映画:アランドロンのゾロ

「アランドロンのゾロ」のネタバレあらすじと結末

アラン・ドロンのゾロの紹介:ドゥチオ・テッサリ監督、アラン・ドロン主演の冒険劇。ジョンストン・マッカレーの小説「怪傑ゾロ」を原案としており、スペイン統治下のメキシコを舞台に、謎の黒マスクの剣士ゾロの活躍を描いていく。1975年イタリア・フランス合作。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

アランドロンのゾロの主な出演者

ゾロ(アラン・ドロン)、ウェルタ大佐(スタンリー・ベイカー)、オルテンシア(オッタヴィア・ピッコロ)

アランドロンのゾロのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- アランドロンのゾロのあらすじ1

物語の舞台は、スペインの統治下にあったメキシコ。ある夜、スペイン人の青年ディエゴは親友のミゲルと再会し、夕食をともにしていました。ミゲルは最近急死した叔父に代わり、明日からニュー・アラゴンという街の新総督に就任することとなっており、正義の政治を実現したいと熱い思いをディエゴに打ち明けていました。

ところが、そんなミゲルを謎の男たちが襲撃、ミゲルは帰らぬ人となってしまいました。剣の達人のディエゴは男たちを倒し、ミゲル暗殺の黒幕を男たちに吐かせました。ミゲル暗殺を目論んだのは、ニュー・アラゴンの実権を握るウェルタ大佐でした。ウェルタはクリーンな政治を実現しようとするミゲルを邪魔に思い、総督に就任する前に始末しようと考えたのです。ディエゴは親友の復讐を果たすことを心に誓う一方で、息を引き取る直前のミゲルから誰も殺してはいけないと釘を刺されるのでした。

その後、ディエゴはホアキンという信頼を置く使用人を連れてニュー・アラゴンに向かいました。ホアキンは話すことができませんでしたが、ディエゴの意図を汲み取ることに長けたよく働く青年でした。ディエゴはホアキンの協力を得てミゲルになりすまし、ウェルタに接近を図りました。ディエゴのこの作戦は成功し、ウェルタは新総督の到着にうろたえる様子を見せました。ディエゴはそんなウェルタに余計な警戒心を抱かせまいと、馬鹿な発言や間抜けな挙動を繰り返すのでした。

ニュー・アラゴンの総督に就任して早々、ディエゴの食事に毒が盛られる事件が起こりました。ディエゴはこの事件を受けて、急死したというミゲルの叔父はウェルタに毒殺されたと確信します。その後、ディエゴがウェルタの剣術の稽古を見学しに行くと、ウェルタは本物の剣を使って部下たちと特訓をしていました。ウェルタの剣術は見事で、自らはかすり傷一つ負うことなく、四人の部下全員を倒してしまいます。このとき、ディエゴはウェルタがかなりの剣の達人であることを理解しました。

また、ディエゴとホアキンは平民の姿に変装し、総督の執務室の隠し通路を使ってひそかに外に出て、人々の生活を確かめに行きました。そこでディエゴたちは、ウェルタら軍人により虐げられ、貧しい生活を強いられている人々の姿を目撃しました。

【承】- アランドロンのゾロのあらすじ2

そんな中、ディエゴはチコという少年と出会い、この地域に「ゾロ」という黒いキツネの精霊の言い伝えがあることを教えられました。無敵で不死身の戦士ゾロが動物たちを助けるという話を聞き、ディエゴは自らゾロと名乗り、正義の騎士として人々を圧政から救うことを考えつきました。

ディエゴは早速黒のマントとマスクをつけ、虐げられた人々の前に現れました。ちょうどそのとき、ウェルタの政治を批判したフランシスコという神父が鞭打ちの刑に処されていました。その場に現れたディエゴは次々と軍人たちを倒し、フランシスコを解放しました。そして、抵抗した軍人の背中にゾロの頭文字「Z」の切り傷をつけ、その場から去って行きました。チコら街の人々はその「Z」のサインを見て、謎の黒騎士をゾロと呼ぶようになりました。

その後、ディエゴはミゲルにオルテンシアという美しい従姉妹がいることを知ります。オルテンシアの家族はフランシスコと同様、ウェルタの圧政に反対していましたが、そのことが問題視され、軍から財産を没収される憂き目にあっていました。ディエゴは貴族でありながら平民に寄り添うオルテンシアに興味を抱くようになっていきました。

その後、再びディエゴはゾロとして街に現れ、平民たちを虐げる軍人たちを大勢始末しました。その場にはオルテンシアの姿もあり、ゾロの勇姿に惚れ惚れとしていました。その後、ディエゴはゾロの変装をしたままオルテンシアの屋敷を訪れました。オルテンシアはゾロと会えたことに感激し、ゾロもまたオルテンシアの聡明さに魅了されました。

ところが、二人がゆっくり会話する間もなく、そこにウェルタが率いる軍の一団が現れました。ゾロがとっさに物陰に隠れると、ウェルタはオルテンシアに結婚を受け入れるよう迫ってきました。自分と結婚すれば、汚れてしまった家の名は名誉を取り戻すというのです。ウェルタを毛嫌いするオルテンシアがこの求めを拒否すると、ウェルタは突然オルテンシアに無理やりキスをしてきました。そのとき、ゾロがその場に現れ、ウェルタに剣を向けました。もう二度とオルテンシアを侮辱しないと誓え…ゾロがそう要求すると、ウェルタは悔しげな表情を浮かべながら跪き、オルテンシアに侮辱しないことを誓って屋敷を後にするのでした。

