映画:コマンドー

「コマンドー」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

コマンドーの紹介:1985年に全米で公開されたマーク・L・レスター監督によるアクション映画。日本公開は翌年。『コナン・ザ・グレート』『ターミネーター』のヒットによりアクションスターとしての地位を築いたアーノルド・シュワルツェネッガーが次に選んだのが本作であり、寡黙だがユーモア感覚のある戦闘のプロという彼にとって最大公約数のヒーローイメージを確立した記念すべき作品でもある。そのノリのいいギャグ描写とそれを的確に生かした翻訳によって日本のネットユーザーの間でもカルト的な人気を有している。製作は『リーサル・ウェポン』、『ダイ・ハード』、『マトリックス』などアクション映画で定評のあるジョエル・シルバーとローレンス・ゴードン。また脚本のスティーヴン・E・デ・スーザも『ダイ・ハード』『48時間』などでも知られている。

あらすじ動画

コマンドーの主な出演者

ジョン・メイトリックス(アーノルド・シュワルツェネッガー)、ジェニー(アリッサ・ミラノ)、シンディ(レイ・ドーン・チョン)、カービー将軍(ジェームス・オルソン)、ベネット(ヴァーノン・ウェルズ)

コマンドーのネタバレあらすじ

【起】– コマンドーのあらすじ1

ある日、アメリカの閑静な住宅街でゴミ出しに来た男が清掃員に射殺されたり、カーショップでディーラーがひき逃げされたり、猟師が船ごと爆死したりと、人々が次々と殺されていく事件が起きます。彼らは以前、軍の精鋭部隊コマンドーに所属していた隊員たちでした。

そのリーダーであるジョン・メイトリックス大佐は、山奥の山荘で一人娘のジェニーと静かな生活を送っていました。しかし、そんな彼のもとにかつての上司カービー将軍が訪れます。将軍はメイリックスの部下であったコマンドー隊員たちが暗殺されていったことを伝え、護衛として部下を残して去っていきます。

その直後、謎の武装集団が山荘を襲撃してきました。護衛たちは殺され、ジェニーが誘拐されてしまいます。メイトリックスは彼らを追跡したものの失敗し、自らも捕まってしまいました。

襲ってきた敵は、過去にメイトリックス率いるコマンドー部隊によって失脚した南米のバル・ベルデ共和国の独裁者アリアスと、その部下たちでした。彼らの中にはメイトリックスのかつての部下で、殺害されたはずのベネットも加わっていました。ベネットは殺人を楽しむ残虐な性格だったためコマンドー部隊から追放され、そのことを恨みに思っていてアリアスに協力したのです。

アリアスはジェニーの命と引き換えに、現在のバル・ベルデ大統領を暗殺するようメイトリックスに強要するのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「コマンドー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×