映画:エルドラド

「エルドラド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

エル・ドラドの紹介:名匠ハワード・ホークスが監督、脚本を手掛けた西部劇。ハリー・ブラウンの小説を映画化した作品で、極悪牧場主と対峙するガンマンたちの戦いと友情を描いていく。主演を務めたのは、ハワード・ホークスと名コンビを組んできたジョン・ウェイン。1966年アメリカ製作。

エルドラドの主な出演者

コール(ジョン・ウェイン)、ハラー(ロバート・ミッチャム)、ミシシッピ(ジェームズ・カーン)、ブル(アーサー・ハニカット)、ジェイソン(エドワード・アズナー)、マクドナルド(R・G・アームストロング)

エルドラドのネタバレあらすじ

【起】– エルドラドのあらすじ1

物語の舞台は西部開拓時代のテキサス、エル・ドラドという町。この町の保安官ハラーは旧友のコールがやって来たと知り、早速滞在先のホテルを訪ねました。ハラーがコールを訪ねたのは、旧交を温めるためではありませんでした。腕利きのガンマンであるコールが極悪牧場主のジェイソンに雇われるという噂を聞きつけ、ハラーは思い留まるようコールを説得しようとしたのです。このとき、ジェイソンはマクドナルド一家の水源豊かな土地を奪おうと悪巧みをしていました。その事実を知らされたコールは、ジェイソンに断りを入れることを決めました。

早速コールはジェイソンの牧場に行きました。牧場には大勢のならず者のガンマンの姿がありましたが、コールは気にせず陽気な調子でジェイソンに話しかけ、雇われる話を断りました。その帰り道、マクドナルド家の土地を通過したとき、コールは災難に見舞われました。見張りをしていたマクドナルド家の息子ルークが、寝ぼけてコールに発砲してきたのです。弾は当たらなかったものの、コールはとっさに反撃し、ルークの腹部を撃ってしまいました。コールはすぐに応急処置をしようとしますが、少し目を離した隙にルークは銃を自分に向けて撃ち、命を絶ってしまいました。腹を撃たれたら死んでしまう、という父親の教えをルークは信じていたのです。

その後、コールはルークの亡骸とともにマクドナルド家の家を訪ね、事情を説明しました。マクドナルドはコールの話に理解を示しましたが、娘のジョーイはその説明に納得できませんでした。その後、ジョーイはコールを待ち伏せし、岩陰からコールを狙い撃ちしました。銃弾はコールの背中に命中しましたが、コールはジョーイが予想した以上に屈強な男でした。コールは痛みでよろけながらも、ジョーイからライフルを奪って川に捨てると、馬に乗って町に戻って行きました。

コールは町に戻ってすぐに医師の治療を受けましたが、背中の銃弾は摘出できず、すぐに腕のいい医師に診せる必要がありました。恋人のモーディーはコールの看病をするつもりでいましたが、コールはすぐにエル・ドラドを出発してしまいました。別れ際、コールは寂しそうな顔をするモーディーにキスをするのでした。

その後たどり着いた町の酒場で、コールはミシシッピという若者と出会う。ミシシッピは酒場にいたチャーリーというガンマンとその仲間たちに突然話しかけ、2年前にチャーリーたちに仲間を殺されたと言い出しました。その場に緊張感が流れる中、チャーリーは銃を抜こうとしました。しかし、ミシシッピがナイフを投げる方が早く、チャーリーは胸をナイフで刺され死んでしまいました。他の仲間の男が怒ってミシシッピに銃を向けようとしますが、コールはとっさに銃を抜いて男の手を撃ちました。すると、チャーリーの仲間マクラウドが仲裁に入り、他の仲間たちにチャーリーの死体を片付けさせました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

ロバート・ミッチャムやジェームズ・カーンがボケ、ジョン・ウェインが突っ込むというやりとりが多く、困難な状況が続く物語を随所で和ませてくれました。ユーモラスな演技を見せてくれる一方で、ガンアクションは見応えがあり、場面は少ないですがカウガールの活躍もかっこよかったです。最後は仲間の銃弾に当たって負傷するというコメディなラストですが、ケガをしながらも町を守る男たちの姿は爽快感がありました。

映画の感想を投稿する

映画「エルドラド」の商品はこちら

IMAGE

エル・ドラド [Blu-ray]

Blu-ray > 外国のアクション映画
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
ジョン・ウェイン(出演),ロバート・ミッチャム(出演),ジェームズ・カーン(出演),シ…

¥1,100
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20