映画:ジュラシックユニバース

「ジュラシックユニバース」のネタバレあらすじと結末

ジュラシック・ユニバースの紹介:2018年製作のアメリカのアクション映画。VR世界で恐竜たちと戦う「ジュラシック・ゲーム」に挑戦する死刑囚たちの戦いを描いていく。

あらすじ動画

ジュラシックユニバースの主な出演者

アンソニー・タッカー(アダム・ハンプトン)、サラ(ケイティ・バージェス)、ステファニー(ケイト・ジョーンズ)、アルバート(ルーク・ワイコフ)、司会者(ライアン・メリマン)、サバンナ(ペリー・リーヴス)

ジュラシックユニバースのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ジュラシックユニバースのあらすじ1

ジュラシックユニバースのシーン1 舞台は近未来のアメリカ。ここ最近、全米で高視聴率を博す人気番組がありました。その番組のタイトルは、「ジュラシック・ゲーム」。10人の死刑囚がVR世界に送り込まれ、恐竜たちと戦いながらゲームクリアを目指すというものでした。優勝者には自由が与えられる一方、途中で脱落した者はただちに薬物注射で死刑が執行される…視聴者はこのシビアなゲームの生中継に釘付けになっていました。

今回選ばれた死刑囚10人の中には、タッカーという中年男がいました。タッカーは妻殺しの罪で服役していましたが、本人は今も無罪を主張し、子ども二人も父の無罪を信じていました。冤罪の可能性が高いタッカーが参加したことで、今回のジュラシック・ゲームはより注目を集めることとなりました。

番組の人気司会者の合図で、ジュラシック・ゲームは始まりました。タッカーら死刑囚たちはVR世界のリアルさに驚きました。眼に映る世界だけでなく、この空間で感じる痛みまでもがリアルだったのです。しかし、驚いている間もなく、恐竜はタッカーたちに襲い掛かって来ました。この襲撃により早速一人の死刑囚が脱落しました。

無我夢中で逃げる中、タッカーはサラという若い女性死刑囚が別の死刑囚に襲われる場面に出くわしました。とっさにサラを助けるタッカーでしたが、その後サラは襲ってきた死刑囚を石で殴り殺してしまいました。サラはサイコパスとして知られた残虐な殺人犯だったのです。それを知らないタッカーはサラと協力しようとしますが、突然サラに襲われてしまいました。サラはタッカーの首を縄で吊るし、そのまま去って行きました。

【承】- ジュラシックユニバースのあらすじ2

ジュラシックユニバースのシーン2 タッカーがひどく苦しんでいると、そこにレンという名の死刑囚が現れ、タッカーの縄を切りました。タッカーは友好的な態度を示すレンを信頼し、行動をともにするようになります。それからすぐ、タッカーとレンはステージ1をクリアし、ステージ2に移動しました。

ステージ2にまでたどり着いたのは8人、すでに2人が脱落していました。ステージ2のテーマは迷宮で、文字通り迷路のような通路から出口を探すというゲームでした。しかし、この迷路の中には凶暴な恐竜が潜んでおり、レンはこの恐竜に追い詰められ、脱落してしまいます。その後、残った7人はなんとか迷宮を出て外の荒野へと脱出、ステージ3へと進出しました。

同じ頃、番組のスタジオでは小さな混乱が起きていました。番組に反対する過激な団体が今回のゲームの終盤に妨害行為をすると予告してきたのです。番組製作者のサバンナは万全の警備体制を敷くよう指示しますが、アシスタントのローラはそんなサバンナに冷たい態度をとるのでした。

ステージ3では、恐竜だけでなく巨大な怪獣や大量の地雷がタッカーたちの前に立ちはだかりました。死刑囚の中には、ゲームクリアを諦め自ら死を選ぶ者まで現れました。こうしてステージ3では3人が脱落、残ったのはタッカー、サラ、ステファニー、アルバートの4人だけとなりました。

【転】- ジュラシックユニバースのあらすじ3

ジュラシックユニバースのシーン3 そんな中、突然サラは別行動をとり、姿を消してしまいました。ステファニーとアルバートを残し、サラの行方を追うタッカー。タッカーはサラに痛い目に遭わされていましたが、自分の娘と同じくらいの年齢のサラを放っておくことができなかったのです。

タッカーはサラを見つけ出すと、妻が死んだ日のことを語り始めました。妻が喉をかき切られていたうえに、ひどく痛めつけられ死んでいたと悲痛な記憶を打ち明けるタッカー。しかし、そんなタッカーにサラは「残るのは私とあんた。それから殺す」と語るのでした。

その直後のことでした。遠くからステファニーの悲鳴が聞こえてきました。タッカーが駆けつけると、ステファニーはアルバートに襲われていました。タッカーはとっさに助けに入り、激しい乱闘の末、アルバートを崖から突き落としました。その後、アルバートは再びタッカーを追おうとしますが、突然現れた大量の巨大な虫に襲われ、ゲームから脱落しました。その裏で、サラはステファニーを襲撃していました。ステファニーはサラに崖から突き落とされ、その下で待ち構えていた虎に食われてしまいました。

生き残ったタッカーとサラによって最終ステージが争われることとなりました。最終ステージのルールはシンプルでした。両者の足には南京錠がはめられており、先に地中に埋まった鍵を見つけ出し、ゴール地点にたどり着いた方が勝利、というものでした。しかし、アルバートとの戦いで深傷を負っていたタッカーは思うように動けず、サラに一方的に殴られてしまいました。

【結】- ジュラシックユニバースのあらすじ4

ジュラシックユニバースのシーン2 サラはタッカーを殴りながら、衝撃の事実を告白しました。サラがタッカーの妻を殺したというのです。この言葉にタッカーは奮起し、サラに反撃を加えようと立ち上がりました。すると、突然そこに一体の巨大な恐竜が現れました。ゲームをおもしろくするため、司会者が投入したのです。サラは恐竜の攻撃を避けながら鍵を見つけ出し、ゴール地点へ急ぎますが、そんなサラの前にさらに二体の恐竜が投入されました。しかし、司会者の思惑に反して、恐竜たちは縄張り意識の強さから戦い始めてしまいます。タッカーはこの隙を利用して鍵を見つけ、南京錠を外しゴール地点へと走りました。サラも必死に走りますが、一歩早かったのはタッカーでした。

優勝はタッカーに決まりましたが、同じ頃スタジオは大混乱に陥っていました。ローラが番組に抗議する団体を引き連れて、サバンナを始め番組スタッフを殺害していたのです。司会者の男は無理やりVR世界に送り込まれ、先ほどまでタッカーたちに襲いかかっていた恐竜に殺されてしまいました。一方、現実世界に目覚めたタッカーは、ローラたちと警察の銃撃戦に巻き込まれ、重傷を負ってしまうのでした。

警察はローラたちの襲撃を鎮圧し、タッカーは適切な治療を受け、久しぶりに子どもたちと家で穏やかな時間を過ごしました。しかし、リビングのテレビからは衝撃的な映像が流れていました。あるテレビ局がジュラシック・ゲームの権利を買い、新シーズンを製作しているというのです。新シーズンの予告では、小型ミサイルや機関銃を装備した恐竜たちが雄叫びをあげていました。

みんなの感想

ライターの感想

コロッセオで殺し合いを楽しむローマの民衆を彷彿とさせるような物語で、人間の残酷な一面に迫った作品だと思いました。CGに少し不自然なところがありましたが、それぞれのステージでの戦いがコンパクトにまとめられており、サクッと楽しめる作品でした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ジュラシックユニバース」の商品はこちら