映画:エアストライク(2018年)

「エアストライク(2018年)」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

エア・ストライク(2018年)の紹介:2018年製作の中国映画。ブルース・ウィリス、エイドリアン・ブロディ、リウ・イエらハリウッドとアジアのスターが顔を揃えた戦争アクション。日中戦争下の1941年。米軍のジャック・ジョンソン大佐は、圧倒的不利な中国軍空戦部隊を率いて、最新鋭機・ゼロ戦を操る日本軍に挑む。

あらすじ動画

エアストライク(2018年)の主な出演者

ジャック・ジョンソン大佐(ブルース・ウィリス)、ガンタウ・シュエ(リウ・イエ)、アン・ミンシュアン(ソン・スンホン)、チェン・ティン(ウィリアム・チャン)、イエ・ペイシュアン(ファン・ビンビン)、レイ・タオ(ニコラス・ツェー)、スティーヴ(エイドリアン・ブロディ)

エアストライク(2018年)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①1941年、日中戦争は激化の一途を辿っていた。長慶は連日空襲に遭っており、米軍のジョンソン大佐は若い中国兵たちを訓練し、日本軍に立ち向かわせようとする。 ②ガンタウは暗号解読機を無事に持ち帰り、メイという女性と結婚することに。ミンシュアンは日本兵に勝利するが、恋仲のスーザンは次の戦地へと去った。

【起】- エアストライク(2018年)のあらすじ1

エアストライク(2018年)のシーン1 〝1937年 中国と日本の全面戦争が始まる
上海は日本軍に制圧された
首都 南京も陥落した
生き延びるため
故郷を離れる人の群れができた
中国は軍を再編 そして…〟


〔長慶 中華民国 新首都〕

1941年。

長慶では連日、日本軍から攻撃を受けていました。
空襲を受けるたびに、一般の人たちは防空壕に避難しています。

若い男性・マングァンと妻のヤオグは、赤ん坊を抱えて防空壕に避難していました。
店を経営する初老オーナー、ツィとは顔なじみです。
ツィには成人した息子・リウがいます。

長慶の街は、日本軍によって大ダメージを受けていました。
米軍の指揮官ジャック・ジョンソン大佐は、中国軍の若者たちを率いて反撃しようとします。
しかし中国人の航空兵たちは、知識も経験も乏しくて、立ち向かうのは困難を極めました。


〔大日本帝国 空軍〕

秋山ヒロという若い操縦士が、零戦に乗って中国軍と戦っていました。
中国軍側のダメージは大きく、次々に撃墜されます。
ミンシュアンの兄が、秋山に撃墜されて亡くなりました。ミンシュアンは、日本軍に復讐を誓います。

大日本帝国の空軍では、襲撃するために出す命令を解読する「暗号機」を、大事にしていました。
暗号機を奪われてしまうと、襲撃エリアが露見してしまうので、警戒しています。


〔中国軍 諜報本部〕

中国と米国でも、同じことに気づいていました。
つまり、大日本帝国空軍の使用する暗号機を手に入れれば、襲撃地が判明するのではないかということです。

ジョンソン大佐は、部下のガンタウ・シュエを呼ぶと、命令を下しました。
ガンタウは、第22飛行隊の副隊長です。

【承】- エアストライク(2018年)のあらすじ2

エアストライク(2018年)のシーン2 ジョンソン大佐がガンタウに依頼した内容は、「長慶までのトラックの護衛」でした。
ジョンソン大佐はガンタウに、トラックの運転手をするツィ・リウを紹介します。
リウは長慶で店を経営するオーナーの息子です(冒頭で出てくる男性の息子)。

トラックには、日本の暗号を解読する機械が詰め込まれていました。
リウとガンタウは、長慶まで暗号機を運ぶ任務を任されたのです。

トラックが暗号機を運んでいることは、日本軍にも知られているようでした。
リウとガンタウの乗ったトラックは、空からのゼロ戦の攻撃を受けますが、トンネルに入ってやりすごします。


〔長慶 中国空軍基地〕

ジョンソン大佐は、新米の訓練兵にスピーチをし、士気を高めていました。
兄を亡くして落胆する弟・ミンシュアンに、「死に動揺するな」と叱咤激励します。


ガンタウとリウの乗るトラックに、「豚2頭を届けてくれ」と家畜研究所の豚が持ち込まれます。
ただの豚ではなく、栄養状態のよい、選別された豚とのことです。
眼鏡をかけたチュンという男性研究者が、豚に同行します。

また「車を修理するので乗せてください」という、整備士の若い男性もトラックに乗り込んできました。
謎の男性は強引に乗り込むと、崖から落ちそうだったトラックを助けます。

