映画:ジュマンジ2ウェルカムトゥジャングル

「ジュマンジ2ウェルカムトゥジャングル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【承】– ジュマンジ2ウェルカムトゥジャングルのあらすじ2

ジープが4人のところへやってくると、ナイジェル・ビリングスリーという男性が4人に説明を開始しました。

フリッジ(ムース)が質問しますが、ナイジェルは決まった応答しかしません。NPC(ノン・プレイヤー・キャラ)といって、ゲームの中でプレイヤーなしで、ゲームの進行の説明をする役だとスペンサー(ブレイブストーン博士)は気付きます。

このゲーム世界観では、ジュマンキが危機に瀕しているため、4人が協力して助けるというのが、ゲームクリアの条件のようです。

…ゲーム内にいる悪者ラッセル・ヴァン・ペルト教授が、ジュマンジにあるジャガーの眼の部分にあった、神殿の宝石を盗み出したのです。

その結果、このジュマンジのジャングルは呪われてしまいました。

ナイジェルは宝石をヴァン・ペルトから盗み出すことには成功しました。それをスペンサーに渡します。

ゲームの目的は、その宝石をジャガーの眼に戻し、ジュマンジにかかった呪いを解くというものでした…。

ナイジェルは「緑の宝石」と「破れた地図」をスペンサーに渡すと、「欠けた部分がある」と言って立ち去りました。その欠けたピースを探るのが、最初のミッションのようです。

ナイジェルは4人を車から降ろすと、立ち去りました。

「地図」と言われたのですが、スペンサーにはただの白紙にしか見えません。

ところがベサニーには、地図に見えると言いました。ベサニーの役どころが、博士の助手だからのようです。

ベサニーが胸に手を当てると、空中にぽんとリストが出てきました。各プレイヤーの特性や特技、苦手なものなどが書かれています。

全員が自分のリストを見ますが、フリッジの苦手なものが「ケーキ」と書かれており、不可解だとぼやきました。

地図を見たベサニーが、絶えず変化していることを告げます。

ステージ1がたぶんここに当たるのだろうと指摘すると、バイク部隊が襲ってきました。全員逃げ出します。

マーサがベサニーを助けます。

フリッジはブーメランをカバンから出し(フリッジは適切な道具を出す役どころ)、スペンサーに手渡しました。

ジャンプして、全員川へ逃げ込みます。

バイク部隊に襲われて、マーサが銃弾に倒れました。

死んだマーサはしばらくすると、また上空から落ちてきます。

その際に手首の横線が1つ消えたのに気付いたスペンサーは、手首にある横線は「残りのライフの数」だと気付きました。死ぬと、1つ手首の横線の数が減るのです。

全部なくなるとゲームオーバーで、現実世界でも死ぬかもしれないと思った4人は、協力してゲームのクリアを目指します。

4人は市場を目指し、移動を開始しました。途中、男になったベサニーが立ち小便できることに感激します。

ヴァン・ペルトは、スペンサーたちを敵視しました。ヴァン・ペルトもゲーム上の架空の人物です。

道中、ベサニーはマーサにお色気術を教えて、女子同士(ベサニーの見た目は男なのだが)意気投合しました。普段ならば優等生とフェロモン女子で、決して仲良くなれそうにない2人ですが、ゲームの中という環境下に置かれ、2人に友情が芽生えます。

スペンサーとフリッジはというと、宿題を写したことが露見してアメフトの停部に追い込まれたフリッジが、スペンサーに怒っていました。

わざとガケから突き落とし、スペンサーのライフを2に減らします。

市場へ着きました。そこで4人は「欠けたピース」というものを探そうとします。

「地図の欠けた部分」を意味しているのだと思った4人は、大きな市場で途方にくれました。

ケーキを食べたフリッジが爆発し、死にます(ケーキが弱点というのは、ケーキを食べると爆発するという設定だった)。

少女が4人の元へやって来ると、市場の奥へ案内します。

「求めるものはカゴの中」と言い、少女は去っていきました。

カゴを開けると、ブラックマンバという毒ヘビが入っていました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジュマンジ2ウェルカムトゥジャングル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×