映画:グリーンゾーン

「グリーンゾーン」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

【転】– グリーンゾーンのあらすじ3

CIAとして働くことになったミラーは、マーティからサイードを買収するように言われます。そしてアル・ラウィも買収するようにと100万ドルを渡されます。

パウンドストーンがCIAの本部に連絡して、手帳をマーティから取り上げます。時間が無い事を悟るミラーでした。

ミラーはサイードが拘束されている基地に向かいます。他の囚人を使って、サイードから情報を聞き出します。その情報は「ヨルダン」でした。

ミラーはローリーの記事を見ます。そこでマゼランの事が書いてあることに気づきます。

直にローリーと会ってマゼランの事を聞くと、聞いただけで裏付けをとってないことが分かります。会合が開かれた場所だけは保護のため、言わないようにと情報元から言われていました。

ミラーは答えを見つけます。マゼランとはアル・ラウィだったのです。会合が開かれたのはヨルダンでした。

マーティにその事を知らせると、パウンドストーンが戦争が始まる前にヨルダンで会合を開いている事が分かります。

パウンドストーンはアル・ラウィが破壊兵器は破棄した証言を捻じ曲げて、戦争の理由にしていたのです。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4

「グリーンゾーン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×