「ザ・ファブル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

2019年6月公開の日本映画。原作は南勝久による漫画で週間ヤングマガジンにて第一部が連載されていた。現在は休載中。 監督は江口カン。主演にV6の岡田准一。共演に木村文乃、山本美月他。2021年2月には第二弾が公開予定。 伝説の殺し屋と言われるファブル。ある日、ボスから1年間の休暇を言い渡され、誰も殺さず、プロとして普通に暮らすように言われる。相棒の洋子と共に大阪に移り住み、ひょんなことから知り合ったミサキに紹介してもらったアルバイトをして暮らし始める。しかし、普通の生活を提供してくれた怪しさ満載の「真黒カンパニー」の内部抗争に巻き込まれてしまう。ボスからの命令である「誰も殺さない」を守りながら人質を救うことができるのか、プロとして普通に徹するファブルの生活はいかに・・。

あらすじ動画

ザ・ファブルの主な出演者

佐藤明 / ファブル:岡田准一(幼少期:南出凌嘉)、佐藤洋子:木村文乃、清水岬:山本美月、フード:福士蒼汰、小島:柳楽優弥、砂川:向井理、コード:木村了、クロ:井之脇海、貝沼悦司:好井まさお、砂川の部下:加藤虎ノ介、松沢:粟島瑞丸、バーのマスター:六角精児、鉄板焼き屋の店長:モロ師岡、河合ユウキ:藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、ジャッカル富岡:宮川大輔、田高田:佐藤二朗、浜田:光石研、海老原:安田顕、ボス:佐藤浩市、他。

ザ・ファブルのネタバレあらすじ

【起】– ザ・ファブルのあらすじ1

ザ・ファブルのシーン1

画像引用元:YouTube / ザ・ファブルトレーラー映像

料亭で契りの儀をしているやくざとマフィアのような一団。外の見張りが目にも止まらぬ速さで倒されて行く。

一方、バーでは洋子がチャラそうな男(カワイ)とテキーラを飲んでいる。

料亭ではどんどん人が殺されていきパニック。殺し屋(ファブル)の視界では急所と弾の流れが見えているように正確。スマホの録画ボタンを押したまま撃たれた男はスマホを料亭の庭に放り投げてしまう。

最後には組長のような男を追い詰め殺す。

一方、バーでは洋子がテキーラ20杯で完全にカワイを堕として笑っている。

洋子が待つ車に戻ってきたファブル。ここまで銃声聞こえてたよ〜大丈夫?と声を掛けられるが反応せずに「テレビ」とだけ言う。テレビをつけるとジャッカル富岡のネタがやっている。時間差で大爆笑するファブル。

海の近くに車を止めて銃を分解し、海に投げ捨てるファブル。洋子は運転席の窓を開けて煙草をふかしている。

ボスと焼き魚を食べているファブルと洋子。焼き魚を渡されるが熱くて食べられず洋子にフゥフゥすることを頼むファブル。ボスも何とも言えない顔で洋子に促す。

次の仕事を聞くと、このところ派手にやりすぎたから1年間は普通に暮らせと言われ、佐藤明という新しい身分を渡される。洋子にも佐藤洋子という免許証を渡し兄弟設定だと言う。文句を言う洋子にまだ魚をフゥフゥするように促すファブル。大阪に行くように言い、餞別として鳥籠に入った鳥をファブルに渡すボス。プロとして普通の生き方を学んでこいと話し、普通に生きることは難しい、休業中に殺したり面倒を起こすと、俺がお前を殺すと話す。面白いと言いながら魚に口をつけようとするファブル。だぁっっつぅ!っと体をそらし食べることが出来ない。

料亭でファブルの殺しの後にやってきているフードとコード。フードは脳、心臓、頸動脈を的確に狙った殺しに「カッコいい〜」と感嘆の声をあげて死体を見ている。ファブルだったりしてと目をキラキラさせているとファブルは見逃した女性が現れる。ファブルを見ていないとわかるや否や撃ち殺す。

ボスから大阪に発つ前に武器は全部電子レンジに入れて置くように指示されるファブル。

洋子が運転する車の中。不自然にお兄ちゃんはさ、、と問いかけるとなんだ、妹と返すファブル。大阪弁は話せるの?と聞かれると、今から切り替えると眉間を指先でトントンし始める。「うゔぇ」「ぅぁぁ」と変な声を出した後、目を見開き「ほないこか〜」と一気に関西弁に切り替わり、変な関西弁を喋り続けていると、洋子から「いい加減にせんかーい」と突っ込みを受ける。

