「サンダーアーム/龍兄虎弟」のネタバレあらすじと結末の感想

アクション映画

サンダーアーム/龍兄虎弟の紹介:1986年製作の香港映画で、ジャッキー・チェンが監督、主演を務めたアクション冒険劇。神の武具と呼ばれる宝物を狙う邪教集団とジャッキー演じるトレジャーハンターとの激しい戦いを描いていく。ジャッキー・チェンが撮影中に頭蓋骨を骨折する大けがを負ったことでも有名な作品。

サンダーアーム/龍兄虎弟の主な出演者

ジャッキー(ジャッキー・チェン)、アラン(アラン・タム)、ローラ(ロザムンド・クァン)、メイ(ローラ・フォルネル)、魔王(ケン・ボイル)

サンダーアーム/龍兄虎弟のネタバレあらすじ

【起】- サンダーアーム/龍兄虎弟のあらすじ1

冒険家のジャッキーは「アジアの鷹」の異名を持つトレジャーハンター。あるとき、アフリカの部族から聖剣を盗み出したジャッキーは、それを美女に高く売りつけることに成功します。その直後、旧友のアランが突然ジャッキーを訪ねてきました。アランとは元々アイドルバンドを組んでいましたが、その後、女性メンバーのローラを巡って対立する仲になり、結局、ジャッキーはバンドを脱退、アランはローラと恋人関係になった上、今ではアイドルとして高い人気を得ていました。ところが、つい最近ローラが黒装束のカルト集団に誘拐され、アランは身代金として神の武具と呼ばれる宝物3つを要求されているといいます。その宝物の中には、先ほどジャッキーが売り払った聖剣も含まれていました。ジャッキーは友情にほだされローラ救出を決意、神の武具の収集に乗り出します。

ジャッキーたちがまず訪れたのは、美術収集家の伯爵の屋敷でした。伯爵は神の武具のうち2つを所有しており、ジャッキーはローラ救出のために借用することを願い出ました。しかし、伯爵はそれを拒否、その代わりに神の武具にまつわる物語を二人に語り始めました。神の武具は全部で5つあり、その起源はキリストが生まれる前の時代にまで遡るといいます。その頃、邪教と正義の神が激しく争っていましたが、最終的に勝利を手にしたのは正義の神でした。その争いで使われたのが5つの神の武具であり、最近勢力を取り戻しつつある邪教が世界の覇権を得るためにそれらの武具を狙っているというのです。さらに、邪教勢力はすでに武具2つを手に入れているといいます。

その夜、二人は伯爵邸に宿泊することになりましたが、ジャッキーの制止をきかずアランが単身武具を盗みに行ってしまいました。しかし、アランの目論見はあっけなく失敗。ジャッキーがアランを助けに向かうと、そこに聖剣を買い取った美女が現れました。美女の名前はメイといい、伯爵の娘でした。神の武具3つを前にして、ジャッキーは伯爵にある取引を持ちかけました。もしも神の武具を貸してくれるなら、邪教から武具2つを奪い、神の武具をすべて揃えた状態で返却する…このジャッキーの申し出を伯爵は承諾しますが、そこにメイもジャッキーたちの旅に帯同したいと言い出しました。伯爵は娘の強気な態度に負け、メイの帯同を了承。こうして、ジャッキーとアラン、そしてメイたち三人の神の武具を求める旅が始まりました。

【承】- サンダーアーム/龍兄虎弟のあらすじ2

ジャッキーたちは偽の武具を用意し、それを邪教集団に引き渡すことを考えます。影からジャッキーとメイが見守る中、アランは邪教集団と接触しました。ところが、すぐに武具が偽物であることがバレてしまい、ジャッキーとアランは邪教の男たちとの小競り合いを始めました。高台に待機していたメイの援護射撃もあり、ジャッキーたちは邪教の男たちを追い詰めますが、すぐに加勢が現れ形勢はあっという間に逆転してしまいます。

ジャッキーたちが車に乗り込み逃走すると、男たちも車やバイクで追走を開始。街を破壊するほどのカーチェイスに発展しますが、ジャッキーは巧みな運転さばきで少しずつ敵の戦力を削いでいきます。しかし、陸橋に着いたところでジャッキーたちは挟み撃ちに遭い、絶体絶命のピンチに。敵の車に体当たりされる直前、ジャッキーは車内のあるボタンを押し、座席を車体から離脱させました。ジャッキーはいざというときのために車を改造していたのです。敵の車二台は体当たりの末大爆発しましたが、ジャッキーとアランは無事脱出に成功するのでした。

再びメイと合流したジャッキーとアランは、街で邪教集団について調査を開始します。そこで、一行は邪教集団が月に一度、商売女たちを山中の伝道所に呼び寄せていることを知ります。そのタイミングを利用して伝道所に潜入することをジャッキーは思いつきますが、メイも同行すると強く主張してきました。渋々ジャッキーはそれを了承、計画の決行当日、ジャッキーとアランが邪教の男たちから奪った黒装束をまとう一方、メイは商売女の格好で現れました。ジャッキーの気持ちをよそに、メイは相変わらず強気な態度でいました。そんなメイにジャッキーは無理やりキスをし、心配する気持ちを伝えるのでした。

