映画:エネミーライン

「エネミーライン」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

エネミー・ラインの紹介:ユーゴスラビア紛争の和平協定中にボスニアでおきた主人公とセルビア人武装勢力との衝突を描いた物語。1995年に実際におきた「米空軍F-16C追撃」基盤にした物語のアメリカ映画です。

エネミーラインの主な出演者

クリス・バーネット大尉(オーウェン・ウィルソン)、レズリー・レイガード司令官(ジーン・ハックマン)、スタックハウス(ガブリエル・マクト)

エネミーラインのネタバレあらすじ

【起】– エネミーラインのあらすじ1

主人公のクリス・バーネット大尉はNATO軍のアメリカ海軍の戦闘機パイロットですが、ボスニアで和平が結ばれることで軍務のやりがいが見いだせずにいたのです。

これによって上司のレズリー・レイガード司令官と意見が合わずに衝突することになります。

ある日、レズリーは休暇中のクリスにボスニア上空での撮影任務を命じます。

クリスと相棒のスタックハウスはF/A18戦闘機に一緒に乗り、空母カール・ビンソンから飛び立ちました。

クリスたちは命令通りの飛行ルートからはずれてしまい、地上にいたセルビア人武装勢力に地帯レーダーによって探知され、偵察していることがばれてしまったのです。

セルビア人武装勢力の地対空により二人の乗っていた戦闘機は撃墜され、パラシュートで降下することになってしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「エネミーライン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×