映画:ゲッタウェイ

「ゲッタウェイ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アクション映画

ゲッタウェイの紹介:スティーヴ・マックィーン、アリ・マッグロー主演のアクションクライム映画。1972年製作のアメリカ映画で、サム・ペキンパー監督にとって最大のヒット作となった。1994年には、アレック・ボールドウィン、キム・ベイシンガーの主演でリメイクされている。

ゲッタウェイの主な出演者

ドク・マッコイ(スティーヴ・マックィーン)、キャロル(アリ・マッグロー)、ベイノン(ベン・ジョンソン)、ルディ(アル・レッティエリ)

ゲッタウェイのネタバレあらすじ

【起】– ゲッタウェイのあらすじ1

銀行強盗の罪で服役しているドク・マッコイは模範囚でありながら、なかなか仮釈放されずにいました。

マッコイは妻のキャロル経由で政治家のベイノンに協力を乞い、4年ぶりに自由の身となります。

釈放され、キャロルとの時間を楽しむマッコイでしたが、ベイノンはすぐに協力の見返りを求めて来ましたそれは、ある地方銀行を襲って大金を盗むというもの。

そして、現場を混乱させるために次々と爆破事件を起こし、メキシコに逃亡する、という筋書きでした。

助っ人として部下のルディとフランクを紹介されましたが、経験の浅い若造と仕事をすることにマッコイは不安を感じていました 犯行当日、マッコイが抱いていた嫌な予感は的中することになります。

キャロルは運転手、爆弾仕掛け役となってマッコイたちの強盗をサポートし、強盗は順調に進んでいるかのように見えました。

しかし、強盗の最中、激しい興奮状態にあったフランクが警官を射殺してしまいますそのことを理由に、逃亡中ルディはフランクを殺害、そして金を独り占めしようと、次はマッコイの命を狙います。

しかし、マッコイは鋭い銃さばきでルディを圧倒し、何発もの銃弾をルディに浴びさせます。

ルディを始末したマッコイは、キャロルとともにベイノンの元へ向かいました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ゲッタウェイ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×