さらにトラックは、メイという若い女性と子どもたちを乗せました。
トラックは長慶に向けて移動しますが、途中空襲に遭い、運転手であるツィが命を落とします。
ツィはガンタウに、父親に渡してもらいたいものを託しました。

【転】- エアストライク(2018年)のあらすじ3

エアストライク(2018年)のシーン3 同じ頃。
ツィの父親が経営する店は、空襲にあっています。
市民たちは防空壕に避難し、命だけは助かろうとしていました。


日本兵が中国空軍基地を攻撃します。
ミンシュアンが飛行機に乗り込み、反撃しに行きますが、撃墜されました。
ミンシュアンは飛行機から脱出し、教会付近に落ちてきますが、日本人と間違えられそうになります。
幸い、誤解は解けて、殺されることはありませんでした。
ミンシュアンはスーザンと出会います。

『新華日報』の女性新聞記者・スーザンがミンシュアンを連れて、ジョンソン大佐のところへ戻りました。
スーザンは戦地で撮影するカメラマンです。

長慶は最後の砦として残っています。
国民たちに「街を守れ」という機運が高まりました。
ガンタウはリウの父親・ツィに、届け物を渡します。
ツィは息子の死を知り、ショックを受けました。

ミンシュアンとスーザンは心を通わせます。
しかしミンシュアンは戦地に出ていかねばならないので、スーザンに求愛できません。


アメリカの戦闘機が、中国空軍基地に持ち込まれました。
この戦闘機、P-40ウォーフォークで、日本軍に立ち向かえというのが、ジョンソン大佐の思惑です。

ジョンソン大佐は自分も出撃するつもりでした。
しかし、若い中国兵たちは「地上で僕らを指揮してください」と言い、ジョンソン大佐の誕生パーティーの席上で空き缶を回します。
空き缶に貴重品を入れた若者たちは、ジョンソン大佐にそれを預けようとしました。
ジョンソン大佐も腕時計を入れると、「最後に帰ってきた者が、これをもらおう」と賭けの対象にします。

【結】- エアストライク(2018年)のあらすじ4

エアストライク(2018年)のシーン2 日本軍が長慶に攻撃をします。

ヤオグとマングァン夫妻は、防空壕へ避難します。
ヤオグは防空壕に入りましたが、人が多すぎるうえに生き埋めになり、おおぜいの被害者が出ました。
マングァンはまだ防空壕に入っておらず、難を逃れていました。妻らの救出に奔走します。
激しい空襲が街を襲い、市民たちは消火活動に励みます。


〔長慶 児童養護施設〕

スーザンは戦地の写真を撮っていますが、そこへ小さな缶が届きます。
中身は恋人・ミンシュアンからの手紙でした。「結婚してくれ」という内容です。
それを読んだスーザンは感激しますが、ミンシュアンは戦いのただなかにいます。


暗号解読機を運んでいたガンタウは、整備士を名乗っていた謎の若者が日本人だと知ります。
その日本人はトラックに爆弾をしかけ、破壊工作をしようとしていました。
ガンタウと若者が戦おうとしたとき、メイが若者の頭を殴り、倒します。
ガンタウはトラックを急いで移動させ、爆弾を取り除きました。

空中戦では日本兵が破れていました。
P-40は戦いに勝ちますが、燃料切れで緊急着陸を余儀なくされます。
右車輪がない状態で着陸しようとするP-40を、ガンタウの運転するトラックの幌で支え、戦闘機は無事に着陸しました。

日本の暗号解読機が無事に届けられ、ジョンソン大佐は受け取ります。


ガンタウはメイと結婚することになりました。
店を経営するツィは、マングァンとヤオグ夫妻を、自分の子どものように扱い、共同所有者として店を継がせようと思います。

ミンシュアンは生きて長慶に戻ってきました。
しかしスーザンは次の戦場へ出かけていくと、手紙を残しています。
ミンシュアンの恋は実りませんでした。スーザンは新たな地へ出かけていきます…。

みんなの感想

ライターの感想

アクションとはいっても、たぶんに人間ドラマの要素が大きい。
「長慶の空襲シーン」が多発されている。またゼロ戦の戦いも多い。
これらがCGで合成されていて、…正直、やすっぽい映像。
いえ、非難しているわけではない。やすっぽい映像に救われている部分もある。
リアリティのある空襲の映像だったら、見ていられないかもしれない。合成と判るから、流せる部分はある。
中国とアメリカ側「米中共同隊」側からの作品。日本人は悪者なので、それを心して見るべき。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「エアストライク(2018年)」の商品はこちら