ジャッキーたちが伝道所に着くと、邪教集団は広場で麻薬取引の話をしていました。しかし、商売女たちの到着に気づくと、話を切り上げそそくさと女たちの元へと向かって行きました。今日は月に一度の祝祭日で、女に触れることが許された日だったのです。その一方で、邪教集団の魔王を始めとする幹部たちはジャッキーたちの存在に感づき、拘束しているローラに強い薬を投与しました。それは一種の麻薬で、ローラは武具をジャッキーたちから奪うよう邪教集団に洗脳されてしまうのでした。

【転】- サンダーアーム/龍兄虎弟のあらすじ3

邪教集団はジャッキーたちがローラを取り返せるよう、あえて警備を軽くします。上手くいきすぎていることに疑問を抱くことなく潜入を進めるジャッキーたち。そして、一行は意識が朦朧としたローラを見つけ出し、伝道所を後にするのでした。

一行はひとまずメイの別荘に身を隠し、明朝アランとローラは帰国する手はずとなりました。その夜、二人きりになったジャッキーとメイは恋人同士のような雰囲気になりかけますが、ジャッキーは場にそぐわない冗談を言ってメイを怒らせてしまいました。その後、アランがジャッキーの部屋を訪れ、ローラが武具を見たいとせがんできており、明らかに様子がおかしいと相談してきました。しかし、ジャッキーはそれを特段気にすることもなく、武具を貸して欲しいとメイの部屋に向かいました。しかし、メイは先ほどのジャッキーの冗談をいまだに怒っており、ヒステリーな態度を示すばかり。さらに、そこにローラがジャッキーを誘惑しに現れ、メイはさらに激しい怒りを露わにし、別荘は混乱状態になってしまいます。そんな中、ローラは邪教集団から託された注射をアランにこっそりと打つのでした。

翌朝、別荘からアランとローラの姿が消え、本物の神の武具3つがなくなっていました。ジャッキーは部屋に残された注射器を見て、アランとローラが邪教集団に洗脳され、武具を盗んだと推測します。ジャッキーは友を救うために、メイの援護を受け再び伝道所への潜入を決意します。

【結】- サンダーアーム/龍兄虎弟のあらすじ4

ジャッキーは隣接する洞窟から伝道所に侵入し、アランとローラのいる監禁部屋へとたどり着きました。アランたちはすでに洗脳が解けており、ローラはジャッキーを「コンサン」と愛称で呼び愛情を示してきました。その光景にショックを受けるアランに追い討ちをかけるように、元々はローラを助ける約束だったと言ってジャッキーはアランを見捨てようとするそぶりを見せ始めました。ジャッキーの言葉に傷つきながらも「君たちの幸せは俺の幸せだ」と言って、身を引く覚悟を見せるアラン。その言葉に心打たれ、ローラはジャッキーにアランも助けるよう求めてきました。アランを見捨てるというのは冗談に過ぎませんでしたが、ジャッキーは一連のアランの態度を見て、ローラがアランを選んだ理由を悟るのでした。

ジャッキーたちは伝道所からの逃亡を図りますが、すぐに邪教集団に見つかってしまい、ジャッキーはアランたちを助けるべく単身で邪教集団と乱闘を繰り広げていきます。ジャッキーは邪教集団を圧倒しますが、怪しげな光に包まれた部屋にたどり着くと、そこには神の武具一式に加え、邪教集団の頂点に君臨する魔王と、黒装束に身を包んだ四人の側近がいました。しかし、ジャッキーは魔王の迫力に屈せず、逆に自分の神は金だと高らかに宣言します。すると、魔王のそばにいた四人が黒装束を脱ぎ、ジャッキーの前に本当の姿を現しました。その正体は、レオタードとハイヒールというセクシーな衣装をつけた女戦闘員でした。ジャッキーは予想外の相手に困惑し、苦戦を強いられてしまいます。しかし、ジャッキーは溝にハマりやすいヒールの弱点をついて徐々に女たちを圧倒し、ついに四人全員を撃退することに成功します。

その後、すぐに魔王が部下たちを呼び寄せましたが、ジャッキーは持っていたダイナマイトを手に邪教集団を脅し始めました。ところが、脅迫するために火をつけたつもりが、そのまま引火してしまい、次々とダイナマイトが爆発してしまいました。ジャッキーがなんとか爆発を避け外に出ると、そこにはメイとアラン、ローラを乗せた気球が浮かんでいました。伝道所の全壊が間近に迫る中、ジャッキーは気球に向かって大きくジャンプし、なんとか気球のエンベロープにつかまります。そして、仲間が待つバスケットに向かってゆっくりと降りていくのでした。

みんなの感想

ライターの感想

「アジアの鷹」を主人公とするシリーズの第一作目にあたる作品で、ジャッキー・チェンはアクションの他、ラブストーリーも交えたチャーミングな演技を見せてくれています。かと思えば、きりっとした表情で次々と敵を倒していく場面も満載で、ジャッキー・チェンの魅力が詰まった作品だと思いました。また、恒例のエンディングのNG集では、頭蓋骨骨折直後のジャッキー・チェンの姿を観ることができます。かなり深刻な怪我だったことが映像から伺い知ることができますが、その後も精力的にスタントなしの演技を続けたジャッキーはやはり伝説的な俳優なのだとしみじみ思いました。

映画の感想を投稿する

映画「サンダーアーム/龍兄虎弟」の商品はこちら