「エージェント:ライアン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【結】– エージェント:ライアンのあらすじ4

エージェント:ライアンのシーン4

画像引用元:YouTube / エージェント:ライアントレーラー映像

ヴィクトルのセキュリティカードで会社に入るジャック。

レストランでは、キャシーとの会話を楽しんでいるヴィクトル。

うまく忍び込めたジャック。システムへの侵入を開始する。すると帰宅途中の警備主任の車にアラームが入りる。大急ぎで引き返す警備主任。カーチャへ、ビルから誰も出さないように指示を出す。

レストラン。ヴィクトルの肝硬変の進み具合について言い当てるキャシー。ステージ3で余命は3ヶ月もないとヴィクトル。電話が鳴り、画面を確認するとカーチャの文字。そのまま裏返してしまうヴィクトル。

ジャックはシステムに侵入している途中でアクセスコードが必要になり、ウォール街の同僚に電話をして上司に繋ぐように頼む。焦りながらも何とか4171836とコードを入れ作動させることができる。警備主任が到着し、皆がジャックのいる部屋に向かっている。ギリギリでオフィスの裏の専用エレベーターに乗り込む。

レストランでは、ヴィクトルのもとにカーチャがくる。緊急事態の電話を見て、じっとキャシーを見るヴィクトル。外階段で脱出するジャック。ヴィクトルに連れられ、キャシーもビルに向かっている。ジャックは捜査官に財布を渡す。キャシーの腕を掴んでビルの階段を上がっているヴィクトルにスマホを見ながら歩いている女性がぶつかる。女性を振り返り文句を言うヴィクトル。キャシーを振り返るとジャックがキャシーの肩を掴んで謝罪している。ヴィクトルにも飲みすぎたことを謝罪するジャック。ビルから警備主任が出てきてジャックを呼び止める。ヴィクトルに財布を出すように言う警備主任。ヴィクトルは何か思い当たるような顔をして警備主任に財布を渡す。再度謝罪して帰っていくジャックとキャシーを尾行するよう指示するヴィクトル。

CIAのアジトに戻ってきたジャック達。ハーパーにヴィクトルのドルの売り注文は明日でテロも明日だと報告する。車に乗って待っていたキャシー達にヴィクトルの車が突っ込みそのまま誘拐されてしまう。慌てて追いかけるジャック達。キャシーの指輪に仕込んだ通信機を元に追いかける。キャシーを乗せた車にヴィクトルが乗り込んでくる。ジャックに電話をかけ、ロシアの拷問方法で口の中で電球を割り爆発させる方法があると話す。そのまま、キャシーの口を開けさせ電球をくわえさせるヴィクトル。ジャックの車が追いつく直前でトラックにぶつかり、車を降りて走ってヴィクトルの車を追いかけるジャック。フロントガラスを割り車を衝突させ、キャシーを救うジャック。テロは実行されると捨て台詞を吐くヴィクトルを殴って去っていくジャック達。

CIAの機内でアレクサンドルの情報を分析しているジャック達。アレクサンドルがヴィクトルの息子と突き止め、テロの場所はウォール街だと突き止める。

納屋のようなところで、盗んだフォード車に塗装をしているアレクサンドル。車にはすごい量の爆弾を仕込んでいる。

ヘリコプターで現場へ向かうジャックとハーパー。

ウォール街は避難誘導が続きパニックになっている。緊急車両のみ入ることができるような状態。ジャックは警察車両がフォードだと気付き、警察車両を注意深く観察していると、POLICEの青い文字が滲んでいる車両を見つける。ハーパーに伝えようとするが声が届かない。そこへ同僚がバイクで通りかかる。バイクを借りて追いかけ始めるジャック。ハーパーに連絡をし、ビルの地下だと告げるが電波が途切れてどこかまではハーパーに伝わらない。地図を広げて検索するハーパー。地下で爆発が起きると、通気口を通じて複数のビルの崩壊が起こることを確認する。

アレクサンドルが車を止めた場所に追いつくジャック。爆弾を起動させたところに殴りかかり、乱闘となる。

ハーパー達がその場所に追いつくと、もう車がない。ジャックはアレクサンドルの車を運転しながらハーパーに連絡をし、ドルの売り注文まであと2分しかないことを伝え、近くの川までの道を教えるように言う。運転をしながら振り返ると、アレクサンドルが乗っていて爆弾を手動に切り替えている。ハンドルをベルトで固定しアレクサンドルの元へ行くジャック。揉み合いながら川の手前で車から飛び降りるジャック。アレクサンドルをのせたまま車は川へと飛び込み爆発を起こす。

ロシア。ヴィクトルはテロが起きず大損害を被った様子でナポレオンの絵画を見つめている。そこへ大臣のソローキン氏から面会の連絡が入る。前回と同じように森で待っているヴィクトル。そこへソローキン氏の車がやってくる。ヴィクトルは”全てはロシアの為に”と言うと、ソローキン氏は”君の死も”と言い、ヴィクトルは撃たれてしまう。

病院。ベッドで呆然と座っているジャック。キャシーがやってきて無事を確かめ、抱き合う。

ホワイトハウス。大統領との面会を待っているハーパーとジャック。ニヤニヤしているジャックに遠足前の子供の顔はやめろと言うハーパーに無理だねと言うジャック。それでこそ君だと笑うハーパー。

大統領に挨拶をするジャック・ライアン。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エージェント:ライアン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×