映画:ジョンカーペンターの要塞警察

「ジョンカーペンターの要塞警察」のネタバレあらすじと結末

ジョン・カーペンターの要塞警察の紹介:原題は「Assault on Precinct 13」で、1976年に公開されたアメリカのアクション映画です。ジョン・カーペンター監督による作品で、1959年公開の西部劇映画「リオ・ブラボー」へのオマージュとして作られています。テレビ東京で放送された際は「要塞警察/ウォリアーズ・夜の市街戦」、ビデオ発売の際は「ジョン・カーペンターの要塞警察/ストリートギャングの大襲撃」というタイトルでした。

あらすじ動画

ジョンカーペンターの要塞警察の主な出演者

ビショップ警部補(オースティン・ストーカー)、ナポレオン・ウィルソン(ダーウィン・ジョストン)、リー(ローリー・ジマー)、ウェルズ(トニー・バートン)、ローソン(マーティン・ウェスト)

ジョンカーペンターの要塞警察のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ジョンカーペンターの要塞警察のあらすじ1

ジョンカーペンターの要塞警察のシーン1 6人の若者が銃を盗み、南ロス警察に射殺されました。チョロというギャンググループは6人の若者のため、警察に復讐を誓います。

ビショップ警部補は街を巡回していました。その途中、警部から連絡が入り、ビショップ警部補は9分署に向かいます。
時を同じくして、ナポレオン・ウィルソンを含む3人の囚人の護送が始まりました。

ギャングが不穏な気配を携え、車に乗り込みます。彼らは銃を手にしていました。

ビショッブ警部補は9分署に到着します。9分署は移転の最中で、ビショップ警部補は引越しを終えるまでの間、署長の代わりに指揮を務めることになりました。
とはいえやることは電話番と道案内だけです。ビショップ警部補の他には、リーやジュリーという女性職員がいるだけでした。

護送中、ストーカー刑事がウィルソンに話しかけます。なぜ殺人を犯したのかという問いに、ウィルソンは「昔神父に人を殺す人間になると言われたからだ」と答えました。
そうして会話をしていると、1人の囚人の体調が悪くなったため、急遽近くにある9分署に立ち寄ることにします。

父ローソンと娘キャシーは車を停めて降りました。ローソンは公衆電話で道を聞いています。キャシーはアイスクリーム屋にアイスを買いに行きました。
そこでキャシーはアイスクリーム屋の主人もろとも、ギャングに射殺されました。ローソンはアイスクリーム屋の主人から託された銃を持ち、娘の敵を取るため、ギャングを追いかけます。

【承】- ジョンカーペンターの要塞警察のあらすじ2

ジョンカーペンターの要塞警察のシーン2 護送車が9分署に到着します。ストーカー刑事は囚人の体調が悪くなったと説明し、医者が来るまでの間、ウィルソンたちをひとまず牢屋に入れます。

ギャングに追いついたローソンは、拳銃で1人を撃ち殺します。気づいたギャングがローソンを追いかけました。ローソンは必死で逃げ、9分署に辿りつきます。

ローソンは追われていると助けを求めました。そのとき署内が停電します。様子を見に外に出た警官がギャングに撃たれました。
外の様子を伺っていたビショップ警部補はギャングの存在に気づき、9分署の裏口へ向かいます。
裏口には囚人たちがいました。ストーカー刑事が囚人たちを護送車に戻そうとしたとき、ギャングの襲撃を受けました。
ストーカー刑事は死んでしまいます。駆けつけたビショップ警部補がウィルソンともう1人の囚人ウェルズを助け出しました。
ビショップ警部補は裏口を閉め、ウィルソンとウェルズをいったん牢屋に戻します。
ビショップ警部補は助けを呼ぼうとしますが、電話線が切られていたため、連絡できません。
ギャングの数はどんどん増えていき、9分署は囲まれてしまいます。敵はサイレンサーを使っていたため、周囲の住民は事態に気づいていません。
武器もほとんどなく、逃げることもできないと悟ったビショップ警部補は囚人たちと協力することを決めます。
リーがウィルソンとウェルズを解放し、ギャングとの銃撃戦が始まりました。ビショップ警部補とウィルソンは銃を手に取り、ギャングを次々と撃っていきます。

【転】- ジョンカーペンターの要塞警察のあらすじ3

ジョンカーペンターの要塞警察のシーン3 ウィルソンは助けてもらった恩を返そうと、ビショップ警部補やリーを守って戦います。ウェルズも入り口を見張り必死で応戦しますが、実は弾が入っていませんでした。
ギャングの襲撃がいったん止みます。女性職員のジュリーは銃撃をまともに受け、死にました。
生き残ったのはビショップ警部補、ウィルソン、ウェルズ、リー、ローソンの5人だけです。銃弾はあと数発ほどしかありませんでした。
ビショップ警部補たちは死体と護送車が消えていることに気づきます。騒動を知られないようにするため、ギャングたちが隠したのでした。
しかしビショップ警部補たちは銃撃戦の音で、誰かが通報してくれるはずだと信じます。実際、通報を受けた警察官が現場に急行しました。
ですがギャングが死体や護送車などを隠したため、警察官はなかなか異常に気づきません。どころか移転の真っ只中である9分署は関係ないだろうと思っていたのです。

ビショップ警部補たちは現状を打破するため、助けを呼ぶことにします。ジャンケンに負けたウェルズが下水道を通り、マンホールから9分署の外に出ました。
ウェルズは身を隠しながら、車の中に乗り込みます。ところが車内の後部座席にギャングが潜んでいたため、ウェルズは撃たれてしまいました。
署内から外の様子を伺っていたビショップ警部補たちは落胆し、次の作戦を話し合います。その結果、彼らは地下道へ移動し、敵を迎え撃つことにしました。

【結】- ジョンカーペンターの要塞警察のあらすじ4

ジョンカーペンターの要塞警察のシーン2 ビショップ警部補は署内にあった照明弾を爆発させ、敵を一網打尽にする作戦を思いつきます。早速彼らは地下道に行き、タンクに照明弾を括り付けました。

警察官たちは9分署の近くにやってきます。異変もなく帰ろうとした矢先、彼らは電柱の上に括り付けられている男の死体を発見しました。
遅まきながら事態を把握した警察官たちは応援を要請します。


その頃、ビショップ警部補とウィルソンは大きな看板を持って、地下道にて敵が来るのを待っていました。
一方のリーは下水道に続く扉の前にいます。マンホールからも敵が侵入してくると考え、いつでも迎撃できるように銃を持って待ち構えていたのです。
ギャングたちが雪崩れ込んできました。ビショップ警部補とウィルソンは大きな看板を盾にして、ギャングたちを食い止めます。
ビショップ警部補が照明弾に狙いを定めました。その間、ウィルソンとリーがギャングを迎撃します。
照明弾に銃弾が当たり、大爆発が起こりました。地下道にいたギャングは全員やられます。
その直後、警察官たちが駆けつけ、ビショップ警部補たちは危機を脱しました。腕を怪我していたリーはウィルソンを見つめ、先に上へ行きます。
警察官がウィルソンを連行しようとしました。ビショップ警部補が警察官を止め、自分が責任を持って連れて行くと言います。
ギャングとの死闘を終えた2人の間には奇妙な友情が芽生えていたのです。ビショップ警部補はウィルソンを連れ、歩き始めました。

みんなの感想

ライターの感想

ウィルソンがめちゃくちゃかっこよかったです。見た目もそうですが、立ち位置もかっこよくて、ビショップとのコンビも最高でした。シンプルならストーリーながら、最高に面白かったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ジョンカーペンターの要塞警察」の商品はこちら