映画:キングスマン

「キングスマン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

キングスマンの紹介:2015年9月公開のイギリス映画。『キック・アス』のマシュー・ボーン監督が、コリン・ファースを主演に迎えて描いた、スパイ・アクション。どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関〝キングスマン〟のスパイたちが、前代未聞の人類抹殺計画を進める凶悪な敵に立ち向かう姿を描く。サミュエル・L・ジャクソンが恐るべき敵役を、貫禄たっぷりに演じる。

あらすじ動画

キングスマンの主な出演者

ゲイリー・アンウィン〔エグジー〕(タロン・エガートン)、ハリー・ハート〔コードネーム:ガラハッド〕(コリン・ファース)、リッチモンド・ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)、マーリン(マーク・ストロング)、アーサー(マイケル・ケイン)、ロキシー(ソフィ・クックソン)、ガゼル(ソフィア・ブテラ)、ミシェル・アンウィン(サマンサ・ウォマック)、ディーン(ジェフ・ベル)、チャーリー(エドワード・ホルクロフト)、アーノルド教授(マーク・ハミル)、ランスロット(ジャック・ダヴェンポート)、ティルデ王女(ハンナ・アルストロム)

キングスマンのネタバレあらすじ

【起】– キングスマンのあらすじ1

キングスマンのシーン1

画像引用元:YouTube / キングスマントレーラー映像

中東、1997年。

作戦を実行していたキングスマン(後述)たちは苦戦していました。爆撃を受け、潜伏していた建物は破壊されます。

しかしキングスマンたちは目標(ターゲット)のファルコンを確保しました。居所を吐かせようと尋問している最中、相手は手榴弾を持っており、自爆します。

コードネーム〝ランスロット〟が咄嗟に相手を抱きかかえる形で、メンバーの犠牲を最小限に抑えました。しかしランスロットは命を落とします。

後日、ランスロットの同僚ハリー・ハートが遺族の元に行き、勲功のメダルを渡しました。メダルは必ず役に立つ、そう告げるのですが、妻は悲嘆に暮れていて話を聞きません。

ハリー・ハートはまだ幼い息子・エグジーの首にメダルをかけ「困った時はコインの裏の番号に電話しろ」「暗号は『ブローグではなくオックスフォード』だ」と告げました…。

…アルゼンチン、17年後。

拉致されたアーノルド教授を奪還しようと、キングスマンたちは動いていました。

キングスマンはどこの国にも所属しない、国際的な独立諜報機関です。ある人物の、宙に浮いた多額の遺産が元手となって、善行のために動いていました。

アーノルド教授を救うために、アルゼンチンの山小屋にひとりの紳士、コードネーム〝ランスロット〟(先述の人とは別人。名前は代々受け継がれる)が赴きましたが、女性に殺されます。

女性はIT企業の億万長者リッチモンド・ヴァレンタインの秘書をする黒髪の若い女性・ガゼルです。

ガゼルの両足は鋼鉄製の義足で、普段は弓なりになった部分で歩行しますが、フェンシングの剣のような刃が足の裏から出てくるようになっていました。戦闘能力の高いガゼルは、ここぞという時には足技で相手を倒します。

ランスロットもガゼルの足の刃によって、身体を左右に真っ二つにされました。

…後日、キングスマンの会議がイギリス・マンチェスターの名門紳士服メーカー〝サヴィル・ロウ〟の店の奥で行なわれます。店の名は「キングスマン」です。

キングスマンは表向きは背広店でありながら、店の奥はスパイの本拠地となっていました。

キングスマンのリーダー・アーサーが諜報員を呼び、会議をおこないます。世界の各地に散ったスパイは、専用の眼鏡をかけると互いが見えるようになっています。

亡くなったランスロットは、生物兵器を開発している会社に潜入していました。

ウガンダでは2012年にカチノンという薬物をゲリラ基地の水道に混入される事件が起き、飲んだ者が凶暴化して暴れる事件が起きていました。

さらに2013年にチェチェンでも反乱軍同士が殺し合う事件がありましたが、化学薬品使用の形跡はありませんでした。

ランスロットはこれらの事件を調べており、アーノルド教授に辿り着いて死んだのです。

しかしその問題のアーノルド教授は生存しており、大学に戻って出勤しています。不思議なことでした。

リーダーのアーサーは皆に、今回の事件の解明を進めることと、亡くなった〝ランスロット〟の後釜を決めるために、近日新たな諜報員を加えるテストを行なうと告げます。

新たなスパイ採用については基本的にはスカウト制で、キングスマンたちが見つくろった若者を連れて来ます。テストで最終まで残った者が、次の〝ランスロット〟を名乗ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「キングスマン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