映画:ジュマンジ1

「ジュマンジ1」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

ジュマンジの紹介:1995年製作のアメリカ映画。プレイの内容が現実に起こる不思議なゲーム盤を巡って展開する、ファンタスティックなSFXアドベンチャー。2017年には20年後を舞台とした続編『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』も制作された。

あらすじ動画

ジュマンジ1の主な出演者

アラン・パリッシュ(ロビン・ウィリアムズ)、サミュエル・アラン・パリッシュ/ヴァン・ペルト(ジョナサン・ハイド)、ジュディ・シェパード(キルスティン・ダンスト)、ピーター・シェパード(ブラッドリー・ピアース)、サラ・ウィットル(ボニー・ハント)、ノラ・シェパード(ビビ・ニューワース)、カール・ベントレー(デヴィッド・アラン・グリア)、キャロル・アン・パリッシュ(パトリシア・クラークソン)、少年時代のアラン(アダム・ハン=バード)、少女時代のサラ(ローラ・ベル・バンディ)、ジム・シェパード(マルコム・スチュワート)、マーサ・シェパード(アナベル・カーシャウ)、駆除業者(ジェームズ・ハンディ)、バム(ロイド・ベリー)、トーマス夫人(ギリアン・バーバー)、ベンジャミン(ブランドン・オブレィ)、ケイレブ(サイラス・ティーディーク)、ビリー・ジェサップ(ガリー・ジョセフ・トールップ)

ジュマンジ1のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①1969年、アランという少年が『ジュマンジ』というボードゲームを土中から掘り出し、サラという少女とゲームを始めた。直後アランはゲームの中のジャングルに吸い込まれる。26年後、アランの屋敷に引っ越したジュディとピーターがゲームを発見、再開する。 ②ジャングルの世界から戻ったアランは、中年になっていた。ゲームを終わらせなければ混乱が収まらないと知り、中年のサラも加えて4人でゲームをし、ゴールさせた。 ③アランは26年前の少年時代に戻れ、記憶があるまま26年後、ジュディやピーターと再会した。

【起】– ジュマンジ1のあらすじ1

〔1869年〕

深夜の森を、2人の少年があせりながら馬車に乗って移動します。

森の中へ入った少年たちは、地面に穴を掘りました。

年が幼い弟らしき少年は逃げたがりますが、兄らしき年長の少年が「埋めなきゃ」と諭して、2人は大きな木箱を埋めました。

その後、また2人の少年は馬車で去ります。

埋めた場所の横には、『ブラントフォード 1マイル』という標識がありました…。

〔1969年 ブラントフォード〕

100年後。

ニューハンプシャー州(アメリカ)に近い、オンタリオ州(カナダ)南西部のブラントフォード。

アラン・パリッシュという少年は、地元でいじめられていました。

アランの父サミュエル・アラン・パリッシュは、地元でも大きな『パリッシュ靴工場』を経営しており、権力を持っています。

父は権力を持っていますが、「弱い者は立ち向かえ」というモットーで、息子がふがいないことを嘆いていました。

アランも助けてくれない父に、反感を抱いています。

いじめっ子たちから逃げて工場に入ったアランは、そこで働く黒人の若者・カールに、カールが作った試作品の靴を見せてもらいました。当時としては斬新な、スポーツシューズです。

しかしアランのミスでカールが作った試作品が機械に入ってしまい、ずだずだに裁断されてしまいました。おまけに機械も故障します。

カールは機械故障の責任を問われ、会社をクビになるのですが、この時点でのアランは知りませんでした。

アランは工場から去り、いじめっ子のビリーに「俺のガールフレンドをとりやがって」と、殴られます。

ビリーのガールフレンドとは、サラ・ウィットルという少女でした。

サラとカールは幼馴染みで、確かにいいムードではあります。

(むしろ、ビリーが横恋慕しているっぽい)

さんざん殴られた後、工場の拡張工事現場に行ったアランは、『ブラントフォード 1マイル』と書かれた古い標識があるのを見つけます。

ドラムの音を聞いたアランは、掘り返された断面のところに、古い木箱があるのを見つけ、掘り出してみました。

木箱のカギを壊して箱を開いてみると、『ジュマンジ(JUMANJI)』と書かれたボードゲームがありました。

アランはそのボードゲームを、持ち帰ります。

(映画『ジュマンジ』で出てくる、このボードゲーム。続編の映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル』ではファミコンのカセットに姿を変える。

いずれもこのゲーム登場時には、ドラムのような音が響くのが特徴)

帰宅してボードゲームを開こうとしたアランですが、母の声を聞いて急いで隠します。

両親は、これから地元の有志が集まるパーティーに出かける予定でした。

父が「寄宿舎のある名門校クリフサイド中学へ進学しろ」と一方的に告げるのを聞いて、アランは反発します。

しかしアランの言い分は、聞き入れられませんでした。

父は怒りながら、妻を伴ってパーティーに出かけて行きます。

むかっ腹を立てたアランは、両親がいない間に家出をしようと決めました。

荷造りをしていると、アランのところへサラが訪ねてきます。

サラは、アランに借りた自転車を返却しにきており、アランが持っているボードゲームに興味を示しました。

ボードゲームには〝この世界の外へ出たい人のためのゲーム〟という煽り文句がかかれており、サラとアランはゲームを始めます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジュマンジ1」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×