映画:エンドオブホワイトハウス

「エンドオブホワイトハウス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

エンド・オブ・ホワイトハウスの紹介:2013年公開のアメリカ映画。ホワイトハウスが北朝鮮のテロリストに占拠され、大統領が人質にとられたという設定で描くアクション・スリラー映画。アントワーン・フークア監督、ジェラルド・バトラー主演兼制作。

あらすじ動画

エンドオブホワイトハウスの主な出演者

マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)、ベンジャミン・アッシャー大統領(アーロン・エッカート)、アラン・トランブル下院議長(モーガン・フリーマン)、リン・ジェイコブス長官(アンジェラ・バセット)、カン・ユンサクKUF指導者(リック・ユーン)、イ・テウ大韓民国首相(ケオン・シム)

エンドオブホワイトハウスのネタバレあらすじ

【起】– エンドオブホワイトハウスのあらすじ1

マイクはシークレット・サービスで、アッシャー大統領一家を警護する任務についていました。

クリスマスの夜、大統領の別荘キャンプ・デービッドから、大統領夫妻はある会合に参加するため車で移動します。

その夜は吹雪がひどく、倒木が先導車に当たって事故を起こし、大統領夫妻を乗せた車は橋から落ちそうになりました。

マイクはアッシャー大統領の救出を優先します。その結果、ファーストレディ(大統領の妻)を乗せた車が落ち、亡くなりました。

…1年半後。夫人の命を守れなかった責を負い、マイクはデスクワークに異動していました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

  • くでんさんの感想

    北朝鮮によるテロが物語の背景にあるという事で興味を惹かれ見たのだが、結論としては、アメリカンヒーロー的な主人公が、活躍するストーリー展開で楽しめて良かった。
    こういう展開の話はむしろ好きなほうで、お決まりではあるが、世界は救われハッピーエンド!という感じで気持ちが良かった。
    北朝鮮によるテロが主題というところも、タイムリーな危機であることが、映画の世界観に入りやすかった。

映画の感想を投稿する

映画「エンドオブホワイトハウス」の商品はこちら

IMAGE

エンド・オブ・ホワイトハウス スペシャル・プライス [Blu-ray]

Blu-ray > 外国のアクション映画
TCエンタテインメント
ジェラルド・バトラー(出演),モーガン・フリーマン(出演),アーロン・エッカート(出演),アンジェラ・バセット(出…

¥1,784
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20