映画:エクソダス神と王

「エクソダス神と王」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アクション映画

エクソダス:神と王の紹介:2014年制作のアメリカ映画。リドリー・スコット監督。兄弟のように育てられたモーゼとエジプト王ラムセスが、運命に翻弄されるさまを描く。「エクソダス」とは旧約聖書の一節「出エジプト記」の意味。

あらすじ動画

エクソダス神と王の主な出演者

モーゼ(クリスチャン・ベール)、ラムセス(ジョエル・エドガートン)、セティ(ジョン・タトゥーロ)、ヨシュア(アーロン・ポール)、ヘゲップ総督(ベン・メンデルソーン)、ツィポラ(マリア・バルベルデ)、トゥーヤ(シガニー・ウィーバー)、ヌン(ベン・キングズレー)

エクソダス神と王のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①古代エジプト王国ではヘブライ人が奴隷として働いていた。モーゼは自分がヘブライ人の子と知って、兄弟同然に育った王の息子・ラムセスに追放される。 ②砂漠を歩きたどり着いた土地で結婚し子どもをもうけたモーゼは、ヘブライ人がエジプトで虐待されているのを知りエジプトへ戻る。 ③ヘブライ人を束ねたモーゼは神と意思疎通をした。エジプトには十の災いが起きる。ラムトスから追放されたヘブライ人は割れた海を通って逃げ、故郷の地へと向かった。

【起】– エクソダス神と王のあらすじ1

〝紀元前1300年。

400年もの間、ヘブライ人はエジプトで奴隷として扱われた。

エジプトの栄光である彫像や街を建設した。

彼らは祖国の地を忘れなかった。彼らの神のことも。

神も彼らを忘れはしなかった。〟

…古代エジプトでは、エジプト王のファラオが絶対的な権力で国を治めており、数多くのヘブライ人が奴隷として働いていました。

ある時、ファラオはヘブライ人の赤ん坊を殺せと命じます。預言で「ヘブライ人を自由にする(解放する)者が出現した」とされたからです。

言われたとおりにヘブライ人は赤ん坊を殺しましたが、ひとりの赤ん坊が川に流されました。それを拾ったエジプトの王女・ミリアムが、モーゼと名付け自分の「弟」と偽って育てます。

ミリアムはエジプト王・ファラオの息子・ラムセスの子守として雇われました。ミリアムは弟・モーゼを連れてラムセスの子守をしたので、ラムセスとモーゼは兄弟同然に育てられます。

ミリアムと母は黙っていましたので、モーゼはミリアムを実の姉と思っていました。

成長して青年となったラムセスとモーゼは、ヒッタイト帝国軍1万6000人とカデシュ付近で戦うことになります。預言では「戦で指導者が現れ、救った者が民を導く」と出ました。

戦に出かける前に、ラムセスにはモーゼと記した剣を、モーゼにはラムセスと記した剣をファラオが渡します。これひとつ取っても、ファラオはモーゼを信頼しわが子同然に扱っていました。

戦では窮地に陥ったラムセスをモーゼが救います。戦いに勝利した2人は帰還しましたが、占いをあまり信じないモーゼに対し、ラムセスは自分がモーゼに助けられたことを気にしていました。「救った者」=「モーゼ」で、モーゼがやがて指導者になると考えたのです。

モーゼは神を信じませんでしたが、ラムセスは神を信じて預言も重く捉えます。モーゼが気にするなと言っても駄目でした。

ファラオはそんな息子を見て、モーゼに対し「お前は息子よりもすぐれているが、自分の座を継ぐのはラムセスだ」と言います。モーゼはエジプトを継ぐ気は一切ありません。

ピトムの地で奴隷が騒動を起こしたので、総督に会いに行けとファラオはラムトスに言いました。将来に統治するのだから政治にも関心を持てと示唆します。

モーゼがピトムの地に行きました。そこでヌンという初老の男に会ったモーゼは「あなたは将軍の子ではなく、ヘブライ人の奴隷の子だ」と告げられます。その後、モーゼが出生した当時の預言でヘブライ人の男の赤子を殺せという命令が出たことや、モーゼの母が川に流したことなどを言いました。ピトムの提督がこれを盗み聞きします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エクソダス神と王」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×