映画:ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦

「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦の紹介:2011年に公開された特撮映画で、「スーパー戦隊シリーズ」としては初となる長編作品でもあります。「海賊戦隊ゴーカイジャー」の劇場版となりますが、他にも様々なスーパー戦隊のレジェンドが登場します。歴代の35戦隊から総勢199名の戦士が出演し、そのうえ歴代の巨大ロボも登場するなど、特撮ファンには堪らない作品になっています。ちなみにレジェンド戦士たちはオリジナルキャストが演じています。

あらすじ動画

ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦の主な出演者

キャプテン・マーベラス/ゴーカイレッド(小澤亮太)、ジョー・ギブケン/ゴーカイブルー(山田裕貴)、ルカ・ミルフィ/ゴーカイイエロー(市道真央)、ドン・ドッゴイヤー/ゴーカイグリーン(清水一希)、アイム・ド・ファミーユ/ゴーカイピンク(小池唯)、アラタ/ゴセイレッド(千葉雄大)、エリ/ゴセイピンク(さとう里香)、アグリ/ゴセイブラック(浜尾京介)、モネ/ゴセイイエロー(にわみきほ)、ハイド/ゴセイブルー(小野健斗)、青梅大五郎/デンジブルー(大葉健二)、天火星・亮/リュウレンジャー(和田圭市)、胡堂小梅(菊地美香)、海城剛/アカレンジャー(誠直也)、番場壮吉/ビッグワン/アオレンジャー(宮内洋)、サラリーマン(坪倉由幸)、黒十字王/黒十字城(神谷明)

ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦のネタバレあらすじ

【起】– ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦のあらすじ1

ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦のシーン1

画像引用元:YouTube / ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦トレーラー映像

天装戦隊ゴセイジャーは地球を救った直後、全銀河の支配を企む宇宙帝国ザンギャックが攻めてきました。ゴセイジャーは地球を守るため、ザンギャックの大群に立ち向かいます。

ですが巨大ロボであるゴセイグレートが壊されたことで、ゴセイジャーはピンチに陥りました。

そこへ駆けつけたのが、秘密戦隊ゴレンジャーのアカレンジャー、ジャッカー電撃隊のビッグワン、特捜戦隊デカレンジャーのデカマスターとデカスワン、魔法戦隊マジレンジャーのウルザードファイヤーとマジマザー、轟轟戦隊ボウケンジャーのズバーン、獣拳戦隊ゲキレンジャーのリオとメレ、侍戦隊シンケンジャーの姫シンケンレッドらレジェンド戦士です。

彼らだけでなく、歴代スーパー戦隊全戦士が動き出しました。全スーパー戦隊が一同に介し、宇宙帝国ザンギャックと戦います。

総大将アカレンジャーを中心にスーパー戦隊は全エネルギーを振り絞り、宇宙帝国ザンギャックを退けます。

後に「レジェンド大戦」と呼ばれることになる戦いが終わり、ゴセイジャーは目を覚ました。彼らの前にはボウケンレッドこと明石暁、ゴーオンイエローこと桜山早輝、シンケングリーンこと谷千秋、シンケンゴールドこと梅盛源太がいます。

ゴセイジャーは明石から変身することはできないと説明されました。そうスーパー戦隊はザンギャックを追い払う代償として、すべての力を失ってしまったのです。その力はレンジャーキーとして全銀河に散らばりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×