「サバイバル・シティ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【承】– サバイバル・シティのあらすじ2

サバイバル・シティのシーン2

画像引用元:YouTube / サバイバル・シティトレーラー映像

エリックは猟銃を持って降りました。ちょうどキャルがバイオレットを捕まえてナイフを向けているところで、悪そうなミッキーがそれを見ているところです。ミッキーはエリックの隙をついて猟銃を取り上げると、銃を向けて脅しました。

キャルが刑事だと身元を明かし、悪党のミッキーとバイオレットを追ってきたと話しました。ミッキーは銃で両手がふさがっているので、エリックに命じてスマホで位置情報を仲間に伝えろと言います。エリックがミッキーに固定電話の場所を教え、隙をみてキャルが逃げました。キャルは右肩を被弾します。エリックも逃げます。

離れた場所にある納屋に隠れた2人は、お互いに話をします。キャルは詳しい事情を話してエリックに避難するようにと言いました。エリックは懐から酒を出してキャルの傷口にかけますが(消毒)、「ここは俺の農場だ」と言って逃げるのを拒否します。

ミッキーは上司のフランクから電話を受けました。そっちへ行くから農場の住人を殺しておけと言われます。

母屋を観察するキャルですが、なかなか近づくことができません。エリックが農場内を歩いて移動をしていると、2台の車が接近しているのを見ました。

新たにやってきた車には、フランクと手下たち、ケガをしたデビッド刑事も乗っていました。

デビッド刑事を見つけたキャルは接近しようとしますが、車外に出たフランクが苛立たし気に上空に向けて威嚇発砲しました。デビッド刑事が「キャル、走れ」と言い、それに反応してキャルは逃げます。逃げる気配に気づいたフランクは、手下たちに探せと命令します。

フランクはバイオレットとミッキーがいる母屋に車で来ると、デビッド刑事を椅子に拘束してイングリッシュという男に見張りをさせます。ミッキーはボスのマイケルの義兄でした。そのためぞんざいな扱いはできませんが、フランクは内心ミッキーのことをお荷物だと思っています。

その頃、キャルは農場の敷地内を歩いてきたエリックと合流して、倉庫に入って隠れました。そこへ2人の手下ロブとカーリーがやってきたので、キャルとエリックは銃を取り上げて戦います。ロブを倒して2人は逃げました。フランクに、ロブが死亡した知らせが入ります。

キャルと逃げたエリックは、自分の過去を話します。イラク戦争で負傷して1年間全身ギプス状態だった自分が看護師のハンナに救われたこと、結婚して農場で暮らしていたのに、2週間前に妻子を事故で亡くしたことを話すと、キャルは慰め励ましました。

エリックは気持ちが落ち着きました。キャルは、囚われのデビッド刑事を奪還しようと考えます。エリックは「あそこは妻と過ごした俺の家だ」と言い、家のほうに戻ると言いました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「サバイバル・シティ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×