映画:クローズEXPLODEエクスプロード3

「クローズEXPLODEエクスプロード3」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

クローズ EXPLODEの紹介:2014年公開の日本映画。高橋ヒロシの漫画『クローズ』を原作とした映画シリーズ第3弾。『クローズZEROⅡ』から一ヶ月後の鈴蘭高校。滝谷や芹沢らが卒業し、空席になった鈴蘭の頂点を狙い、新三年生たちが群雄割拠していた。そこに現れた二人の男、鏑木と加賀美によって黒咲工業やODAを巻き込んだ大抗争に発展する。

あらすじ動画

クローズEXPLODEエクスプロード3の主な出演者

鏑木旋風雄(東出昌大)、加賀美遼平(早乙女太一)、小岐須健一(勝地涼)、高木哲次(KENZO)、岩田五郎(矢本悠馬)、桃山春樹(奥野瑛太)、寺島総司(遠藤雄弥)、本多保(柿澤勇人)、織田政志(柳俊太郎)、林田恵(深水元基)、角住賢一(野替愁平)、丸山健一(丞威)、山下甲兵(ELLY)、柴田浩樹(岩田剛典)、藤原一(永山絢斗)、強羅徹(柳楽優弥)、片桐拳(やべきょうすけ)、牧瀬隆史(高橋努)、中田あや(浅見れいな)、鏑木風子(高岡早紀)、内田美枝(広瀬すず)、真島修(鬼丸)、奈良岡精三(板尾創路)

クローズEXPLODEエクスプロード3のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①焚八商業高校を喧嘩で退学になった旋風雄は鈴蘭高校に転入する。鈴蘭はトップが不在のまま新学期を迎えていた。強羅などつわものたちが揃い頂上をめざす中、旋風雄は喧嘩をしないと決めていた。 ②少年院から出た藤原と黒咲工業の柴田との因縁、強羅と1年生・遼平の因縁、奈良岡が中田オートを潰す企みが入り乱れ、旋風雄も立ち上がらざるをえなくなる。遼平を倒した旋風雄は鈴蘭ナンバーワンをかけ、リンダマンに挑む。

【起】– クローズEXPLODEエクスプロード3のあらすじ1

クローズEXPLODEエクスプロード3のシーン1

画像引用元:YouTube / クローズEXPLODEエクスプロード3トレーラー映像

鈴蘭高校は、不良ばかりが集まる高校です。詰襟の黒い制服を着た鈴蘭高校の不良たちのことを、世間では「カラスの集団(クローズ)」と見ていました。

鈴蘭高校を束ねた者はいまだおらず、そこでてっぺん(頂点)を取れると大成すると思った滝谷源治は、高校3年に転入してから、喧嘩をしながらも仲間を増やしていきました(『クローズZERO』『クローズZERO Ⅱ』参照)…。

…鈴蘭高校を滝谷源治や芹沢多摩雄らが卒業してから約1か月後…。

新年度を迎えた鈴蘭高校に、新入生が入ってきました。新高校3年生になった者たちは、頂点を目指します。リンダマンこと林田は3年生になりました。

鏑木旋風雄(かぶらぎ かぜお)は児童養護施設『太陽学園』出身の男子生徒です。母・風子(ふうこ)は旋風雄に愛情を持っているものの、経済力がなくて養護施設に預けました。

施設の子どもたちには優しいけれども、喧嘩に明けくれていた旋風雄は、焚八商業高校を喧嘩のせいで退学になり、鈴蘭高校に転入します。

小岐須健一(おぎす けんいち)、岩田五郎、桃山春樹の3人は3年A組で一番小さなグループです。今度転校してくる男・旋風雄が半端ないバケモノだと聞き、なんとか自分たちのグループに入れたいと考えました。

小岐須たちは、転入早々から旋風雄に何かを声をかけますが、旋風雄は「俺は喧嘩しねえんだよ」と言います。

旋風雄が喧嘩をしないと決めたのには、理由があります。

旋風雄の父・俊輔はかつてプロボクサーでしたが、試合中に倒れて死にました。旋風雄も病院についていったので知っています。

その時、父の死を悲しむ母・風子の姿も見ていました。焚八商業高校を喧嘩が理由で退学になった旋風雄は、これ以上母親を悲しませたくないと思い、喧嘩を封印したのです。

鈴蘭高校で最も勢力が強いのは強羅徹(ごうら とおる)一派で、強羅はグループを率いています。

その強羅と高木哲次がタイマン勝負をしようとした際に、旋風雄を撥ねた(軽く接触した程度)車がありました。降りて来たのは新1年生の加賀見遼平です。

遼平は旋風雄を轢いておきながら無視してその場を去り、怒った旋風雄は強羅の手下を一発でノックダウンさせます。こうして旋風雄は、期せずして勝手にランキングされました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「クローズEXPLODEエクスプロード3」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×