映画:イングロリアスバスターズ

「イングロリアスバスターズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アクション映画

イングロリアス・バスターズの紹介:2009年公開の戦争映画。ナチス壊滅を目論む部隊と復讐をする女の姿を描いた作品。第82回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、海外の賞を多数獲得した大ヒット作。監督・脚本は「ジャンゴ 繋がれざる者」のクエンティン・タランティーノ。出演は「マネーボール」のブラッド・ピット、「オーケストラ!」のメラニー・ロラン、「ナショナル・トレジャー」のダイアン・クルーガーなど。

あらすじ動画

イングロリアスバスターズの主な出演者

アルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)、ショシャナ・ドレフュス&エマニュエル・ミミュー(メラニー・ロラン)、ハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)、ドニー・ドノウィッツ(イーライ・ロス )、アーチー・ヒコックス中尉(マイケル・ファスベンダー)、ブリジット・フォン・ハマーシュマルク(ダイアン・クルーガー)、フレデリック・ツォラー(ダニエル・ブリュール)

イングロリアスバスターズのネタバレあらすじ

【起】– イングロリアスバスターズのあらすじ1

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツに占領されているフランス。ラパディット家にやってきたのは、「ユダヤ・ハンター」のあだ名を持つランダ大佐です。

彼はユダヤ人のドレフュス家を探していて、誰かが匿っていると考えていました。英語で尋問される中、ラパディットは地下にドレフュス家の人達を匿っていることを吐いてしまいます。

ドイツ兵が地下に銃弾を撃ち込みます。ドレフュス家の娘、ショシャナは唯一生き残って逃げます。

アメリカのアルド・レイン中尉率いる特殊部隊、通称「バスターズ」はナチス部隊を少人数で叩きのめすことを目的としています。

突然現れ、ドイツ兵を壊滅させ、追いかけても姿を消すバスターズ。ドイツ兵の頭の皮を剥ぐ残忍ぶりから、ヒトラーは彼らを恐れます。

バスターズは捕らえたドイツ兵に尋問します。3人のうち2人は答えなかったため、殺します。ドイツ兵のいる場所を吐かせた後、一人だけ額にナチスの印を刻んで逃がします。

印を刻むのは軍服を脱ぐとナチスであることが分からなくなってしまうからです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「イングロリアスバスターズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×