映画:サバイバー(2015年)

「サバイバー(2015年)」のネタバレあらすじと結末

サバイバー(2015年)の紹介:伝説のテロリストに追われる外交官が、人々を救うため立ち上がるという映画です。この映画最大の特徴は「バイオハザードシリーズ」のミラ・ジョヴォヴィッチと「5代目ジェームズ・ボンド」のピアース・ブロスナンの二人が共演していることです。大ヒット映画シリーズの主人公を務めた二人が敵対している映画だけあって、アクションは激しいものになっています。二大スターの夢の共演を楽しめるのが一番のウリの映画だと言えるでしょう。

あらすじ動画

サバイバー(2015年)の主な出演者

ケイト・アボット(ミラ・ジョヴォヴィッチ)、時計屋(ピアース・ブロスナン)、サム・パーカー(ディラン・マクダーモット)、クレイン駐英大使(アンジェラ・バセット)、ビル(ロバート・フォスター)、エミール・バラン(ロジャー・リース)、アンダーソン警部(ジェームズ・ダーシー)、サリー(フランシス・デ・ラ・トゥーア)

サバイバー(2015年)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- サバイバー(2015年)のあらすじ1

サバイバー(2015年)のシーン1 アフガニスタンのカンダハルで、アメリカ兵がテロリストの襲撃に遭っていました。救出のためヘリコプターが現地に飛びましたが、テロリストに落とされてしまいます。救出に来た二人の兵士をテロリストは捕まえ、人質になりそうな方だけを生かして、もう一人を処刑します。

イギリスのロンドンにあるアメリカ大使館にケイト・アボットがやってきます。彼女は大使館に来たばかりですが、エリート職員として将来を期待されてるほどの逸材です。彼女の仕事は、アメリカへのテロリストの入国を防ぐことでした。
ある日、ルーマニアの医師バランに不信感を抱いたケイトは正体を探るため、いろいろと質問します。するとビル・タボットがやってきて、バランを入国させてしまいます。
ケイトはバランの経歴を秘密裏に調べ、医療ガスの専門家であることを知ります。大手製薬会社の顧問であるバランがどうして入国しようとしたのか不信に思ったケイトは、関連情報も調べ上げます。すると近年の科学者の入国に、ビルが関わっていることが分かったのです。ケイトは詳しく調査する必要があると思いました。
しかし調査の途中でスコットランドヤードのアンダーソン警部に邪魔され、クレイン駐英大使からも調査を止めるようにと注意されています。クビになるかもしれない状況にまでケイトは追い詰められましたが、上司のサム・パーカーがかばってくれたおかげで事なきを得ました。
サムはケイトの能力を信頼していたのです。ケイトは誰にもバレないようバランの調査を始めました。

【承】- サバイバー(2015年)のあらすじ2

サバイバー(2015年)のシーン2 アメリカへの入国に成功したバランは、ケイトの危険性を報告しました。それを聞いた男はケイトを始末するため、とある時計店へと行きました。その奥にいる男は時計屋と呼ばれる凄腕の殺し屋だったのです。依頼を受けた時計屋はリモート爆弾を作り上げ、ケイトを始末するための準備を始めます。

12月30日はビルの誕生日だったため、ケイトは同僚と共に祝うことになります。ビル行き着けのレストランに行く前に、ケイトは近くのお店でプレゼントを買うことにしました。プレゼントを選んでいると、突然レストランが爆発し、ケイトも爆風に巻き込まれてしまいます。
運良く生き残ったケイトはお店の外に出て、レストランへと急ぎます。同僚は全員死んでいました。それでも彼女は近くにいた男に助けを求めます。
その男、時計屋は銃を取り出し、ケイトに向けました。ケイトは驚きながらも必死に逃げ、時計屋を振り払うことに成功します。

大使館の生存プロトコルに従い、公園へとたどり着いたケイトはビルと出会います。ビルはケイトを慰めつつ、人気のない場所に向かいました。すると突然ビルが拳銃を取り出し、ケイトを殺そうとしたのです。殺されないようにと抵抗しているうちに、誤まって拳銃の引き金を引いてしまい、ビルは死んでしまいます。
誤射によってビルは死んでしまいましたが、公園にいた人たちはケイトが殺したと思い、写真に収めます。ケイトの姿はメディアに載り、爆破テロおよびビル殺しの容疑者として警察に追われることになります。

ケイトを可愛がっていたクレイン駐英大使も彼女に不信感を抱いてしまいます。ケイトの無実を信じているのは上司のサムとコンピューター室にいるサリー、友達のリサだけでした。

