「スティーヴオースティンSWAT」のネタバレあらすじと結末の感想

スティーヴ・オースティンS.W.A.T.の紹介:ロス市警のSWATチームはとても優秀だった。ただし余りにも問題行動が多いために再訓練の命令が下される。訓練場所では2つのマフィアのグループが一つのケースをめぐって争っていた。何も知らずにやってきたSWATチームは訓練用の銃しか持っていない。不利な状況の中で、己を信じて戦うSWATチームを描いた作品。

スティーヴオースティンSWATの主な出演者

テイト(スティーヴ・オースティン)、ハント(マイケル・ジェイ・ホワイト)、ジャナード(レクサ・ドイグ)、ブランコ(スティーヴ・ベーシック)、デミトリアス(マイケル・シャンクス)、ランポーニ(エイドリアン・ホームズ)、イリヤ(キャンディス・エレイン)、ケニー(マイケル・エクランド)、タリアフェロ(キース・ジャーディン)

スティーヴオースティンSWATのネタバレあらすじ

【起】- スティーヴオースティンSWATのあらすじ1

ロス市警のSWATチームは隊長のテイト、ハント、ジャナード、ブランコの4人で構成されていました。4人の能力は高くて今日も人質事件が発生しますが、難なく解決してしまいます。しかし、型破りで乱暴なやり方が多く、今回も味方や建造物に被害を出してしまいます。上司から怒られてしまい、再訓練を命令されます。
再訓練場所として指定された建物では、2つのグループのマフィアがケースを探していました。隠している場所を中々喋らないケニーにもたついていると、SWATチームが訓練にやってきます。誰もいないと思っていたSWATチームと、警察に気づかれたと焦るマフィア達でした。
マフィア達は隠れてSWATチームが出て行くのを待っていました。しかし、イリヤに敵対勢力のマフィアの一人がちょっかいを出して音が漏れてしまいます。
ブランコが様子を見に行くと、マフィア達に殺されてしまいます。そして銃が訓練用であることをマフィア達に悟られます。
銃声でブランコが心配になったSWATチームは様子を見に行きます。訓練用の銃を装備したSWATチームと、実弾を持っているマフィア達がにらみ合います。訓練用の銃であることがバレている事に気づいたSWATチームは、頑丈な扉をしめて2階に逃げます。

【承】- スティーヴオースティンSWATのあらすじ2

使える武器がほとんど無いSWATチームは隠れて、作戦を考えます。一方、デミトリアスとイリアのマフィアのグループに応援が到着します。
SWATチームの車から武器を調達して、ハシゴを登って2階から襲撃しに行きます。それを読んでいたテイトは頑丈な扉から一人出ることを決意します。一目散に車に行くと、縛られたケニーを発見します。見張りを倒して、武器とケニーを連れて扉の中に戻ります。
ハントは襲撃しにきた2階のマフィア達を倒します。ジャナードはやられそうになりますが、テイトが助けにきてマフィアの一人を倒します。
倒したマフィア達から武器を回収していると、ケニーが不穏な動きをします。テイトが後を追いかけると、ケースを見つけます。その中身はとても重要なものでした。
そうこうしていると、ランポーニ率いるマフィアの応援にタリアフェロ達がやってきます。タリアフェロ達は2階から襲撃に行きます。それに気づいたケニーは、SWATチームに抜け道を教えます。抜け道に気づいたタリアフェロは部下達を出口にまわして、挟み撃ちにする作戦を実行します。SWATチームは捕らえられてしまいます。

【転】- スティーヴオースティンSWATのあらすじ3

入り口近くにいたテイトはデミトリアスの前で拘束されます。出口近くにいたハントとジャナード、ケニーはランポーニの前で拘束されます。
ハントが持っていたケースを手に入れたランポーニは喜びますが、中身がはいってないことに気づきます。中身の隠し場所を言わせるためと、脅しをかねて用済みになったケニーの頭を撃ちます。そして場所を知っているハントに取りに行くように命令します。その途中、ハントは見張りにきていたランポーニの部下に奇襲をかけます。勝利したハントは中身を持ってランポーニのいる場所へ戻ります。
その頃ランポーニの命令で、タリアフェロ達はデミトリアス達とテイトを殺しに行っていました。やられると思ったデミトリアスはテイトの拘束を解きます。一気に車に乗り込んで外へ逃げ出します。そのままハント達のいる場所へ車ごと突っ込んで、銃撃戦が始まります。デミトリアスとSWATチームは協力してタリアフェロの部下達を倒しますが、その瞬間に裏切られて拘束されます。

【結】- スティーヴオースティンSWATのあらすじ4

イリヤがSWATチームを処分しようとします。しかし、今度はランポーニとタリアフェロが隙をついてイリヤとデミトリアスを拘束します。
ランポーニ達はSWATチームも一緒に始末しようとしますが、テイトが死ぬ前に耳栓をさせてくれと言ってきます。承諾したランポーニでしたが、テイトの手から音響爆弾が爆発します。目眩ましとなって、テイトは逃げ出すタリアフェロを追いかけます。そして一対一で戦って勝利します。
デミトリアス、イリヤ、ランポーニを逮捕して、ケースの中身を手に入れたSWATチームでした。お手柄に思えますが、建物の周りの損害がひどい事からクビになると予感します。
報告に行くと上司からは褒められます。しかし、FBIから計画が失敗に終わった苦情がきます。苦情を言いに彼らの元にきたのは、撃たれて死んだはずのケニーでした。ケニーが言うにはランポーニも仲間で、あの時は死んだように装ったとのことでした。
ケニーは驚くSWATチームに、今回あった事件について口止めをします。そうすれば人生バラ色でテレビにも出演できるよと言ってエンディングとなります。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「スティーヴオースティンSWAT」の商品はこちら