映画:アルティメット

「アルティメット」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アルティメットの紹介:2004年公開。パリの中で隔離された無法地帯で、ギャングに仕掛けられた時限爆弾を解除するために立ち向かう二人の男の姿を描いた作品。「96時間」では監督を、「トランスポーター」では撮影を担当したピエール・モレルの初監督作品。出演は「YAMAKASI」のモデルになったパルクールの創始者ダヴィッド・ベル、「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のシリル・ラファエリ。

アルティメットの主な出演者

ダミアン(シリル・ラファエリ)、レイト(ダヴィッド・ベル)、タハ(ビビ・ナセリ)、K2(トニー・ダマリオ)、ローラ(ダニー・ヴェリッシモ)

アルティメットのネタバレあらすじ

【起】– アルティメットのあらすじ1

治安の悪化に伴ってパリは壁を建設します。無法地帯となった13地区ではギャングのタハ一味が支配していました。

この地区で生まれ育ったレイトは麻薬を一掃するために立ち向かっていました。大量の麻薬をタハ一味から奪ったレイトは自宅で廃棄処理を行います。

タハの部下であるK2達が取り戻しにやってきます。ぎりぎり処理することに間に合って、レイトは屋根から屋根を飛び移って逃げる事に成功します。

K2達はタハに怒られてアイディアを浮かばさせられます。K2がレイトに妹のローラがいることを話して捕まえに行きます。ローラを人質にして麻薬の代金を支払わせる魂胆です。

仕事中のローラをK2達は拉致してタハのアジトに連れて行きます。タハ一味の考えを読んでいたレイトは単独でアジトに侵入して、誰にも見つからずにタハを人質にとります。

レイトはタハの交換にローラを指名します。ローラは解放されて、レイトと一緒にタハを人質にとりながら車に乗り込みます。そのままアジトを出て行こうとしますが、タハの部下達が銃で応戦してきます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アルティメット」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×