「イップ・マン 継承」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

2015年の香港映画 1959年の香港は繁栄していたが、犯罪も増えていた。治安が悪化して無法地帯になりつつあった。闇の不動産帝王フランクがイップマンの息子が通う小学校の土地を狙って暴挙に出てきた。町と家族を守るため立ち上がったイップマンは、ついにフランクと闘うことに…さらに正統詠春拳を主張して挑まれた闘いに立ち向かう。

あらすじ動画

イップ・マン 継承の主な出演者

イップ・マン:ドニー・イェン ウィンシン:リンホン チョン・ティンチ:マックス・チャン フランク:マイクタイソン マー・キンサン:パトリック・タム ブルース・リー:チャン・クォックワン イップ・チン:ワン・シィ チョン・フォン:スイ・サン ポー刑事:ケント・チェン ティン師匠:レオン・カーヤン ウォン先生:カリーナ・ン チョイ・リク:ルイス・チョン ムエタイファイター:サラット・カアンウィウィ

イップ・マン 継承のネタバレあらすじ

【起】– イップ・マン 継承のあらすじ1

イップ・マン 継承のシーン1

画像引用元:YouTube / イップ・マン 継承トレーラー映像

1959年の香港 イップ・マンは長男チュンを勉学のために佛山へ帰し、香港で武館を開き、詠春拳の普及に努めながら妻のウィンシンと次男のイップ・チンと暮らしていた。

イップ・マンが自宅で観葉植物に水をやっている時、シュウロンという一人の若者が弟子にしてほしいと訪ねてくる。

自らの蹴りの速さをアピールする若者にイップ・マンは放り投げた煙草を何本か蹴らせ、さらにカップの水を蹴らせた後、水は蹴れたか? と意味深に聞いて帰らせる。

小学校ではケンカが始まっていた。たくさんの小学生がはやし立てる中、喧嘩が始まった。共に父親が詠春拳を使うチョン・フォンとイップ・マンの息子チンだ。

ケンカの最中にウォン先生にとめられ、医務室で手当をしているところにチンの母親のウィンシンがやって来る。

遅れて父親 のイップ・マンがやってきた。

イップ・マンは、フォンがお腹がすいている様子なので連れて帰り、ご飯を食べさせた。

食べ終わりフォンが木人椿を打っている時にフォンの父親のチョン・チンが迎えに来た。

チョンは車引きだが、いずれ詠春拳の武館を持ちたいと考えていた。

チョンは金を稼ぐためと武術を磨く為、アメリカ人で闇の帝王であるフランクが仕切る闘技場の賭け試合に出ていた。

その闘技会場にフランクがやってきた。

フランクは小学校一体の土地を再開発を狙って手に入れたがっており、手下のマー・キンサンに2週間以内に何とかしろと命令する。

ある日、小学校にチンを迎えにやってきたイップ・マンは、同じくフォンを迎えに来たチョンと再会する。

ここで、二人はお互いが同じ師の孫弟子だということが分かる。

機会があったら一度お手合わせを、というチョンに、乗り気なく「いずれ」と答えるイップ・マン。

イップ・マンが小学校にチンを迎えに行って帰る途中、チンピラを連れて小学校に向かうサンとすれ違うが、不穏なものを感じてその後姿を振り返るイップ・マン。

サンは小学校の職員室に入ると、校長に対し小学校一帯の土地を売る契約書にサインしろと迫る。

断る校長の手をつかみ、無理やり契約書に判を押させようとするサン。

だが、そのサンの手を掴んで止めたのは、気になって学校に戻ってきたイップ・マンだった。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「イップ・マン 継承」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×