り始めた頃、マサイはオクラホマ準州の小さな牧場にたどり着きました。そこで盗んだトウモロコシを食べていると、牧場主と思しき男が入ってきました。マサイはとっさに牧場主に襲いかかりますが、よく見ると、その男は先住民チェロキー族でした。男は白人と同じ格好をし、白人のように牛や作物を育てていました。マサイはナイフを突きつけ警戒心を解きませんでしたが、男はマサイに友好的な態度で接し、家の中に迎え入れて食事を与えました。

マサイは、男とその妻が生活だけでなく価値観も白人流に染まっていることに驚きました。男の妻は、夫にも当たり前のように家事を手伝わせていたのです。それは、家事や畑仕事は女がやるものと教えられてきたマサイにとって、考えられない夫婦関係でした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アパッチ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×