映画:コロンビアーナ

「コロンビアーナ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

コロンビアーナの紹介:2011年公開。美しき暗殺者、カトレアの復讐の物語を描いた作品。主演は「アバター」のゾーイ・サルダナ。監督は「96時間/レクイエム」のオリヴィエ・メガトン。脚本は「レオン」のリュック・ベッソンと「ベスト・キッド」シリーズのロバート・マーク・ケイメン。「ブロウ」のジョルディ・モリャや「エイリアス」のマイケル・ヴァルタンも出演した映画。

あらすじ動画

コロンビアーナの主な出演者

カトレア・レストレポ(ゾーイ・サルダナ)、マルコ(ジョルディ・モリャ)、ジェームズ・ロス(レニー・ジェームズ)、幼少期のカトレア(アマンドラ・ステンバーグ)、ダニー・デラネイ(マイケル・ヴァルタン)、エミリオ・レストレポ(クリフ・カーティス)、ドン・ルイス(ベト・ベニテス)

コロンビアーナのネタバレあらすじ

【起】– コロンビアーナのあらすじ1

コロンビアーナのシーン1

画像引用元:YouTube / コロンビアーナトレーラー映像

1992年、カトレアは両親と共にコロンビアで暮らしています。父のファビオは、マフィアのボスであるドン・ルイスの仕事をしていました。

ファビオは、ルイスの情報の入ったカードを手に入れていました。ルイスは部下のマルコ達に取り返してくるように指示します。

危機を感じたファビオは、幼い娘のカトレアにカードを託します。このカードがカトレアを守ってくれると話します。

そしてシカゴにいる叔父のエミリオを頼るように言います。マルコ達によって、ファビオと妻は殺されます。

マルコはカトレアにカードを渡して欲しいと頼んできます。カトレアはマルコの手にナイフを刺して逃げ出します。

追っ手を振り切ったカトレアは、アメリカ大使館に行きます。そしてカードと引き換えにパスポートを手に入れます。

アメリカに到着して、保護されているカトレアは護衛を振り切ります。そしてエミリオに会いに行きます。

エミリオは、息子を失っていました。彼はカトレアを学校に通わせようとします。

しかし、カトレアは殺し屋になりたい事から、学校に行きたくないと言い出します。

エミリオは利口になって、世の中の仕組みを知るには学校が大切だと教えます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「コロンビアーナ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×