「ザ・クーリエ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【結】– ザ・クーリエのあらすじ4

ザ・クーリエのシーン4

画像引用元:YouTube / ザ・クーリエトレーラー映像

防弾ベストをつけていますが、口径の大きなライフルで撃たれたニックは、重傷を負いました。出血します。

「クーリエ」は駐車場にある冷気の装置を撃って目くらましをすると、逃げます。

ニックは傷を負って出血しているため、時間の猶予はあまりありません。

それに気づいたブライアントは、「クーリエ」に取引を持ち掛けますが、「クーリエ」は相手にしません。

「クーリエ」はニックを隠すと倉庫の工具をあさり、ビルのブレーカーを落としました。

「クーリエ」はナイトビジョン搭載のヘルメットをかぶっているので見えますが、監視カメラの電源が落ち、ブライアントは慌てます。

「クーリエ」はスプリンクラーを作動させると、やってきた相手にナイフで傷をつけて失血死をさせます。

ブライアントは電源を復旧させました。

敵のひとりがドローンを起動させて、「クーリエ」を探して攻撃します。

「クーリエ」はドローンを破壊しますが、背後から忍び寄ったスナイパーの男性に攻撃され、気絶します。

捕まった「クーリエ」は椅子に括りつけられると、ニックをどこに隠したか聞かれます。

答えない「クーリエ」に対し、ブライアントは車を差し向けるようアピールします。

(ここが映画の冒頭)

それを聞いたニックは、自分から姿を現しました。車は「クーリエ」の手前で止まります。

ブライアントがニックを撃とうとするのを、「クーリエ」が武器で攻撃します。

ブライアントは右腕を傷つけられ、怒りました。ニックはその間に隠れます。

「クーリエ」は車のトランクにあった銃で、撃ち合いを始めます。

ニックはブライアントと対峙し、「クーリエ」はスナイパーと戦いました。

「クーリエ」はスナイパーの首に車のワイパーを刺して、殺します。

ブライアントはニックを追い詰めようとしますが、そこへ「クーリエ」が駆け付けてバイクで跳ねました。

ブライアントは後頭部を壁に立たたきつけられて、死亡します。

「クーリエ」はニックをバイクの後ろに乗せて、病院へ連れて行きました。

銃で撃たれたとロビーで言い、看護師や医師にニックを託すとそのままバイクで去ります。

マニングスのところにロバーツ特別捜査官とパーロウ捜査官がやってくると、証人が生きていると告げました。

マニングスは逮捕され、引き立てられます。

〔36時間後〕

手当てを受けて命が助かったニックのところへ、ロバーツ特別捜査官が顔を出します。

助けた相手の名前はとニックに問いますが、ニックは「名前を聞いていない」と答えます。

それを聞いたロバーツ特別捜査官は、電話でマニングスに「証人は女の名前を知らないそうです」と報告しました。ロバーツ特別捜査官もまた、マニングスの手先だったのです。

病室に戻ってニックを殺そうとしたロバーツ特別捜査官は、ニックがベッドにいないと知ってきょろきょろします。

ロバーツ特別捜査官の背後に、ニックと「クーリエ」が立つと、銃を突きつけました…。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ザ・クーリエ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×