映画:シン・シティ 復讐の女神

「シン・シティ 復讐の女神」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

シン・シティ 復讐の女神の紹介:2014年制作のアメリカ映画。2005年の映画『シン・シティ』の続編にあたる。4つのエピソードを描く。2015年1月10日、日本公開。

あらすじ動画

シン・シティ 復讐の女神の主な出演者

エヴァ・ロード(エヴァ・グリーン)、ナンシー(ジェシカ・アルバ)、マーヴ(ミッキー・ローク)、ドワイト(ジョシュ・ブローリン)、ジョニー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)、ハーティガン(ブルース・ウィリス)、ゲイル(ロザリオ・ドーソン)、ロアーク上院議員(パワーズ・ブース)

シン・シティ 復讐の女神のネタバレあらすじ

【起】– シン・シティ 復讐の女神のあらすじ1

(本編放映前に、簡単な前回のおさらいがあります)

ベイ「シン(罪)」・シティは悪が横行する都市です(『シン・シティ』参照)。

【ザ ロング バッド ナイト】

自尊心の強いギャンブラー・ジョニーがシン・シティに来ました。元手をスロットで増やしたジョニーは、ストリッパー・マーシーを同行させ、シン・シティ最大の権力者・ロアーク上院議員にポーカーを挑みます。

ゲームには勝ちますが生意気な態度でロアークを怒らせたジョニーは、右手の指の骨を折られ、右太ももに銃弾を撃ち込まれました。

闇医者・クローニグに簡易処置をして貰ったジョニーが帰宅すると、マーシーが殺されてバラバラになっていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

  • KOD7さんの感想

    ジェシカ・アルバが壮絶なまでに綺麗です。
    このころのジェシカ・アルバが大好きなので最高です。
    さらに映像も特殊。
    モノクロに赤が映えて強く記憶に残ります。
    実写ですがアニメっぽいおもしろさです。
    内容は少しグロテスクな描写もありますが気にならないかたなら楽しめると思います。
    モノクロ映画は好きではないので見ないのですが、これは少し系統が違うためモノクロであることも気にならなかったです。

映画の感想を投稿する

映画「シン・シティ 復讐の女神」の商品はこちら

IMAGE

【国内盤】シン・シティ: ア・デイム・トゥ・キル・フォー

CD > サウンドトラック
Rambling RECORDS
ロバート・ロドリゲス&カール・シール(アーティスト)

¥180
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20