映画:スパイダーマンホームカミング

「スパイダーマンホームカミング」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

映画「スパイダーマンホームカミング」の感想

ライターの感想

新たにリブートされたスパイダーマンの新シリーズ第一作ということですが、今回の作品は特に未熟なヒーローとしての側面が強く描かれています。ヒーローとしての活躍ぶりも半人前で失敗も多く、また高いところでは身が竦んでしまうヘタレぶり。 冒頭場面など、自撮り映像でエキサイトした顔を見せるあたりの子供っぽさも含め、今まであまりなかった半人前の親しみやすいヒーロー像は「愛すべき隣人」としてのスパイダーマンを忠実に描かれている反面、ヒーロー物としての爽快感に今ひとつ欠けるのが痛し痒しといったところ。まぁ過去のスパイダーマン映画との差別化はかなり図れているのではないでしょうか。 とりあえず、今回の映画でひとつ成長したわけですから、予定されている次回作や『アベンジャーズ』の新作での活躍に期待したいところです。
  • アミヨシコさんの感想

    MCUアベンジャーズ用にさらにリブートされたスパイダーマン映画。アメイジングも悪くないのだが、これはサム・ライミ版に匹敵するくらいかなり良い出来。特別新しいことをしているわけではないのだけれど、キャスティングがよかったのかも。トム・ホランドが可愛すぎ。今までのヘナチョコっぽいピーター・パーカー像よりはもっとヤンチャで若々しいのだが、高校生という設定を考えると年相応だし、でもそのわりにきちんとヒーローたる責任感を理解しているし、友達に理解者がいるところも救われていて良い。ベンおじさんが死ぬところは二度と見たくなかったので、そのあたりの省略もよかった。スパイディスーツはトニー・スターク製だし、アイアンマンのJARVISみたいなAI機能もついているところは新しい。しかも声がジェニファー・コネリーという、JARVISの声のポール・ベタニー嫁なのが憎い演出。

  • ライズさんの感想

    これまでのスパイダーマンの中で一番若くて、わんぱく、おしゃべりな感じがとても可愛い!これまでの主人公と比べると本当に一番お茶目でした。そして中でも一番一生懸命で真面目に感じましたね。わんぱくでお調子者ではあるけど、決してひねくれ者ではないところが、スタークに愛されたり、ファンを引きつける魅力なんだと思います。そして時々出てくる強気の本気の発言は、誰にも彼をとめられない!そんな強さも持っている多彩な魅力をこの作品もまた十分に発揮された作品です。また舞台高校生甘酸っぱい恋模様も気になりますね!

  • ゆうみさんの感想

    スパイダーマンの再リブート。新ピーター・パーカーのトム・ホランドくんが、一生懸命で純粋な高校生で微笑ましい。
    まだ子供!という感じですが、身軽で機敏だし、生まれたての蜘蛛ですね。
    その分大人でかっこいいロバート・ダウニー・Jrに、私は持ってかれました(笑)ピーターの父親的な役割となっているのもいい。
    マリサ・トメイ相変わらず綺麗ですが、メイおばさん随分若返ったのね~。
    で、MJ登場して、思わず「MJいたのか!」。

1 2 3 4 5

「スパイダーマンホームカミング」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×