映画:クローズZERO

「クローズZERO」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

クローズZEROの紹介:2007年公開の日本映画。高橋ヒロシの漫画『クローズ』を原作とし、続編『クローズZERO II』が2009年に制作され、またさらに新章にあたる『クローズEXPLODE』が2014年4月に公開予定である。

あらすじ動画

クローズZEROの主な出演者

滝谷源治(小栗旬)、芹沢多摩雄(山田孝之)、逢沢ルカ(黒木メイサ)、伊崎瞬(高岡蒼甫)、辰川時生(桐谷健太)、牧瀬隆史(高橋努)、片桐拳(やべきょうすけ)、黒岩義信(塩見三省)、矢崎丈治(遠藤憲一)、滝谷英雄(岸谷五朗)

クローズZEROのネタバレあらすじ

【起】– クローズZEROのあらすじ1

クローズZEROのシーン1

画像引用元:YouTube / クローズZEROトレーラー映像

鈴蘭男子高等学校は、学力偏差値は低く暴力偏差値が高い、猛者たちが集まる不良学校です。

多くの派閥が存在しているため頂点(てっぺん)を取ったものは今まで存在せず、「鈴蘭を制覇した者はワルの王者で、社会に出てからも通用する」という伝説までできています。

高校3年の春、源治は鈴蘭高校に編入しました源治の父・英雄は劉生会滝谷組の組長です。

英雄は鈴蘭高校のOBで、在学中に鈴蘭を制覇できなかった男でもありました。

源治は父が果たせなかった夢を自分が果たすことによって認めてもらい、滝谷組を継がせてもらうために転校したのでした

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「クローズZERO」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×