映画:アポロ13

「アポロ13」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アクション映画

アポロ13の紹介:1995年製作のアメリカの宇宙ドラマ。後に「ビューティフル・マインド」でオスカーを獲得したロン・ハワードが監督を務め、アポロ13号の船長ジム・ラヴェルの体験記を映画化した。突然の事故により危機的状況に陥った宇宙飛行士たちの奇跡の生還を迫力の映像で描いていく。第68回アカデミー賞では編集賞、音響賞を獲得した。

アポロ13の主な出演者

ジム・ラヴェル(トム・ハンクス)、ジャック・スワイガート(ケヴィン・ベーコン)、フレッド・ヘイズ(ビル・パクストン)、ケン・マッティングリー(ゲーリー・シニーズ)、ジーン・クランツ(エド・ハリス)、マリリン・ラヴェル(キャスリーン・クインラン)

アポロ13のネタバレあらすじ

【起】– アポロ13のあらすじ1

舞台は1970年のアメリカ。この年の4月、NASAはアポロ13号を打ち上げ、3人の宇宙飛行士たちが月へと旅立ちました。搭乗したのはベテラン飛行士のジム、フレッドと若手のジャック、いずれも厳しい訓練を乗り越えた優秀な宇宙飛行士たちでした。特にジムは今回が3度目の宇宙飛行で、船長としてチームを束ねる立場にありました。

打ち上げに成功し安堵するジムたちでしたが、月に到着する前に大きなアクシデントに見舞われてしまいます。船のタンクから大量の酸素が漏れ出してしまったのです。ジムたちはすぐにヒューストンと連絡を取り、解決策を模索しました。ヒューストンの首席管制官ジーンの判断は早く、月面着陸を早々に断念し、事態打開のために司令船の燃料電池を切るようジムたちに指示しました。しかし、状況は好転せず、ひとまずジムたちは司令船から月着陸船、通称アクエリアスに移動することとなりました。

ヒューストンはアクエリアスを救命ボートに見立て、ジムたちの地球帰還計画の策定を急ぎました。その間ジムたちは帰投用の電力を残すために電力をシャットダウンせねばならず、宇宙の極寒に耐えねばなりませんでした。

混乱の中でもひとときの安らぎの時間もありました。ジムたちの船は少しずつ月に近づき、月面の様子がアクエリアスの窓から確認できました。ジムはその様子を見て、かつて月に降り立った感触を思い出していました。しかし、すぐにジムは地上で待つ妻マリリンと子どもたちを思い出し、帰りたいという思いにかられるのでした。

同じ頃、マリリンは宇宙での事故を知り、子どもたちを心配させまいと気丈にふるまっていました。しかし、ニュースは次々と悪い知らせを伝え、マリリンは次第に弱気になってしまいます。そんなマリリンに、ジムの老いた母親は必ずジムが帰ってくると励ましの言葉をかけるのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アポロ13」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×