映画:ジャックリーチャーNEVERGOBACK

「ジャックリーチャーNEVERGOBACK」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ジャック・リーチャー NEVER GO BACKの紹介:2016年11月11日公開のアメリカ映画。トム・クルーズが元米軍の秘密捜査官にして流れ者のジャック・リーチャーを演じた、『アウトロー』の続編となるサスペンスアクション。元同僚にかけられたスパイの嫌疑を晴らそうとするリーチャーが新たな敵に立ち向かっていく。

あらすじ動画

ジャックリーチャーNEVERGOBACKの主な出演者

ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)、スーザン・ターナー少佐(コビー・スマルダーズ)、サマンサ(ダニカ・ヤロシュ)、ハークネス(ロバート・ネッパー)、エスピン中尉(オルディス・ホッジ)、モーガン大佐(ホルト・マッキャラニー)、ハークネス(ロバート・ネッパー)、サリヴァン(ジェシカ・ストループ)

ジャックリーチャーNEVERGOBACKのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①暴行容疑で逮捕されそうになったリーチャーを救ったスーザン少佐が、後日別の容疑で逮捕される。それを知ったリーチャーはスーザンを救うべく動き始めるが、並行して自分に隠し子がいると知る。 ②隠し子の娘・サマンサは娘ではなく、サマンサの母が養育費を欲しがって軍部に要求しただけ。アフガンの武器横領を知られた〝パラソース〟社がスーザンを始末しようとしていた。冤罪を晴らしスーザンは復帰。

【起】– ジャックリーチャーNEVERGOBACKのあらすじ1

ジャック・リーチャーは、かつてアメリカ陸軍憲兵隊の超優秀な犯罪捜査官でした。現在は除隊し、流れ者(アウトロー)になっている、40代男性です。

「定職に就かない」「住居を持たない(バス大好き)」「身分証を持たない」「人と繋がりを持たない」「証拠は信じない」「法律とは無縁」「悪を決して許さない」という自分独自のルールをリーチャーは持っており、そのための「流れ者(アウトロー)」です。

アメリカ・テキサス州。

田舎の郡で暴行事件が起きました。

駆け付けたウッド保安官たちは、バーに残っている男性を第2級暴行罪で逮捕します。

ところが男は後ろ手に手錠で拘束されながらも、「今から90秒以内に2つのことが起きる。まず、あそこの電話が鳴る。次に、お前が手錠姿で拘束される」と言いました。

奇妙なことを言うと考えたウッド保安官ですが、男の言うとおり本当に公衆電話が鳴って、電話を取ると、連行されたのはウッド保安官の方でした。ウッド保安官は不法入国者を見逃していたのです。

その男こそが今では伝説となっている、ジャック・リーチャーでした…。

リーチャーは自分を助けてくれたスーザン・ターナー少佐と、電話で会話をします。

スーザンは黒髪の、34歳の女性少佐です。

スーザンはリーチャーに、なぜ陸軍を辞めたのか聞きました。リーチャーは「ある朝起きたら、軍服が似合わなくなっていた」と答えます。

スーザンは、ワシントンに来たら一緒に食事をしましょうとリーチャーを誘いました。

リーチャーは興味を持ち、ワシントンへバスで移動します。

ところがスーザンに会いに行くと、スパイ容疑で逮捕され、軍法会議にかけられるところでした。スーザンの席には、中年男性・モーガン大佐が代理で座っており、業務を代行しています。

何かがおかしいと思ったリーチャーは、電話で自分を救ってくれたスーザンのために一肌脱ごうと考えます。

現役時代にお世話になったモアクロフト大佐に連絡を取ったリーチャーは、スーザンの容疑を聞きました。モアクロフト大佐は、スーザンが「自宅から軍の機密情報が入ったハードドライブを押収した。彼女はその情報を売りさばいていた疑いがある」と言います。

さらにモアクロフト大佐は、リーチャーが養育費の支払いで訴えられていることも告げました。キャンディス・ダトンという女性が、15歳になるジャックとの娘・サマンサの養育費を要求しているとのことです。

調べることが2つに増えました。スーザンの無罪を晴らす件と、自分に隠し子がいる件です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジャックリーチャーNEVERGOBACK」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×