地図は大阪駅周辺を指すが、映像は浪速区の通天閣。真黒カンパニーに帰ってくる海老原社長。どう見てもヤクザの事務所に見える。

海老原は会長の部屋に入って行く。その様子を見ていた砂川は面白くなさそうに「こそこそやりおって〜!」と叫ぶ。

ファブルを匿うことを快く思っていない様子の海老原。会長はあちらさんのおかげでここまできたようなもんやからと海老原をいさめる。こな時期にもう一人厄介モンを抱えるなんて・・と海老原が言うと、あちゃー小島もそろそろかぁと会長。舌打ちをしながら海老原の持つ灰皿に吸い殻を押し付け続けている。

刑務所から出てくる小島。声を掛けた刑務官に、おかげさんでまた暴れられますわぁと返す。

真黒カンパニーで海老原、会長と対面しているファブルと洋子。もし、よーいドンで自分たちを殺すならどうやって殺す?と聞かれ海老原の首を抑え銃を奪い二人を撃つと言うことを話すファブル。悪気はないんですぅ〜と横でシナを作る洋子。会長は海老原にオフィスに銃を持ち込んだらあかんやろう〜と注意するが、この先は?と促すと会長の銃を使ってと言うファブル。スラックスをめくりあげて銃を取り出して机に置く会長。さすがファブルや〜と褒める。

続きの一軒家を案内する海老原。ガレージは貸してないと言いながら自慢の車を見せると、無言で車に乗り込むファブルと洋子。乗るな!止めるが二人とも無言で乗り込みエンジンをふかす。ふかすな!と突っ込む海老原。

海老原は車で待っていたクロの元へ戻り会長には言うなと言って何かを言いつけている。

屋上に鳥籠を持ってきて今日から一年プロとして普通に暮らす、、。と話しかけている。

バーで飲んでいる洋子とファブル。洋子は休みの間の一年でイケメンの彼氏を作ると宣言している。

もう一件行こう!と騒ぐ洋子と歩いているファブル。チンピラみたいな二人組に絡まれる。洋子を逃してからプロの普通と言いながらダメージを受けたふりをして情けない姿を晒すファブル。ちゃっかり相手の指の骨を2本折っている。こんなもんやろうと去って行くチンピラ。声だけ泣いてるふりをしながら起き上がるファブル。すると通りがかったミサキから、これ使う?と、ハンカチを差し出されるが、「いい」と何の感情もなく断ってしまう。走り去るミサキを見送るファブル。

ファブルの様子を電話で海老原に報告するクロ。チンピラ二人の強い方は何か手応えが違ったんだよな〜と違和感を感じている。

夜、ファブルはベッドではなくバスタブの中で真っ裸で寝ている。

フードとコードは料亭の死体処理をした会社でファブルのことを尋ねている。コードは自分の服についた血に怒っている。辺りには死体が転がっている。最後に残った1人に現場にあった偶然ファブルが映ったスマホの暗証番号を尋ねるフード。逃してくれたら教えると言う男に袋を被せ何度も尋ねるフード。暗証番号を言ってしまった男を躊躇なく撃ち殺すフード。スマホに映ったファブルを見てお宝ゲットと呟く。

ジャッカル富岡のCMを見て手を叩いて大爆笑しているファブル。

海老原がガレージにやってくるとファブルが真っ裸で筋トレをしている。何しとんねんと突っ込みながら車に乗り込み一息つく海老原。ファブルにいっぺん腹割ってサシで話そうやと語りかける。

車が着いたのは倉庫。サシで話すんやなかったんかとファブル。倉庫ではクロと元ボクサーが待っている。殺し以外はやっていると説明し、この町で一年暮らしたかったから殺せと海老原に言われる。ボスから殺しは禁止されていると言うが眉間をトントンして切り替える。ファブルは6秒以内で相手を倒すと聞いとると言いカウントを始める海老原。勝手にせぇと相手に向かって行くファブル。3秒で動けなくして後は好きにしろと海老原に言うが最後まで殺せと銃を向けられる。海老原はそのまま銃を突きつけファブルにたくさん人を殺してきた快楽殺人鬼やろぅ、一人や二人増えても変わらん、やれやぁと迫るが、ファブルはクロから取り上げた銃を下げて、できれば誰も殺したくない。この町で1年過ごさせてくれと海老原に頭を下げる。お前の思う命はなんや?と更に質問を重ねる海老原にインコを飼い始めた、大事に育てたいと思う、今はそれくらいのことしか言えない、とファブル。

答えを聞いた海老原は納得したのか銃を引きファブルが倒したプロレスラーを撃ち、なんともないような態度でクロにファブルを佐藤くんと紹介している。

海老原と鉄板焼き屋に来ているファブル。ファブルと知っているのに何故自分をあそこまで追い詰めたのか尋ねると、小島の話をする海老原。ファブルは焼き上がった肉を恐る恐る口へ運ぶが案の定熱かったらしく、「ゔぁぁっつ」と一人のけぞっている。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ザ・ファブル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×