【転】- サバイバー(2015年)のあらすじ3

サバイバー(2015年)のシーン3 アメリカ大使館が見えるビルの屋上に時計屋とバランはいました。バランはアメリカ大使館のレーダーに特殊なガシュを仕込んでいたのです。そのガスを狙って、時計屋が特殊な銃弾を撃ち込み、大きな爆発を引き起こしました。
しかしこれは前哨戦に過ぎません。バランと時計屋はニューヨークの街で、今回の爆発の約4倍の規模を誇る特殊ガスを使う計画を立てていたのです。

一方、サムたちは凄腕の殺し屋、時計屋がケイトを狙っていることを知ります。時計屋よりも先にケイトを見つけ出すため、サムは行動を開始しました。
ケイトは追っ手から逃げるため、友人のリサに逃走用の資金と道具を準備してもらいます。しかし時計屋と警察の双方に見つかってしまい、ケイトは地下道に入りました。時計屋は拳銃でケイトを撃ちまくります。
なんとか追っ手を振り切ったケイトは真実を掴むため、鍵を握っていると思われるビルの家へ忍び込みました。そこでケイトは上司のサムと出会います。
二人はビルの部屋を調べ、彼の息子がテロリストの人質になっていることを知ります。息子の命を握られていたからこそ、ビルはテロリストの入国を手助けしていたのです。
ビルの真実を知った二人は追っ手が来る前に逃げようとしますが、それよりも早く時計屋がやってきます。部屋の外から時計屋は拳銃をぶっ放し、気づくのが遅れたサムは撃たれてしまいます。
ケイトは時計屋の襲撃を何とか凌ぎましたが、今度はサムを襲った容疑者としても追われることになります。

【結】- サバイバー(2015年)のあらすじ4

サバイバー(2015年)のシーン2 ケイトはすべてに決着をつけるため、時計屋とバランのテロ計画を阻止することを決めました。そのためにケイトはコンピューター室のサリーに電話をかけ、偽のパスポートを作ってもらうよう頼みます。しかし偽のパスポートを作るためにはアメリカ大使館の地下室に行く必要がありました。
ケイトはサリーのアドバイスを頼りにアメリカ大使館の地下室へと忍び込み、偽のパスポートを作成します。それと同時にバランのビザ情報も調べ、爆破テロの真の標的はニューヨークのタイムズスクエアだと気づきました。
テロ計画の情報をサリーに伝え、ケイトは作成した偽のパスポートでニューヨークへと飛び立ちました。サリーはテロの情報を教えましたが、ケイトから伝えられた情報であることから、クレイン駐英大使は一切信じません。クレイン駐英大使はケイトを捕まえるため、指名手配をかけます。

ニューヨークのタイムズスクエアにたどり着いたケイトはバランの姿を発見し、後を追いかけます。尾行の最中にテロリストに襲撃されますが、ケイトは敵を返り討ちにし、銃を奪いました。
その頃、ホテルの屋上では時計屋とバランが争っていました。時計屋はテロリストとしてニューヨークを恐怖に陥れたかったのですが、バランはただ単に特殊ガスの威力を知りたいだけなのです。目的に差が生じてしまったため、時計屋はバランを殺します。
すでに特殊ガスは注入された後だったため、バランがいなくてもテロは実行できるのです。時計屋は着々と準備を進め、爆破まで60秒というところで、ケイトが屋上に到着しました。
ケイトと時計屋は激しい肉弾戦を繰り広げます。激しい揉み合いの末、ケイトは時計屋を屋上から突き落としました。時計屋は屋上から落ちて、あっけなく死にました。

爆破テロの阻止に成功したことで、ケイトにかけられていた容疑はすべて晴れました。そんなケイトの元へ、一本の電話が入ります。相手は時計屋に撃たれたサムでした。サムは一命を取りとめていたのです。
サムの無事を知って、ケイトは喜びます。サムはケイトに「君が100万人の命を救ったんだ」と健闘をたたえる言葉を贈りました。

みんなの感想

ライターの感想

主人公のケイトが強すぎます。ただの外交官なのに凄腕の殺し屋と渡り合えるほどの腕を持っているのですから。ただ主人公を演じているのが、ミラ・ジョヴォヴィッチ氏なので、強くても違和感がないというか、むしろこのくらいできて当たり前だと思ってしまいました。敵の時計屋もしぶくてかっこよかったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「サバイバー(2015年)」の商品はこちら