映画:アランドロンのゾロ

「アランドロンのゾロ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

アラン・ドロンのゾロの紹介:ドゥチオ・テッサリ監督、アラン・ドロン主演の冒険劇。ジョンストン・マッカレーの小説「怪傑ゾロ」を原案としており、スペイン統治下のメキシコを舞台に、謎の黒マスクの剣士ゾロの活躍を描いていく。1975年イタリア・フランス合作。

アランドロンのゾロの主な出演者

ゾロ(アラン・ドロン)、ウェルタ大佐(スタンリー・ベイカー)、オルテンシア(オッタヴィア・ピッコロ)

アランドロンのゾロのネタバレあらすじ

【起】– アランドロンのゾロのあらすじ1

物語の舞台は、スペインの統治下にあったメキシコ。ある夜、スペイン人の青年ディエゴは親友のミゲルと再会し、夕食をともにしていました。ミゲルは最近急死した叔父に代わり、明日からニュー・アラゴンという街の新総督に就任することとなっており、正義の政治を実現したいと熱い思いをディエゴに打ち明けていました。

ところが、そんなミゲルを謎の男たちが襲撃、ミゲルは帰らぬ人となってしまいました。剣の達人のディエゴは男たちを倒し、ミゲル暗殺の黒幕を男たちに吐かせました。ミゲル暗殺を目論んだのは、ニュー・アラゴンの実権を握るウェルタ大佐でした。ウェルタはクリーンな政治を実現しようとするミゲルを邪魔に思い、総督に就任する前に始末しようと考えたのです。ディエゴは親友の復讐を果たすことを心に誓う一方で、息を引き取る直前のミゲルから誰も殺してはいけないと釘を刺されるのでした。

その後、ディエゴはホアキンという信頼を置く使用人を連れてニュー・アラゴンに向かいました。ホアキンは話すことができませんでしたが、ディエゴの意図を汲み取ることに長けたよく働く青年でした。ディエゴはホアキンの協力を得てミゲルになりすまし、ウェルタに接近を図りました。ディエゴのこの作戦は成功し、ウェルタは新総督の到着にうろたえる様子を見せました。ディエゴはそんなウェルタに余計な警戒心を抱かせまいと、馬鹿な発言や間抜けな挙動を繰り返すのでした。

ニュー・アラゴンの総督に就任して早々、ディエゴの食事に毒が盛られる事件が起こりました。ディエゴはこの事件を受けて、急死したというミゲルの叔父はウェルタに毒殺されたと確信します。その後、ディエゴがウェルタの剣術の稽古を見学しに行くと、ウェルタは本物の剣を使って部下たちと特訓をしていました。ウェルタの剣術は見事で、自らはかすり傷一つ負うことなく、四人の部下全員を倒してしまいます。このとき、ディエゴはウェルタがかなりの剣の達人であることを理解しました。

また、ディエゴとホアキンは平民の姿に変装し、総督の執務室の隠し通路を使ってひそかに外に出て、人々の生活を確かめに行きました。そこでディエゴたちは、ウェルタら軍人により虐げられ、貧しい生活を強いられている人々の姿を目撃しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アランドロンのゾロ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×