【転】- アランドロンのゾロのあらすじ3

その後、ミゲルの叔母がスペインに帰国することとなり、大量の宝石を荷物にまとめてニュー・アラゴンを発ちました。付き添ったのは、叔母の愛人で軍人のフリッツでした。ところが、その道中に叔母は山賊に襲われ、宝石を載せた馬車を奪われてしまいます。このことを予見していたディエゴはゾロに変装して山賊の後を追いました。すると、山賊の正体がウェルタの部下であることが判明、ディエゴは奇襲をかけて宝石を持ち去っていきました。その後、ディエゴはゾロとして教会に現れ、その場に集まった貴族たちから宝石類を没収しました。ディエゴはこうして集まった宝石類を生活の糧にしてもらおうと平民に引き渡しました。

それからすぐ、ミゲルの叔母とフリッツが命からがらニュー・アラゴンに帰還、ディエゴは二人が無事に戻ったことを祝うため、貴族たちを招待して祝いの席を設けました。その祝宴の場で相変わらずディエゴがとぼけた調子でいると、そこにゾロからの脅迫状が届きました。そこには、総督に死刑判決を言い渡す、と書かれていました。この脅迫状はディエゴ自身がウェルタを陥れるために用意したものであり、ディエゴが期待した通りにウェルタはゾロに激怒しました。

ディエゴはゾロにひどく怯えた演技をして、ベッドにこもりました。そんなディエゴに、ウェルタはゾロをおびき出すためにオルテンシアを利用する作戦を明かしました。檻に入れたオルテンシアを街中に連れ回した末に牢屋に入れるというのです。

早速ウェルタはこの作戦を実行に移しますが、同じ頃、ディエゴは留守をホアキンに任せ、ゾロに変装してオルテンシア救出に向かっていました。ディエゴは監獄に待機していた兵士たちを出し抜き、オルテンシアを救出、その後すぐに自らの寝室に戻って行きました。

すると、そこに怒りの表情を浮かべたウェルタが現れました。ウェルタはこの作戦をあらかじめ知っていたディエゴに疑いの目を向けますが、ディエゴは自分がおとりになると言い出し、ウェルタの疑惑を払拭させました。

それからすぐ、ディエゴはウェルタたちを連れて川に魚釣りに出かけました。すると、そこにゾロの格好に変装したホアキンが現れました。ウェルタたちはホアキンの変装にすっかり騙され、数人の部下を置いて総出でゾロの後を追いました。その後、ホアキンはフランシスコやオルテンシアの助けを借りて身を隠しますが、ウェルタはフランシスコがゾロに手を貸したとして捕らえ、鉱山での強制労働を命じるのでした。

【結】- アランドロンのゾロのあらすじ4

それと同じ頃、ディエゴはひそかにゾロに変装し、ウェルタの部下たちを次々と倒していました。その後、ディエゴは馬車の中に総督を人質にしていると嘘をつき、ガルシアという間抜けな軍曹を脅迫、大勢の平民が強制労働させられている鉱山へと案内させました。その後、ディエゴはフランシスコを含め鉱山にいる平民たちを解放しました。

すると、そこにオルテンシアが現れ、ウェルタの軍隊が向かってきていると知らせてきました。ディエゴは馬車を走らせその場から離脱しようとしますが、その隣にオルテンシアが無理やり乗ってこんできました。オルテンシアはディエゴに愛の告白をしますが、ディエゴはオルテンシアが人々に必要な存在だと語り、オルテンシアを馬車から降ろしました。その後、ディエゴは馬車を猛スピードで走らせて川に転落、その様子を見たウェルタは歓喜に沸くのでした。

ゾロだけでなく、馬車の中で人質にとられていた総督も死んだと確信し、ウェルタはついにニュー・アラゴンの実権を握りました。ウェルタはすぐにオルテンシアとの結婚式を挙げようとしますが、教会に到着したオルテンシアは笑み一つ浮かべませんでした。

フランシスコをはじめ多くの人々がこの結婚に抗議していると、そこにゾロが現れました。ゾロが次々とその場にいた兵士たちを倒していくと、フランシスコたちもその姿に勇気づけられ、兵士たちに抵抗しました。しかし、その最中にフランシスコは殺されてしまいました。この光景を目の当たりにしたディエゴは亡きミゲルとの約束を破り、ウェルタを殺すことを決めました。

人々が見守る中、ディエゴはウェルタとの一騎打ちに臨みました。最初こそ自らの剣術を披露する余裕があったディエゴでしたが、次第にウェルタに追い詰められ、窓から突き落とされてしまいます。勝利を確信するウェルタでしたが、すぐにディエゴは復活し、再び戦いに臨みました。

ウェルタの体力が限界に近づく中、ディエゴはマスクを外しました。ゾロの意外な正体に驚くウェルタにディエゴはとどめをさし、ついにミゲルとフランシスコの復讐を果たしました。その後、ディエゴは再びマスクをつけ、ニュー・アラゴンの街を去って行きました。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

少し間抜けな総督と、ミステリアスな剣士を演じ分けているアラン・ドロンに魅了される作品でした。オッタヴィア・ピッコロもかわいらしくも強い女性を好演しており、素敵な組み合わせだったと思います。テーマソングも陽気で、勧善懲悪の物語をよく盛り上げていたと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「アランドロンのゾロ」の商品はこちら