映画:ジョンウィック3パラベラム

「ジョンウィック3パラベラム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ジョン・ウィック:パラベラムの紹介:2019年10月4日公開のアメリカ映画。キアヌ・リーブスが最強の元殺し屋に扮する「ジョン・ウィック」シリーズ第3弾。前作で組織の掟を破り、追われる身となったジョン。次々と現われる刺客との攻防で満身創痍となった彼は、かつて“血の誓印”を交わしたソフィアに協力を求めるべくモロッコへと飛ぶ…。

あらすじ動画

ジョンウィック3パラベラムの主な出演者

ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)、ソフィア(ハル・ベリー)、ウィンストン(イアン・マクシェーン)、バワリー・キング(ローレンス・フィッシュバーン)、ディレクター(アンジェリカ・ヒューストン)、ゼロ(マーク・ダカスコス)、裁定人(エイジア・ケイト・ディロン)、シャロン(ランス・レディック)、首領(サイード・タグマウイ)、ベラーダ(ジェローム・フリン)

ジョンウィック3パラベラムのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①追放処分が出されたジョンは世界中から狙われる羽目に。攻撃をかいくぐって“首長”と会ったジョンは、追放処分の撤回を要求、ウィンストンを殺害しろと言われる。 ②ウィンストンと会ったジョンだが殺さなかった。ウィンストンが主席連合と手を組んだ。裏切られたジョンはバワリーと怒りに燃える。

【起】– ジョンウィック3パラベラムのあらすじ1

ジョンウィック3パラベラムのシーン1

画像引用元:YouTube / ジョンウィック3パラベラムトレーラー映像

アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。

ジョン・ウィックはかつて裏社会でその名を轟かせた、一流の殺し屋でした。みんなからつけられた通り名は『闇の男(ブギー・マン)』です。

しかし最愛の女性・ヘレンと出会ったジョンは、裏社会から足を洗って結婚します。

かたぎの生活に戻ったジョンですが、ヘレンは病に倒れて他界しました。死を予期したヘレンは、ジョンのためにビーグルの子犬を手配していました。

ヘレンの形見の犬にデイジーと名付け、可愛がっていたジョンですが、その犬は数日後に、ジョンの車を狙った男・ヨセフに殺されます。

静かにキレたジョンは、ヨセフは当然のこと、その父である裏社会のボス・ヴィゴも血祭りにあげました。その後、入りこんだ動物保護センターからピットブル犬を連れ帰り、デイジーの代わりに育てることにしました(映画『ジョン・ウィック』参照)…。

愛車のマスタングを取り返してピットブル犬と戻ったジョンのところへ、サンティーノというイタリアン・マフィアが依頼をしに来ます。

サンティーノにはかつて、裏社会から足を洗うときに「誓印(破れない誓い)」を交わしたため、ジョンは歯向かえません。

それでも渋っていると、サンティーノはジョンの家を爆破しました。

妻との思い出の品が、すべて焼けてしまいます。

サンティーノは姉・ジアナの殺害をジョンに依頼しました。

ジョンがジアナに会いに行くと、察したジアナは自殺します。

ニューヨークへ戻ったジョンは、サンティーノから狙われ始め、しかもジアナのボディガードのカシアンも復讐しようとジョンを狙います。

ジョンは暗殺者をすべて返り討ちにしました。

しかし非戦闘地区のコンチネンタル・ホテルでサンティーノを殺害したため、裏社会から追われる身になりました(映画『ジョン・ウィック:チャプター2』)…。

(「パラベラム」=「戦争に備えよ」ラテン語)

ニューヨークのコンチネンタル・ホテルでサンティーノを殺した直後。(前作品のラストの直後)

ジョン・ウィックは雨の中、ピットブル犬と走って逃げます。

非戦闘地域であるコンチネンタル・ホテルで殺人を犯したため、ジョンには追放処分が言い渡され、1400万ドルの懸賞金がかけられます。

その命令が執行されるのは、18時でした。

ジョンがコンチネンタル・ホテルを出たのが17時10分ですから、時間がありません。

ニューヨークの街にいる殺し屋たちには、すでに情報が回り始めていました。

犬とともにタクシーに乗り込んだジョンは、ニューヨーク公共図書館を行き先に指定します。

しかし車は渋滞にはまり、考えたジョンは「コンチネンタルへ行って犬を預けてくれ」と、金貨を渡して運転手に頼みます。

走って図書館へ行ったジョンは、本の中に隠したロザリオ(十字架のネックレス)、金貨、誓印を取り出しました。愛妻の写真も本の中に隠されていますが、それは元に戻します。

図書館にいるジョンに、のっぽの男・アーネストが話しかけてきました。

18時になっていないのに戦いを仕掛けようとしたアーネストを、ジョンは拳で倒します。(厳密には「本」で 笑)

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

今回もアクションが豊富。もりだくさん。というか、ほぼ戦闘シーン(笑)。
アクションが大好きな人には、たまらない作品。アクションシーン以外のストーリー、少なめ。
「ガンフー」ということばができたくらいのこの映画、それはパート3になったこの作品でも随所にみられる。
馬に乗って戦うシーン、ベラーダとの戦闘、最後のコンチネンタル・ホテルでの、精鋭部隊相手の戦い、ゼロたちとの戦闘。
…映画の1から、あまり時間が経過していないのですね。続編、楽しみにしてます。

映画の感想を投稿する

映画「ジョンウィック3パラベラム」の商品はこちら

IMAGE

ジョン・ウィック : パラベラム [4K ULTRA HD+本編Blu-ray+特典Blu-ray]…

Blu-ray > 外国のアクション映画
ポニーキャニオン
キアヌ・リーブス(出演),ハル・ベリー(出演),ローレンス・フィッシュバーン(出演),イアン・マクシェーン(出演),マー…

¥6,864
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20