映画:アラモ

「アラモ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

アラモの紹介:1836年のアラモ砦の戦いを映画化した歴史ドラマ。ジョン・ウェインが製作・監督・主演を務め、リチャード・ウィドマークが主人公の戦友を演じた。アラモ砦におけるテキサス独立軍とメキシコ軍の13日間に及ぶ戦いをスペクタクルに描いていく。第33回アカデミー賞では音響賞を受賞した。1960年アメリカ製作。

アラモの主な出演者

デイビー・クロケット大佐(ジョン・ウェイン)、ジム・ボウイ(リチャード・ウィドマーク)、ウィリアム・トラビス大佐(ローレンス・ハーヴェイ)

アラモのネタバレあらすじ

【起】– アラモのあらすじ1

物語の舞台は1836年、テキサス。この当時、テキサスはメキシコ領でした。住民はアメリカや海外からの開拓者でしたが、全員がメキシコ市民と見なされていました。そのとき、サンタ・アナ将軍は自らの独裁支配に抵抗する者を虐殺し、テキサスへと迫っていました。開拓者は服従か抵抗かの選択に直面したのです。

このサンタ・アナの独裁に対して、テキサス独立軍のヒューストン将軍はアラモ砦にトラビスが率いる部隊を配置し、メキシコ軍を迎え撃つよう命じました。そこには、ヒューストンの信頼厚い義勇軍のジム・ボウイの姿もありました。しかし、トラビスはジム・ボウイを嫌悪しており、二人の関係は常に険悪なものでした。規律を重んじるトラビスは大酒飲みのジム・ボウイを軽蔑しており、また、ジム・ボウイの妻がメキシコ人であることも不快に感じていました。ジム・ボウイは豊富な戦闘経験を駆使してアドバイスをしようとしますが、トラビスに聞く耳を持ってもらえず、フラストレーションを募らせていくのでした。

そんな中、アラモ砦に援軍のデイビー・クロケット大佐率いる部隊が遠く離れたテネシーから到着しました。砦の近くの街に着いて早々、クロケットの部隊はお祭り騒ぎを始め、クロケット自身も階級の違いを気にせず、部下たちと過ごす時間をおおいに楽しみました。そんな中、トラビスが挨拶をしにその場に現れました。クロケットはトラビスの高慢さを指摘し、友人のように笑顔で語りかけました。クロケットは常に陽気な調子でしたが、テキサスの自由のために戦う覚悟を持ち合わせていました。トラビスはそんなクロケットに調子を狂わされながらも、クロケットの人柄に信頼を寄せるのでした。

宴の後、クロケットは一人の美しいメキシコ人女性と出会いました。この女性はマリアといい、サンタ・アナ派のエーミルという商人から結婚するよう強制され、反発していました。マリアは家族をサンタ・アナに殺された過去があり、そんな人間を支持する男と結婚することなど到底考えられなかったのです。クロケットはマリアがこの男から逃げようとしていることに気づき、援助を申し出ました。マリアはクロケットの好意に感謝しつつも、内輪の揉め事に巻き込めないと返答しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アラモ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×