映画:カンニングモンキー天中拳

「カンニングモンキー天中拳」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

カンニング・モンキー/天中拳の紹介:1978年に公開されたカンフー映画です。今や世界に誇るカンフースター、ジャッキー・チェン氏が若いスタッフと共に作り上げた作品で、パロディ要素が満載です。たとえばポパイや座頭市などをパロッたシーンが出てきます。なので元ネタを知っていればより楽しめるでしょう。ちなみに本作はロー・ウェイ氏によってお蔵入りにされ、ジャッキー・チェンが有名になってから公開されたそうです。ジャッキー氏いわく「レンタルして観る価値のある映画」だそうです。

あらすじ動画

カンニングモンキー天中拳の主な出演者

ゴン(ジャッキー・チェン)、ミュウ(ジェームス・ティエン)、ヤウイ(カム・コン)、フォン(リー・ハイロン)、フォンの娘(ロン・ジェンエール)、ラウの妹(キム・チンラン)、老人(リー・マンチン)、チョンファ(リー・チーリン)、レウイ(チャン・チーピン)、屁こき男(ディーン・セキ)

カンニングモンキー天中拳のネタバレあらすじ

【起】– カンニングモンキー天中拳のあらすじ1

カンニングモンキー天中拳のシーン1

画像引用元:YouTube / カンニングモンキー天中拳トレーラー映像

木の上で寝ていた青年ゴンは、武芸道場が守衛と雑用係を求めていることを知り、早速向かいました。

ゴンは掃除を言いつけられますが、守衛がやりたいと駄々をこねます。そこへ同じく守衛を志願する大男がやってきました。

鉄の棒を捻じ曲げる大男を見てゴンは逃げ出します。大男は逃がさないとばかりに後を追いかけ、ゴンは鶏小屋に駆け込みました。

ゴンは卵を投げつけ、近くにあった木の棒で頭を殴ります。大男は倒れ、ゴンはその場を去りました。

ゴンは再び守衛と雑用係を求める武芸道場を見つけます。今度は守衛ではなく、雑用係を志願しました。

道場主の部下リュウに案内され、部屋に向かいます。その道中、リュウは化け物みたいな女が泊まっていると説明しました。

部屋につき、ゴンは眠りにつきます。ゴンは薬草を食べ、強くなる夢を見ました。

夜中にふと目を覚ましたゴンは、女の部屋から物音がするのに気付きます。こっそりと覗くと、女が蛇を使って何かをしていました。

そこにリュウがやってきて、部屋を覗き込みます。その瞬間、蛇に噛まれ倒れました。

まずいと思ったゴンは逃げ、道場主の男が部下に後を追えと命じます。部屋にいた女チョンファは道場主のマンに対し、五毒功のジャマをしないでと怒りました。

彼らの願いは不老の玉と速攻治癒丸を奪うことにあります。チョンファはゴンに警戒心を露わにしますが、マンはカンフーの腕のない若者だから心配ないと断言しました。

チョンファが密偵からの連絡について聞くと、マンがフォン・ウァイの一行がこちらに向かっており、3日後にはつくと返します。

チョンファは一行を待ち伏せすることに決め、邪魔する者は始末しろと、マンに命じました。

逃げ出したゴンは、2人の男が戦っている場に遭遇しました。片方はラウという男で、悪党のシーを倒そうとしていたのです。

両者は相打ちになり、ゴンは近づきます。ラウはシーの手配書を持っており、そこには懸賞金について記されていました。

ゴンはシーの遺体を引き渡し、楓県の領主から懸賞金を受け取ります。名を聞かれたゴンは口ごもりますが、ラウの鞭を持っていたため、ラウ本人だと勘違いされました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

ディーン・セキ演じる屁をこく男が良い味を出していました。ジャッキー・チェンは当初は嘘つき野郎でしたが、ストーリーが進むにつれ、正義にあふれた熱い男になっていきました。フォンの娘やラウの妹のアクションもかっこ良かったですし、満足できる作品です。ただラスボスの存在が唐突過ぎたように感じました。

映画の感想を投稿する

映画「カンニングモンキー天中拳」の商品はこちら

IMAGE

カンニング・モンキー/天中拳 [Blu-ray]

Blu-ray > 外国のアクションコメディ映画
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
ジャッキー・チェン(出演),チェン・チー・ホワ(監督)

¥980
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20