「サバイバル・シティ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

サバイバル・シティの紹介:2021年製作のアメリカ映画。ブルース・ウィリスが「沈黙の鉄槌」のジェームズ・カレン・ブレザック監督と組んだアクションスリラー。ベテラン刑事のデビッドと相棒のキャルは麻薬組織の取引現場押さえようとするが、組織に見つかり、キャルを脱出させるためにデビッドは自ら人質となる。共演は「レフト・ビハインド」のチャド・マイケル・マーレイ、「リーサル・ストーム」のスウェン・テメルほか。劇場発信型映画祭『未体験ゾーンの映画たち 2022』にて上映。

あらすじ動画

サバイバル・シティの主な出演者

チャド・マイケル・マーレイ(エリック) ブルース・ウィリス(デビッド・ワトソン) スウェン・テメル(キャル) マイケル・シロウ(フランク) ケイト・カッツマン(バイオレット) ザック・ウォード(ミッキー・ジャン) サイモン・フィリップス(イングリッシュ) ショーン・カナン(エド) ドナ・デリコ(カーリー) サラ・ローマー(ハンナ)

サバイバル・シティのネタバレあらすじ

【起】– サバイバル・シティのあらすじ1

サバイバル・シティのシーン1

画像引用元:YouTube / サバイバル・シティトレーラー映像

アメリカ。現在。

古い倉庫のような建物の前に1台の車が来ると、停車します。車から降りてきたのは金髪でタトゥーだらけの男性ミッキー・ジャンと、同じく金髪の派手な装いの女性・バイオレットです。2人は恋人同士のようで「キマってるわよ」とバイオレットがミッキーに声をかけながら、建物に入っていきました。

それを離れた場所に止めている車中から、2人の男が見ていました。ベテラン刑事のデビッド・ワトソンと、相棒のキャルです。デビッドは応援を要請しようと言いますが、木が流行ったキャルは取引現場に踏み込もうと言います。ミッキーらは悪質な麻薬組織の一員ですが、現場を押さえられず逮捕できずにいるのです。デビッドは慎重にと言いますが、キャルは突入したがりました。キャルとデビッドは建物に入ります。(映画タイトル)

キャルは車を運転しながら逃げています。つい先ほど起こったことを、キャルは運転しながら回想していました。

…バイオレット、ミッキーは倉庫内にいた背広の男・フランクと会います。そこへキャルとデビッドが倉庫に踏み込みましたが、キャルが音を立てて気づかれました。銃撃戦になってデビッドとミッキーがそれぞれ、わき腹を撃たれます。デビッドはキャルに逃げろと言い、キャルはデビッドを現場に残して撤退しました…。

ケガをしたミッキーとバイオレットが車で逃げ、それをキャルが追跡します。ミッキーらは途中にある「サマー・キャニオン・ファームズ」という農場に逃げ込みました。キャルもそれを追って農場に入ります。

サマー・キャニオン・ファームズは、森のそばにある農場です。白い屋根の屋敷にはあるじのエリックが、失意に暮れて2階のベッドで横たわっていました。

エリックは元軍人の男です。戦地で負傷したエリックは看護師のハンナと出会い、恋に落ちました。軍人を辞めてハンナと結婚し、農場経営に励みます。幼い娘にも恵まれて幸せな暮らしは、交通事故で妻子を失うことで奪われてしまいました。つい2週間前のことです。

エリックはヘッドホンをつけて音楽を聴きながら、ベッドに横たわり酒を喰らって悲しみに暮れているところでした。留守電には隣人のアンドリューが心配してメッセージを残しますが、エリックは出ませんでした。

ミッキーとバイオレットが家に入り、キャルも追いつきます。男2人が取っ組み合いを始めます。台所で戦った際にガラスが割れた音がして、ヘッドホンで音楽を聴いていたエリックも侵入者に気づきます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「サバイバル・シティ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×