映画:ザ・ファブル 殺さない殺し屋

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【承】– ザ・ファブル 殺さない殺し屋のあらすじ2

ザ・ファブル 殺さない殺し屋のシーン2

画像引用元:YouTube / ザ・ファブル 殺さない殺し屋トレーラー映像

『オクトパス』では女性社員の清水岬が髪の毛を切ったということで、社長の田高田が絶賛します。出勤してきた貝沼にも話題を振り、貝沼も認めます。続いて顔を出したファブルに聞きますが、ファブルは聞かれたことの意味が分かりませんでした。服が赤いと言い、スカートは白いし、髪は黒いので「ブラジルサンゴヘビのようだ」と言いました。毒蛇だと付け足されて岬は絶句します。

ヒナコは宇津帆に対し、次の講演のチラシを発注したと報告しました。宇津帆はヒナコをねぎらいます。仕事の休み時間を使い、ヒナコは団地の近くの公園にある鉄棒を掴んでは立ち上がる練習をしていました。バランスを崩して倒れるヒナコを、ファブルが凝視します。見ているだけのファブルをヒナコが責めると「自力でがんばっているから、手を出さない方がいいと思った」と話しました。助け起こした後、ファブルは「時間はかかるが、歩けるようになる」と声をかけました。それに対してヒナコは「偽善」と返して去ります。

台所でカレーを作る洋子のところへ顔を出したファブルは、4年前に東京で起きた殺人事件について質問します。洋子は驚異的な記憶力を誇っており、12月20日に起きた事件のことも覚えていました。少女に売春させる組織の者を5人殺害したことを話したファブルは、そのときに自分が助けた少女・ヒナコが車椅子の生活をしていると気づきます。ヒナコの足が悪くなったのは自分のせいかと思い、ファブルは気にかけるようになります。カレーを催促するファブルに「食べるんかい」と突っ込んだ洋子は、普通の暮らしをするのだと釘を刺します。

『オクトパス』ではクリスマスのイラストを受けていました。ファブルにも絵を描いてみないかと打診しますが、ファブルはクリスマスのことを知らないようです。田高田と岬はサンタクロースを知っているだろうと聞きますが、ファブルは真面目な顔で「いや、知り合いじゃない」と返しました。絵が成功すれば時給100円アップになると聞いて、ファブルはチャレンジすると答えます。

公園ではヒナコが鉄棒で立ち上がる練習をしていました。それを横にあるベンチに座って観察していたファブルが見ており、「順番は守った方がいい」と声をかけます。「鉄棒の低い方から練習をした方がいい」と助言をしたのですが、ヒナコは「えらそうに」と気分を害して立ち去ります。事務所に戻ったヒナコは、鈴木に仏頂面を指摘され「公園にストーカー男がいる」と話しました。鈴木は兄の振りをして追い返してやると約束します。

宇津帆たちは、次のターゲット(ニワトリ)を見つけていました。拉致しようと車中で待ち伏せしている際に、井崎がスタンガンを見せます。宇津帆は、物騒なものはしまっておけと言いました。

スタンガンをしまった井崎は、宇津帆に「自分に対してヒナコが冷たい」と話します。宇津帆は、ヒナコが高校時代に両親が強盗に殺されたことを言いました。両親の復讐を生きがいにしているけれども、足が治らずに焦っていることも告げます。

彼らが待っていたのは、岬でした。自宅マンションに帰宅した岬に、宇津帆と井崎が盗聴盗撮調査会社の振りをして、調べると話します。

公園のベンチでヒナコを待つファブルは、鈴木に顔を蹴られました。「変態」と言われたファブルは、真顔で自分は編隊なのかと悩みます。そのファブルは徹夜をして、2パターンのサンタクロースを描いてきました。しかし絵を見せられた田高田も岬も、2パターンのサンタの違いが分かりません。この絵を徹夜で描いたと聞いてつい噴き出してしまった田高田は、ファブルにNPOのチラシの配達を頼みました。ファブルは自転車に乗って届けに行きます。

事務所では宇津帆と井崎が、仕掛けたカメラの映像を確認していました。「お宝(映像)ばっちり」と話して満足します。ドアチャイムが鳴ったので、宇津帆が出ました。そこでファブルと顔を合わせます。奥にいたヒナコを見つけたファブルが「あ」と声を出し、ファブルとヒナコが顔見知りだと気づいた宇津帆は、ファブルを事務所に招きました。

ヒナコにコーヒーを出してもらったファブルは、宇津帆の話しかけにも上の空でした。必死でコーヒーをふーふーして、飲もうとします。それでも熱かったので「あちっ」とのけぞった姿を見て、ヒナコは思わず笑いました。ヒナコはファブルに打ち解けます。

ファブルの顔を蹴った鈴木の代わりに謝罪した宇津帆は、握手を求めました。しかしファブルは応じずに去ります。ヒナコがファブルに好感を持ったことで嫉妬した宇津帆は、服を脱いでヒナコと関係を持とうとします。ヒナコは生理中だと告げますが、宇津帆は「かまうものか。血は好きだ」と言います。

帰りに薬局で配られていたジャッカル富岡の風船を手に入れたファブルは、また洋子の部屋に立ち寄ります。洋子はその日、おでんを作っていました。

4年前に仕事の依頼を受けた時、本当は6人殺すはずだったとファブルは言います。途中で殺害を撤回されたのが宇津帆でした。宇津帆と会ったと話すと、洋子は当然、警告します。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×