映画:ジョンウィック

「ジョンウィック」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(6件)

ジョン・ウィックの紹介:2015年公開のアメリカ映画。キアヌ・リーブスが伝説の殺し屋を演じるハードボイルドアクション。一度は裏稼業から足を洗った殺し屋が、大切なものを奪われ、復讐のためにたったひとりでロシアン・マフィアに戦いを挑むさまが描かれる。キアヌの代表作である『マトリックス』シリーズでスタントコーディネーターを担当していたチャド・スタエルスキが監督を務める。

ジョンウィックの主な出演者

ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)、マーカス(ウィレム・デフォー)、ウィンストン(イアン・マクシェーン)、ヴィゴ・タラソフ(ミカエル・ニュークヴィスト)、アヴィ(ディーン・ウィンタース)、ミズ・パーキンス(エイドリアンヌ・パリッキ)、ヘレン(ブリジット・モイナハン)、シャロン(ランス・レディック)、オーレリオ(ジョン・レグイザモ)、医者(ランドール・ダク・キム)、チャーリー(デイヴィッド・パトリック・ケリー)、フランシス(ケヴィン・ナッシュ)

ジョンウィックのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①かつて裏社会で名を轟かせたが、結婚を機に引退していたジョン・ウィック。最愛の妻・ヘレンを亡くし失意の底にあったジョンに、死を予期したヘレンから犬のプレゼントが届く。 ②ジョンを知らない裏社会のボス・ヴィゴの息子・ヨセフが、ジョンの車に目をつけ、ある夜犬を殺して車を奪った。 ③妻から残された犬を殺されたジョンは怒りに震え、ヨセフだけでなくかつてのボス・ヴィゴも血祭りにあげ、元の裏社会に戻った。

【起】– ジョンウィックのあらすじ1

ジョンウィックのシーン1

画像引用元:YouTube / ジョンウィックトレーラー映像

ジョン・ウィックは最愛の妻・ヘレンを亡くして、失意の底にありました。形見のブレスレットは、結婚記念日にヘレンにジョンが贈ったものです。

ヘレンは病に倒れ、亡くなりました。葬儀は雨の日で、ジョンは棺が納められるのをいつまでも見ていました。

若くしてヘレンが亡くなったことを嘆くジョンが、朝目覚めると襲われる喪失感を、知っていたのでしょうか。

デリバリーサービスが、妻・ヘレンの死後間もなく、ジョンにお届け物を持ってきます。

それは死を予期したヘレンからのプレゼントで、「一緒にいられなくてごめんなさい」というメッセージカードと共に、1匹のビーグル犬が入っていました。

ジョンはその犬にデイジーと名付けると、可愛がります。しかしその幸せは、わずか数日間しか続きませんでした。

ある日、ガソリンスタンドで給油をしていたジョンの車に、目を付けた人物がいました。若者3人組はジョンの愛車・69年型のマスタングを売れと言います。ジョンが断ると、リーダー格の若者が明らかにむっとしました。ジョンは無視して車を発進させます。

夜、ジョンの家を3人組が襲いました。ジョンは不意を突かれて殴られ、吠えるデイジーは殺され、車も奪われます。

気絶から目が覚めたジョンの目の前には、デイジーの遺骸が置かれていました。デイジーの墓を作って埋めたジョンに、形見が妻・ヘレンのネックレスにデイジーの首輪まで加わります。

そして…ジョンは静かにキレたのでした。

若者3人組は知りませんでしたが、ジョン・ウィックといえばかつて裏社会では誰もが知る、超有名な一流の殺し屋だったのです。

ヘレンと出会って潔く引退したジョンは、その後はヘレンと穏やかな生活を送っていました。ヘレンを看取ってからも、ジョンはかたぎのままでいるつもりでした。

しかし愛するヘレンが残して行ったデイジーを殺されたとあれば、許すわけにはいきません。

ジョンは馴染みの修理工・オーレリオのところへ行き、自分の車が持ち込まれていないか確認しました。車は持ち込まれていました。

そこでジョンは、にっくき3人組のリーダーが、ロシアン・マフィアのボスでかつてジョンの雇い主だったヴィゴの息子・ヨセフだと知ります。ヨセフは自分のボディガード兼友人の、ヴィクターとグレゴリの3人でジョン宅に押し入ったのでした。

その頃、ヴィゴは自分の息子・ヨセフが「あのジョン」にとんでもないことをしでかしたと知り、慌てます。このままだとヨセフは間違いなく、ジョンに殺されるからです。

ヴィゴは息子・ヨセフに、ジョンは別名「ババヤカ」…〝ブギーマン(闇の男)を殺す男〟と呼ばれていた、凄腕の男だと聞かせました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジョンウィック」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×