映画:エグゼクティブ・デシジョン

「エグゼクティブ・デシジョン」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

エグゼクティブ・デシジョンの紹介:1996年公開のアメリカ映画。タイトルは「最終決断」の意味。テロリスト集団にハイジャックされたジャンボジェットを舞台に、乗客の生命とワシントンD.C.壊滅を回避するために戦う男たちの活躍を描いたアクション。

あらすじ動画

エグゼクティブ・デシジョンの主な出演者

フィル・デイヴィッド・グラント(カート・ラッセル)、ジーン(ハル・ベリー)、オースティン・トラヴィス中佐(スティーブン・セガール)、ラット(ジョン・レグイザモ)、デニス・ケイヒル(オリヴァー・プラット)、キャピー(ジョー・モートン)、ナジ・ハッサン(デヴィッド・スーシェ)

エグゼクティブ・デシジョンのネタバレあらすじ

【起】– エグゼクティブ・デシジョンのあらすじ1

ワシントンD.C.行きの747型ジャンボジェット機がテロリストにハイジャックされました。

主犯・ハッサンはイギリスで逮捕された組織のリーダーの釈放を要求します。

ジェット機には世界一殺傷力の強いソ連製の毒ガス「DZ-5」が乗せられている可能性が高く、ジェット機をワシントンD.C.に墜落させアメリカの首都を攻撃するのがハッサンたちの目的だと、アメリカ陸軍情報部顧問・グラントは指摘しました 大統領を中心とした危機対策委員会は悩みます。

グラントたちはトラヴィスを連れ、ジェット機へ乗り移る計画を立てました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「エグゼクティブ・デシジョン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×