映画:ザ・レイド

「ザ・レイド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ザ・レイドの紹介:2011年公開のインドネシア映画。麻薬王の支配する建物に、強制捜査に入るSWAT隊と、迎え撃つギャングたちとの戦いを描いたノンストップアクション。ザ・レイドシリーズの1作目。監督・脚本はギャレス・エヴァンス、主演はイコ・ウワイス。

あらすじ動画

ザ・レイドの主な出演者

ラマ(イコ・ウワイス)、マッド・ドッグ(ヤヤン・ルヒアン)、ジャカ(ジョー・タスリム)、アンディ(ドニー・アラムシャー)、タマ・リヤディ(レイ・サヘタピー)、ワヒュ警部補(ピエール・グルノ)、ボウォ(テガール・サトリヤ)

ザ・レイドのネタバレあらすじ

【起】– ザ・レイドのあらすじ1

SWAT隊員のラマには、出産を控えた妻がいました。予定では、後2ヶ月で息子が産まれます。

ジャカ巡査部長率いる20名のSWAT部隊は、麻薬王のタマ・リヤディが支配する建物に強制捜査に向かいます。

リヤディは闇社会を支配する極悪人であり、犯罪者からは神と崇められています。過去10年、警察さえも手が出せませんでした。

建物には大勢の犯罪者が住んでいました。リヤディが大家みたいに貸し与えているのです。つまりそれは、相当の数の敵がいると言うことです。

建物内には麻薬工場があるとも言われており、武装した連中もいます。この話しをジャカから聞いて、震える隊員もいました。

リヤディには側近が二人いました。一人はマッド・ドッグと呼ばれる男で、強烈な蹴りと拳を持ったイカれた人物です。

もう一人はアンディで、マッド・ドッグとは違って頭脳派です。彼は穏やかに見えますが、刺激すると危険です。

リヤディは、捕らえた男たちの頭に、躊躇なく鉛玉を撃ち込んでいました。最後の男の前で弾切れとなり、机の引き出しに取りに行きます。トンカチがあったので、それを使って殺すことにします。

リアディを襲撃する者達は過去にもいました。縄張りを狙う連中が試みましたが、全て失敗に終わりました。

建物に到着し、ジャカは警部補と合流します。警部補は新人もいることに、役に立つのかと怒ります。

ジャカは部隊を二つに分けることにします。一つは見張りを始末する役割を負います。

奴らに知られないように、見張りを始末していき、部隊は建物に侵入を試みます。入り口の門で、男が妻に薬を買って戻って来ていました。

ボウォは彼に門を開けさせます。妻の元に戻りたい彼に、安全が確保出来るまで、ラマは待機しておいて欲しいと頼みます。

部隊は見つからずに階を上がって行きます。途中見つけた犯罪者を拘束して行きます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ザ・レイド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×