映画:ガンパウダー・ミルクシェイク

「ガンパウダー・ミルクシェイク」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

ガンパウダー・ミルクシェイクの紹介:2022年3月18日公開のアメリカ映画。『オオカミは噓をつく』でクエンティン・タランティーノから絶賛されたイスラエル出身監督ナヴォット・パプジャッドが手掛けるシスターフッドアクション映画。ネオンの光るクライムシティを舞台に殺し屋サムの戦いを描く。主演はマーベル映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでネビュラ役を務めたカレン・ギラン。また、「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズのレナ・ヘディ、ミシェル・ヨーらが共演する。

ガンパウダー・ミルクシェイクの主な出演者

サム – カレン・ギラン 若い頃のサム – フレイヤ・アーラン スカーレット – レナ・ヘディ アナ・メイ – アンジェラ・バセット ネイサン – ポール・ジアマッティ フローレンス – ミシェール・ヨー マデリン – カーラ・グギノ エミリー – クロエ・コールマン ヤンキー – イヴァン・ケイ ヴァージル – アダム・ナガイティス ジム・マカレスター – ラルフ・アイネソン ショッカー – デヴィッド・バーネルIV世

ガンパウダー・ミルクシェイクのネタバレあらすじ

【起】– ガンパウダー・ミルクシェイクのあらすじ1

ガンパウダー・ミルクシェイクのシーン1

画像引用元:YouTube / ガンパウダー・ミルクシェイクトレーラー映像

アメリカの裏社会には、「会社(ファーム)」と呼ばれる組織があります。それはずっと昔からある仕事です。

自宅に戻った若い女性・サマンサこと通称:サムは、冷蔵庫から牛乳とバニラアイスを取り出すと、それらを飲み食いしながら腕の傷を縫っていました。サムはファームに所属する殺し屋で、その日も手筈どおりに「仕事」をしに行ったのです。ところが予想外に敵の数が多く、蓋を開けると銃撃戦になっていました。サムは敵との銃撃戦に思いを馳せます。

組織との連絡係であるネイサンという男性から、サムに電話があります。「ダイナーに来い」と言われたサムは、出かけて行きます。その店を見たサムは、昔のことを思い出します…。

〔15年前〕

それはまだサムが少女だったころ。ダイナーは昔も今も非武装地帯です。ウエイトレスのローズが店に入る前にボディチェックをし、ダイナーには武器の持ち込みは禁止になっていました。

母・スカーレットと待ち合わせをしていたサムは、ミルクシェイクアイスを注文していました。ストローは2本刺さっていますが、待ち合わせの相手のスカーレットがなかなか来ません。3時間遅れでやってきたスカーレットは、仕事帰りのようでした。スカーレットは殺し屋だったのです。

スカーレットに「持ってきた?」と聞かれたサムは、図書館にある本を渡しました。外側は本ですが、なかには紙が切り取られて銃がはめこまれています。それを見たスカーレットは「アナ・メイはいい腕をしている」と答えました。そしてサムに自分はしばらく身を隠すことと、サムはネイサンに面倒を見てもらう手筈になっていると話します。嫌だと答えてもスカーレットは聞き入れませんでした。スカーレットは、サムが注文したミルクシェイクアイスが手つかずなのを指摘し、サムは「ママと飲みたかった」と答えました。スカーレットとサムは見つめ合いながらストローでシェイクを飲みます。

スカーレットが席を立って中座しているあいだに、その場にロシア人の男たちがやってきました。その男はサムの頬にナイフを押しあてると、スカーレットの居場所を聞こうとします。

そこへスカーレットが戻ってくると銃撃戦を始めました。あっという間に男たちを全滅させると、去っていきました。追おうとするサムを、連絡役のネイサンが引き止めます…。

…15年前のことを思い出したサムは、ダイナーでやはり当時と同じミルクシェイクアイスを頼んでいました。ストローは1つです。ネイサンと話し合ったサムが予定「以上」に人を殺したと報告すると、ネイサンは「言われたことだけをやれ」と注意します。

ネイサンはサムに、新たな依頼をします。

サムが所属するファームの金を、会計士の男が持ち逃げしたのだそうです。男を追って大金を取り戻せというのが任務でした。大虐殺をした銃は、足がつかないように処分しろとサムは言われます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ガンパウダー・ミルクシェイク」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×